リハビリテーションを提供する際に、その治療肢位の選択理由を明確に持てているでしょうか?治療肢位の選択は、治療効果にも影響するため重要な因子とも言えます。今回、リハビリ時の治療肢位の選択基準はや臥位、座位、立位の目的と選択方法についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

急性期リハビリと離床基準!車椅子以上までの流れと判断基準の確認!

スポンサードサーチ

離床やリスク管理についてのおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

ベッド上治療か車椅子移乗まで可能かをどう見極めるか

離床基準の確認

急性期などでは、まずはベッド上治療か、もしくは車椅子移乗可能かどうかを見極めていく必要があります。
安静度やバイタルサインが指示の範囲内であれば、次に対象者が離床しても良いのかを判断していきます。
具体的には、以下のような項目を元に離床可/不可の判断をしていきます。

・発熱
・不整脈
・安静時心拍数
・安静時血圧
・動悸、狭心痛
・安静時の異常呼吸
息切れ、倦怠感、疲労感
・心機能

詳しくは、以下の記事を参照してください。
早期離床のヒント!リハビリテーションにおける基準や指標は何か!

スポンサードサーチ

①ヘッドアップ

前途したような離床基準が満たされれば、まずはヘッドアップ(30度まで)を行います。
もし、離床基準が満たされないのであれば、ベッド上での可動域運動や筋力トレーニングを行います。
ヘッドアップ30度まででバイタルチェックを行い、自覚症状の有無も確認し、中止基準に当てはまるようであればヘッドダウンを行います。

②端座位

バイタルチェックや自覚症状に問題がなければ、端座位が取れるかどうかを基準を元に判断していきます。
この時、まずは意識障害の有無をJCS(Japan Coma Scale)を判断基準にして見ていきます。

Ⅰ 刺激しなくても覚醒している状態(―桁で表現)1 大体意識清明だが、今ひとつはっきりしない

2 見当識障害がある

3 自分の名前、生年月日がいえない

Ⅱ 刺激すると覚醒する状態−刺激をやめると眠り込む−(2桁で表現)10普通の呼びかけで容易に開眼する
(合目的的な運動をするし言葉もでるが間違いが多い)
20大きな声、または体を揺さぶることにより開眼する
(簡単な命令に応ずる。例えば離握手)
30痛み刺激を加えつつ、呼びかけを繰り返すとかろうじて開眼する
Ⅲ 刺激しても覚醒しない状態(3桁で表現)
100痛み刺激に対し、はらいのけるような動作をする
200痛み刺激で手足を動かしたり、顔をしかめる
300痛み刺激に反応しない

注 R :不穏、I: 失禁、A :無動性無言、 失外套症候群

JCS10以下ではギャッジアップ60°または端座位を取れる状態であると考えられます。
またJCS20〜100ではギャッジアップ45°、60°、端座位と段階的離床を進めていきます。
*この時、ギャッジアップするごと、または姿勢変換ごとにバイタルサインや自覚症状を再検する必要があります。

スポンサードサーチ

車椅子移乗

医師により安静度の指示が出ているのであれば、まずは車椅子移乗が可能かどうかを確認する必要があります。
基準を設定するとすれば、
・ JCS10以下の場合は、起立練習が可能かどうか
・JCS20〜100の場合は端座位が10分可能かどうか
を基準に車椅子移乗かどうかを考えます。

また、座位の耐久性訓練の目安としては、林田(1989)の基準が参考になります。
座位耐性訓練の基準
1.障害(意識障害,運動障害, ADLの障害) の進行が止まっていること
2.意識レベルが1桁であること
3.全身状態が安定していること

座位耐性訓練の試行基準
1.開始前,直後, 5分後, 15分後, 30分後に 血圧と脈拍を測定する
2. 30°, 45°, 60°,最高位(80°)の4段階とし, いずれも30分以上可能となったらつぎの段階に進む
3.まず1日2回,朝食・昼食時に施行し,安定したら食事ごととする
4.最高位で30分以上可能となったら車椅子座位訓練を開始する

座位耐性訓練中止の基準
1.血圧の低下が10mmHg以上の時は5分後の回復や自覚症状で判断, 30mmHg以上なら中止
2.脈拍の増加が開始前の30%以上,あるいは 120/分以上
3.起立性低低血圧症状(気分不良等)が見られた場合

このような基準に従い、車椅子異常可能かどうかを判断していきます。

車椅子の種類の選択

車椅子移乗については、対象者の身体機能も考慮しながら車椅子の種類を選択していく必要があります。
その際の基準は頚部・体幹のコントロールが自己にて行えるかどうかです。
頚部・体幹のコントロールが不十分な場合:リクライニング型車椅子
頚部・体幹のコントロールが十分な場合:普通型車椅子
を使用します。

スポンサードサーチ

注意点

上記離床基準はあくまで一例です。
医師の指示や勤務施設のマニュアルに従い離床を実施するようにしてください。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】