パーキンソン病は運動症状の他に認知機能障害や精神症状を伴う疾患であり、うつやアパシーを合併しやすいと言われており、対象者のQOLや介護負担に影響を与えることがあります。今回、パーキンソン病とアパシーについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

パーキンソン病における意欲障害!パーキンソン病とアパシーや鬱との関係性!

スポンサードサーチ

引用・参考文献

スポンサードサーチ

パーキンソン病や意欲障害(アパシー)についてのオススメ記事

 

 

スポンサードサーチ

パーキンソン病の症状

パーキンソン病では、振戦、固縮、無動などの運動症状と、認知機能障害や精神症状などの非運動系障害があります。
パーキンソン病では初期の段階から認知、情動、行動面などの非運動系の問題がみられるとの報告もあり、その早期発見、早期診断が重要視されています。
パーキンソン病でのうつとアパシーでは治療方法が異なる場合もあり、その鑑別が必要になります。

スポンサードサーチ

パーキンソン病におけるうつ

パーキンソン病ではうつを合併しやすいと言われています。その多くは気分変調症や小うつ病に相当するといわれ、大うつ病の基準を満たすものは少ないとされています。
うつを伴うパーキンソン病患者では集中力の低下が有意に高いとの報告があります。

パーキンソン病に伴ううつは意欲低下が全面に出やすく相対的に罪業感・自殺企画・抑うつ気分が内因性の大うつ病と比べ軽度であると指摘されていることに合致する。つまりパーキンソン病に伴うアパシーは、それに伴ううつの病態学的な特徴の1つをまさに表しているという側面を持っていると言える。

脳疾患によるアパシー(意欲障害)の臨床 P82

スポンサードサーチ

パーキンソン病におけるアパシー

うつは情動の障害であり、アパシーは動機付けの障害として、別々の症候として捉える必要があります。
アパシーでの動機付けの障害はドパミンの枯渇によるものと考えられ、パーキンソン病でのうつについては、

髄液中のセロトニン代謝物5-H1AAはPSDと同様低下しているとの報告があり、またセロトニン系ニューロンである縫線核、およびノルアドレナリン系の青斑核それぞれの神経細胞はパーキンソン病初期から脱落すると言われており、パーキンソン病におけるうつはアパシーに比べより複雑な機序で成り立っているとも考えられる。

脳疾患によるアパシー(意欲障害)の臨床 P82

パーキンソン病におけるアパシーでは、

種々の皮質ー皮質下神経回路およびドパミン神経系が障害されることが推察されている。中でも前頭眼窩ー帯状回ー線条体前頭葉回路と中脳辺縁系ドパミン神経系が報酬ー強化学習に重要な役割を果たし、パーキンソン病ではこれらの神経系・回路に異常をきたすため動機付けの障害、すなわちアパシーを招くと推察される。

脳疾患によるアパシー(意欲障害)の臨床 P82

とされています。

スポンサードサーチ

パーキンソン病とanhedonia、アパシー

anhedoniaは喜びに対する感受性低下の病態で、報酬系にも影響し、意欲低下、自発性低下、社会性喪失、喜びが得られる刺激(食事、喫煙、飲酒など)が生じると言われています。
パーキンソン病においてのanhedoniaとアパシーの有病率は類似しているとの報告もあります。
パーキンソン病におけるanhedoniaの症状の中で、意欲、情動障害はアパシーにもみられ、その機序も共通していると考えられています。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】