「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • ADL »
  • 排泄リハビリテーションのための排尿日誌の記録のポイントとケアへの活かし方!
・・・ ・・・

排泄リハビリテーションのための排尿日誌の記録のポイントとケアへの活かし方!

排尿日誌は、対象者の排尿状態を把握するのに役立つツールです。今回、排泄リハビリテーションのための排尿日誌の記録のポイントとケアへの活かし方についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

排泄リハビリテーションのための排尿日誌の記録のポイントとケアへの活かし方!

スポンサードサーチ

排泄リハビリテーションについてのおすすめ書籍

 

スポンサードサーチ

排泄リハビリテーションについてのおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

排尿日誌とは

排尿日誌とは、起床から翌朝までの排尿時刻や排尿量などを記録する日誌です。
排尿日誌を記録することで、対象者の排尿障害や排尿状態を把握することに役立てることが可能です。
排尿日誌は24時間記録しますが、その内容としては、
・排尿時間
・1回排尿量
・尿意切迫感、残尿感の有無
などがあります。

これらの項目を1-3日程度記録する事により、より詳細に、正確に対象者の状態を把握していきます。

スポンサードサーチ

排尿日誌を記録することでどのような事に活かせるか

排尿日誌を記録する事で、
・ケア側が対象者の状態を把握できる
・対象者本人が自分の状態を把握できる
・飲水量の調整や利尿薬の調整に活かす
・排尿誘導の時間設定に活かす
などのケアやリハビリテーションに活かすことが考えられます。

スポンサードサーチ

排尿日誌にはどのようなものがあるか

排尿日誌には様々な種類があります。

出典:http://japanese-continence-society.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20150223164228-BF77A4DB19B41F63FAFE8E4B30585E78048F1D63EA0708B19559919364A33550.pdf

出典:http://www.kameda.com/pr/urogyne_center/voiding-diary.pdf

最初の様式は、排尿の有無、尿量、漏れについて記載していくタイプですが、2番目の様式では尿意切迫感の有無や水分量を記録するタイプになります。
対象者の状態における何を把握したいのか、もしくはどのような因子が排尿状態に影響を与えているのかを検討するためにも、必要項目を網羅しているものを使用することが求められます。

スポンサードサーチ

対象者の排尿状態を把握するために必要な項目

頻尿の場合

・排尿時間
・1回排尿量
・尿意切迫感
・水分摂取量
・食事内容
*就寝時間や睡眠時間の長さ、起床時間も頻尿の判断材料となるため注意が必要

スポンサードサーチ

尿失禁の場合

・排尿時間
・1回排尿量
・尿意切迫感(有無やその強さ)
・尿失禁の有無
・失禁量
・失禁状況
*失禁状況では、それがなぜ起こったのか(例:咳をした、荷物を持った、トイレに行きたかったが間に合わなかったなど)を記載する

スポンサードサーチ

尿量測定の方法

尿量測定には、計量カップを用いたり、ペットボトルの上部を切り目盛りを書いたものを使用したり、便座に設置できるタイプの計量カップを用いる方法があります。
オムツを使用している方の場合、失禁した後のパッドの重量から失禁前のパッドの重量を引き算することで、失禁尿量を測定することが可能です。

スポンサードサーチ

排尿日誌の記録から排尿状態をアセスメントする方法

排尿日誌の記録から、排尿状態をアセスメントするために以下のような必要な情報を整理することが必要になります。
・排尿回数(1日の総回数、昼間の回数、夜間の回数)
・排尿時間の間隔
・排尿量(1日の総尿量、1回の尿量、夜間尿量率)
・失禁回数、失禁量、失禁時間、失禁状況

夜間尿量率は、夜間尿量(就寝後の尿量)を1日(24時間)の尿量で割った数値で、%で表されます(夜間尿量/24時間尿量)。
注意点としては、夜間尿量には、翌朝起床時の排尿も含まれる事です。

リハビリテーションに関連する事としては、排尿時間の間隔を知る事により、リハビリテーション実施時間と絡めながら排尿誘導時間の調整を行うことがあります。
リハビリ 実施時にも排尿誘導を実施し、実際に排尿があった場合には、ケア関連職種に報告し、次の排尿誘導につなげたり、尿意獲得に向けてリハビリテーション側も協力していく事になります。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】  
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

サイト内検索

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

学生指導や新人教育向けの資料販売!

リハビリテーション職種のための資産形成術

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.