高齢者によく見られる疾患として骨粗鬆症があり、骨折の原因となりやすいため、問題となることがよくあります。今回、セラピストが知っておくべき骨粗鬆症の知識について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

セラピストが知っておくべき骨粗鬆症の知識

スポンサードサーチ

文献

スポンサードサーチ

骨折についてのおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症は、骨強度(骨密度+骨質)の低下状態です。
骨粗鬆症では骨折のリスクを高めることが知られています。
女性は閉経後より骨量が低下し、痩せ型の人は肥満型に比べて発生率が高いとされています。

原発性骨粗鬆症

加齢や閉経などが誘因となるもの。閉経後はエストロゲンが欠乏する。

スポンサードサーチ

続発性骨粗鬆症

糖尿病、関節リウマチ、慢性腎不全などの疾患により引き起こされるもの。
長期のステロイド服用、運動不足、栄養吸収障害などによっても引き起こされる可能性がある。

スポンサードサーチ

骨量(骨密度)とは

「骨量」は、骨内に含まれるカルシウムの量のことです。
「骨密度」は、1㎠に含まれるカルシウム量をgで示したものです(g/㎠)。

女性では閉経後に骨量が低下しますが、これはエストロゲン(骨からカルシウムが溶け出すのを抑える)というホルモンの分泌量が低下するためです。

高齢になると肝・腎機能が低下し、活性型ビタミンB3(腸管からカルシウムの吸収を助ける)の生産能力が低下し、骨量が減ります。
運動不足でも、骨を作る細胞が活性化しないため骨量が低下しやすくなります。

スポンサードサーチ

骨粗鬆症と骨代謝

骨代謝にはバランスの良し悪しがあります。
骨形成と骨吸収が一定であれば正常です。
骨粗鬆症や骨軟化症では、骨形成よりも骨吸収が上回る状態です。
さらに、骨代謝のペースが速いと、骨吸収と形成が短期間で行われるため、硬くて脆い骨になってしまいます。

骨代謝のペースが遅いと、骨吸収と形成が時間をかけて行われるため、ひびや亀裂があっても補修が行われない状態になってしまいます。

スポンサードサーチ

骨代謝に栄養を与える要因

前途した、エストロゲンの減少は、骨代謝のバランスを妨げます。
高齢による機能低下では、腸管からのカルシウムの吸収や、腎機能低下によるカルシウム再吸収機能も低下するなど、カルシウムが体外に排出されやすくなります。
栄養不足も骨代謝のバランスを崩します。
カルシウム(骨の元)、たんぱく質(コラーゲンの材料)、活性型ビタミンB3(カルシウムの吸収・再吸収を促す)、ビタミンK(オステオカルシンの分泌を促す)などがあります。

生活習慣病があると、活性酵素が多くなり、悪玉コラーゲンが増加した硬く脆い骨となってしまいます。
運動不足、廃用、低体重は骨への加重や牽引力を低下させ、骨強度が低下します。
糖尿病では重い体重、高い骨量でも強度が弱い骨となります。

炎症物質(関節リウマチなどによる)が全身に回ると、骨芽細胞の抑制し、破骨細胞を促します。
悪性腫瘍においても骨転移すると抑制と促通を引き起こします。

ステロイドの服用では、骨細胞の壊死を引き起こすことがあります。
また骨芽細胞と破骨細胞を減少させ、骨代謝のバランスが崩れます。

副甲状腺ホルモンは、骨芽細胞と破骨細胞の促通、抑制のバランスを保ち、血中カルシウム濃度を一定に保つ働きがあります。
副甲状腺機能亢進症では、骨芽細胞の抑制と破骨細胞の促通により骨吸収>骨形成となります。

慢性腎不全や肝硬変では、血中の活性化型ビタミンD3が減少します。
すると血中カルシウム濃度を高くしようとするため、骨吸収>骨形成となります。

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!