「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

ADL

IADLの評価指標:FAI(Frenchay Activities Index)の概要と評価方法、結果の解釈

IADLの評価指標として、FAI(Frenchay Activities Index)があります。今回、FAI(Frenchay Activities Index)の概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思 …

発達障害と摂食機能評価の視点

摂食機能評価では、口腔器官の形態やその機能状態を把握することが重要です。また、それらが姿勢筋緊張、感覚に対する反応性などとの関連から理解される必要があります。今回、発達障害と摂食機能評価の視点について、文献を参考にまとめ …

脳卒中片麻痺と立位バランス!非麻痺側(健側)下肢荷重と姿勢アライメントについて!

脳卒中片麻痺の対象者のトイレ動作の自立を妨げる要因として、立位バランス能力の低下があります。麻痺側下肢の筋出力が発揮、維持できれば立位バランスはコントロールされやすいですが、そうでない場合、非麻痺側(健側)を中心とした戦 …

脳卒中片麻痺者とトイレ動作!ズボン操作時にバランスが保てない原因を考える!

脳卒中片麻痺者のトイレ動作で、ズボン操作時にバランスを保持できない対象者をよく経験します。このとき、どのような原因によりバランス不良が生じているかを考えることが大切です。今回、そのヒントになるように、姿勢保持の筋活動に焦 …

トイレ(排泄)における殿部清拭(お尻拭き)動作の運動・解剖学的分析

リハビリテーション場面ではトイレの自立を考えた場合に、ズボンの上げ下げだけでなく、殿部清拭動作(お尻拭き)動作も考える必要があります。今回、トイレ(排泄)における殿部清拭(お尻拭き)動作の運動・解剖学的分析についてまとめ …

基本動作、ADLの観察評価!高次脳機能障害の現れ方!

ADLの動作観察を行う際、運動・感覚・高次脳機能面の中で、どの要因によって遂行上のエラーが生じているかを検討することが大切になります。今回、基本動作やADLで観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害について、文献を参考 …

関節リウマチのリハビリ!ADL評価から関節保護、指導まで

関節リウマチでは、関節の変形を防ぐために、関節保護の考え方を知識として学び、実践することが大切になります。今回、関節リウマチと関節保護の関係や、ADL(日常生活)指導と注意点についてまとめていきたいと思います。

入浴動作の環境設定!身体機能に合わせた福祉用具の用い方を考える!

入浴動作は自立達成が難しい活動のひとつです。福祉用具を適切に用いることで、自立に近づけたり、介助量を軽減することも可能です。今回、入浴動作の環境設定として、身体機能に合わせた福祉用具の用い方をまとめていきます。

文献レビュー:移乗の自立を許可するのはどんな時か?

移乗の事を調べている時に、看護師の立場からみた移乗自立を決定する要因についての文献がありました。非常に興味深いものだったので、今回、感想を含めて文献レビューを行いたいと思います。

更衣動作評価で観察するべき視点!高次脳機能障害を中心として!

更衣動作の評価では、どのような点に注目して観察をしているでしょうか。どの評価においても、「こういう点が観察されればこうかもしれない」というような基準があれば評価も行いやすくなります。今回、更衣動作評価で観察するべき視点に …

1 2 »

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.