運動ニューロンと言うと、α運動ニューロンやγ運動ニューロンが思い浮かぶと思います。今回、筋緊張に関わるγ運動ニューロンの特徴から考える筋緊張の高めかた(適切な筋緊張に調節できるか)についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

筋緊張に関わるγ運動ニューロンの特徴から考える筋緊張の高め方(適切な筋緊張に調節できるか)

スポンサードサーチ

筋緊張についてのおすすめ書籍

スポンサードサーチ

筋緊張についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

α運動ニューロンとγ運動ニューロンについて復習

α運動ニューロン

α運動ニューロンは、筋繊維(錘外繊維)を支配し、伸張反射に関与し、実際の筋収縮を起こすために必要な運動神経細胞です。
ひとつの運動ニューロンがいくつかの筋繊維を支配し、それらを合わせて運動単位といいます。

スポンサードサーチ

γ運動ニューロン

γ運動ニューロンは、錘内繊維(筋紡錘の中に存在)を支配し、筋紡錘に入力します。

スポンサードサーチ

筋緊張の調整はどのように行われるか

筋緊張のコントロールを、脳の側面から考えた場合、大まかには抑制系と促通系に分けることができ、その制御は脳幹で行われています。
筋緊張の抑制系は脳幹網様体が関与し、「脚橋被蓋脚(PPN)」や「抑制性網様体脊髄路(橋網様体脊髄路、延髄網様体脊髄路)」があります。
一方、筋緊張の促通系には「前庭脊髄路」「促通性の網様体脊髄路」などがあります。
筋緊張の抑制系はさらに上位レベルでは補足運動野や大脳基底核が関与し、促通系は運動前野や小脳が関与します。

これらの上位中枢からの調整により、γ運動ニューロンを介して筋紡錘に作用し、適切な筋緊張が保たれます(筋紡錘の張りを調節する)。
なお、この調整は無意識的に、自動的にコントロールがなされることが特徴です。

スポンサードサーチ

γ運動ニューロンには種類がある?

γ運動ニューロンには動的γと静的γがあります。

動的γ運動ニューロン

動的γ運動ニューロンは、Ⅰ型核袋繊維を支配しています。
動的γ運動ニューロンに電気が流れていると、Ⅰa感覚神経応答の感度が高まるとされています。
なお、Ⅰa繊維はα運動ニューロンに速さの変化を伝える役割があります。

スポンサードサーチ

静的γ運動ニューロン

静的γ運動ニューロンは、2型核袋繊維を支配しています。
静的γ運動ニューロンに電気が流れていると、Ⅱ感覚神経応答の感度が高まるとされています。
なお、Ⅱ繊維はα運動ニューロンに長さの変化を伝える役割があります。

スポンサードサーチ

γ運動ニューロンの種類の違いによる中枢からの調節

先ほど、γ運動ニューロンには動的γと静的γがあることをお伝えしました。
そしてこれらには別々の中枢性の調節がなされています。
まず、動的γ運動ニューロンですが、これには主に延髄網様体からの中枢性の調節が関与しています。
また、静的γ運動ニューロンですが、これには主に橋網様体や前庭脊髄路からの中枢性の調節が関与しています。

すなわち、延髄網様体からの中枢性の調節が動的γ運動ニューロンを介して、Ⅰa感覚神経応答の感度を高めています(筋の速さの変化に関与する)。
また、橋網様体や前庭脊髄路からの中枢性の調節が静的γ運動ニューロンを介して、Ⅱ感覚神経応答の感度を高めています(筋の長さの変化に関与する)。

ここで理解しておきたいこととして、延髄網様体からの中枢性の筋緊張調節では、伸筋は遠心性の従重力コントロールに関与するということです。
また、橋網様体や前庭脊髄路からの中枢性の筋緊張調節では、伸筋の求心性の抗重力コントロールに関与するということです。

スポンサードサーチ

γ運動ニューロンの特徴から考える筋緊張の高め方(適切な筋緊張に調整できるか)

ここで、どのようにアプローチすることで、適切な筋緊張に調整できるのかということを考えていく必要があります。
復習になりますが、適切な筋緊張調節のメカニズムとして、
・延髄網様体からの中枢性の調節が動的γ運動ニューロンを介して、Ⅰa感覚神経応答の感度(速さ)を高める(伸筋の遠心性従重力コントロール)
・橋網様体や前庭脊髄路からの中枢性の調節が静的γ運動ニューロンを介して、Ⅱ感覚神経応答の感度(長さ)を高める(伸筋の求心性抗重力コントロール)
ということがありました。

このことから、重力下において姿勢筋緊張を適切に保つには、上記の2つのメカニズムを理解し、それらの賦活を行う必要があるということになります。
例えば「スクワット課題」においては、
・膝屈曲をさせる時には速度を求め、下肢伸筋の遠心性従重力コントロールを意識させることで、動的γ運動ニューロンの賦活を図ります。
・膝伸展させる時には、長さ(ゆっくりと)を求め、下肢伸筋の求心性抗重力コントロールを意識させることで、静的γ運動ニューロンの賦活を図ります。

上記のような、伸筋の遠心性従重力コントロールや伸筋の求心性抗重力コントロールを訓練課題に意識的に取り入れることで、適切な筋緊張コントロールが行えるようにしていくことが必要になります。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】