対象者の退院の条件として、トイレに行けることが挙がることがありますが、動作レベルの問題の他に、尿意がなく尿失禁してしまうことも問題に挙げられることがあります。今回、尿意再獲得のための排尿誘導の方法とポイントについてまとめて行きたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

尿意再獲得のための排尿誘導の方法とポイント

スポンサードサーチ

排泄に関するおすすめ書籍

スポンサードサーチ

排泄に関するおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

尿失禁に対するガイドラインではどのような方法があるのか

尿失禁のガイドライン上に置いて、排尿誘導にはどのような種類があるのかを見て行きます。

時間排尿誘導

時間排尿誘導法は、あらかじめ誘導する時間を決めておいて、そのスケジュールを元にトイレ誘導する方法です。
時間排尿誘導法は、排尿が自立していない対象者に有効だとされています。
大まかな誘導スケジュールとしては2-4時間ごとに誘導することが多いです。
時間排尿誘導法は、スタッフが主体になってトイレ誘導をするので、対象者の動機付けが必要ないこと、また認知症などによって認知機能の低下がみられる対象者にも有効な方法となっています。

スポンサードサーチ

パターン排尿誘導

パターン排尿誘導法は、対象者それぞれの排尿パターン(排尿習慣)を把握し、そのパターンに合わせて排尿誘導をしていく方法です。
パターン誘導法では、それがある程度決まっている対象者に有効な方法になります。
病院や施設においては、スタッフ側のマンパワーの問題などもあり、必ずそのパターンに合わせられるかというと疑問点が残りますが、自宅などで介護者がそばについていられる環境ではパターン排尿誘導法が有効になることが多いです。

排尿習慣の再学習

排尿習慣を再学習するような場合、対象になるのは尿意は曖昧ながらもある程度認識できるような方になります。
リハビリテーションの場面でも行うことがありますが、
失禁の有無を確かめたり、排尿の意思(排尿したいか)を確認します。次に、その意思の有無に関わらずにトイレ誘導します。
この時、できていたこと(意思表示できたこと)に対しては賞賛し、外的報酬を与え、排尿習慣の再獲得を促して行きます。

スポンサードサーチ

脳卒中と排尿障害

排尿障害は脳卒中患者の30-70%に合併すると言われています。
また脳卒中患者においては排尿障害や尿失禁を有するものでは梗塞巣が大きく重症度も高いとも言われています。
尿便意のない、または曖昧な方では排泄もオムツ対応になることも多く、排泄動作の獲得に目を向けられないこともしばしば見受けられます。

尿意のない脳卒中患者の尿意再獲得に対する排尿誘導法の効果の後方視的研究」という短報において、回復期リハビリテーション病棟においての排尿誘導法についての記述がありましたので、それを元に排尿誘導法の有効性について考えて行きたいと思います。

排尿誘導の方法としては、

排尿誘導法は,個々の患者の排尿記録を行い,失禁パターンに基づきトイレに座らせ,排尿を促す,という方法で行い,この誘導法が比較的安全に行える患者を選択し,昼間帯のみ施行した.
失禁パターンが明確でない患者については,一定時間間隔での排尿誘導を行った.
また,リハビリテーション(以下,リハ)の時間を考慮し,その前後に排尿誘導を行い,2〜3時間に1回程度の排尿誘導を施行した.

高野 真他「尿意のない脳卒中患者の尿意再獲得に対する排尿誘導法の効果の後方視的研究」Jpn J Rehabil Med 2016;53:947-951

というようなものです。

結果としては、短報を参照してもらえると良いのですが、排尿誘導法を施行した15例のうち9例(60%)に尿意が出現し,排尿誘導法を施行しなかった26例では,7例(26.9%)にしか尿意が出現しなかったとのことです。
そして、尿意の出現した群ではFIM利得が有意に大きいとのことでした(これは排尿誘導法の有無に関わらない)。

ここからは私見ですが、尿意獲得のためには、排尿誘導法(時間排尿誘導、パターン排尿誘導)は早期から行われるべきだと思います。
しかしながら、脳卒中対象者では身体機能の問題により便座への移乗や前座での座位が安定しにくい方も中にはいると思います。
そのような場合にも対応できるように、トイレにも差し込めるようなシャワーキャリーがあると、早期から尿意獲得に向けたトレーニングができるのではないかと思います。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】