「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • ADL »
  • 脳卒中における排尿障害の症状とメカニズム!
・・・ ・・・

脳卒中における排尿障害の症状とメカニズム!

脳卒中などの脳血管障害では排尿障害が見られることがあり、その存在はADL自立の妨げになったり、対象者のQOLを低下させることが知られています。今回、脳卒中における排尿障害の症状とメカニズムについてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

脳卒中における排尿障害の症状とメカニズム!

スポンサードサーチ

排泄リハビリテーションについてのおすすめ書籍

スポンサードサーチ

排泄リハビリテーションについてのおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

脳卒中ではどのような排尿障害が見られるか

脳卒中や脳出血などの脳血管障害が生じると、様々な排尿障害が生じる可能性があります。
蓄尿症状としては、
・夜間頻尿
・切迫性尿失禁
・尿意切迫感
・昼間頻尿
・遺尿症
などがあります。
また排出症状としては、
・排尿困難感
・残尿
などがあります。

脳血管障害においては、排尿障害の中でも、過活動膀胱が多くに見られるようです。

スポンサードサーチ

過活動膀胱とは何か

過活動膀胱とは、下記のような症候群をさします。

過活動膀胱とは、急に起こる我慢出来ないような強い尿意(尿意切迫感)を主症状とする症候群です。
正常な膀胱は脳からの指令によってコントロールされていますが、過活動膀胱では何らかの原因により膀胱がコントロールを失ったような状態となり、少量の尿で膀胱が過剰に収縮してしまい、我慢出来ないような強い尿意切迫感が急激に起ります。
そのため、トイレが近くなったり(頻尿)、就寝後何回もトイレに起きたり(夜間頻尿)、強い尿意によりトイレにたどりつくまでに我慢が出来ずに尿が漏れる(切迫性尿失禁)などの症状を伴います。

亀田メディカルセンター ウロギネ・女性排尿機能センター ホームページより

スポンサードサーチ

蓄尿症状の各種類について

夜間頻尿

夜間、排尿のために1回以上起きる必要がある状態です。
夜間多尿(1日の尿量のうち33%以上が寝ている間に産生される状態)、膀胱容量の低下、睡眠障害などが原因とされています。

スポンサードサーチ

尿意切迫感、切迫性尿失禁

急に起こり、それを感じてしまうと排尿を我慢する余裕がないような膀胱の知覚を尿意切迫感と言います。
切迫性尿失禁は、尿意切迫感を感じると同時、またはその直後に不随意に尿が漏れてしまうタイプの尿失禁になります。

昼間頻尿

日中に、一般的に8回以上排尿回数がある状態です。
膀胱容量低下、残尿による有効膀胱容量減少、多尿(1日の尿量が2800ml以上または40ml/kg以上)などが原因だとされています。

スポンサードサーチ

遺尿症

尿が不随意に、または無意識に排出される状態です。
随意的に尿意をコントロールできない状態とも言えます。

スポンサードサーチ

脳卒中と排尿障害における病変とメカニズム

排尿障害と脳病変

脳卒中などの脳血管障害において、排尿障害に関係があると思われるのは、
・前頭葉
・大脳基底核(特に被殻)
・視床
・脳幹(橋や延髄)
だとされています。

スポンサードサーチ

蓄尿と排尿のメカニズムについて

蓄尿


膀胱に尿が溜まると、膀胱壁内の伸展受容器が刺激される

求心性刺激が骨盤神経を介し、仙髄オヌフ核、胸腰髄交感神経中枢に伝わる

交感神経中枢の興奮が下腹神経を介し、膀胱を弛緩、内尿道括約筋を収縮させる


仙髄オヌフ核の興奮が陰部神経を介し外尿道括約筋を収縮させる


膀胱の求心性神経からの刺激が橋排尿中枢、大脳皮質へ伝達される

大脳(前頭葉)が尿意を感じる、橋排尿中枢を意図的に抑制する(我慢できるように)

排尿

排尿を行う意思により橋排尿中枢の抑制を解除する

遠心性刺激が仙髄副交感神経中枢を興奮させる、交感神経中枢と仙髄オヌフ核を抑制する

内尿道括約筋・外尿道括約筋の弛緩、膀胱排尿筋の収縮が起こる

排尿する

脳卒中で排尿障害が起こるメカニズム

前途したように、蓄尿においては前頭葉が橋排尿中枢を意図的に抑制していましたが、脳卒中により前頭葉が損傷を受けると、その抑制が困難になり(脱抑制)、蓄尿障害が生じます。
また、橋排尿中枢に対する前頭葉からの促進性の刺激が亢進し過ぎてしまうことも一つの要因だと考えられています。

前頭葉病変では、帯状回を含む部位の損傷で排尿障害が生じることが多いとされています。
橋排尿中枢(橋被蓋の青斑核近傍に存在)の病変では排出障害が生じることが考えられています。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】  
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

サイト内検索

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

学生指導や新人教育向けの資料販売!

リハビリテーション職種のための資産形成術

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.