リハビリテーションを提供する上でリスク管理は最重要事項ですが、中でも転倒を防ぐことが重要になります。そして、その要因の一つとして薬剤の影響を考慮する必要があり、リハビリテーション従事者も薬剤についての知識を持ち合わせていることが必要になります。今回、リハビリテーションと薬剤における、転倒の危険性を高める薬剤についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

リハビリテーションと薬剤!転倒の危険性を高める薬剤に注意する!

スポンサードサーチ

転倒についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

薬剤と転倒

多くの対象者が何らかの薬剤を使用しており、私たちリハビリテーション従事者はその効用や副作用を把握しておく必要があると言えます。
薬剤と転倒の関係性を見ていくと、薬剤が精神機能面に与える影響として、眠気・ふらつき・注意力低下・失神・めまい・せん妄などがあり、これらは転倒に繋がることがあるため危険な状態になります。
また、薬剤が身体機能面に与える影響として、失調(協調性低下)・脱力・筋緊張低下・パーキンソン症候群などがあり、これらも転倒に繋がることがあるため危険な状態を意味しています。

スポンサードサーチ

高齢者と薬剤

高齢者は薬剤の影響を受けやすいと言われていますが、その理由を挙げていきます。
・薬剤に対しての反応が複雑
・多剤併用になっていることが多い(合併症が多くなっている)
・代謝機能が低下し薬剤への耐性が低くなっている
このような要因が、薬剤使用の調整を困難にし、前途した転倒に繋がるような精神・身体的影響を受けやすくなっていると言えます。
そのため、服薬状況の確認と、日々の対象者の状態チェックを行うことが転倒予防には必要になります。

スポンサードサーチ

転倒リスクが高まりやすい薬剤

以下に挙げる薬剤は転倒リスクを増加させやすいことが知られています。
○筋弛緩剤・抗不安薬:脱力、筋緊張低下
○抗不安薬・睡眠薬・NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)・抗てんかん薬・麻薬・非麻薬性鎮痛剤・抗がん剤:ふらつき、めまい
○降圧剤・利尿剤・抗うつ剤・向精神薬:失神、起立性低血圧
○抗パーキンソン病薬・ジギタリス製剤・麻薬・H2拮抗剤・β遮断薬・抗がん剤:せん妄
○抗コリン薬・抗てんかん薬:視力障害
○睡眠薬・抗不安薬・抗てんかん薬・抗ヒスタミン剤・血糖降下剤・麻薬・非麻薬性鎮痛剤:眠気、覚醒低下、注意集中力の低下
○向精神薬・抗うつ剤・制吐薬・胃腸機能調整役:パーキンソン症状

スポンサードサーチ

転倒させてしまうとリスクが高まる薬剤

先ほどまでは、転倒につながってしまう薬剤を挙げてきましたが、ここでは転倒させてしまうことでさらにリスクが高まってしまう薬剤を取り上げていきます。
それは、抗凝固剤や抗血小板薬です。
これらの薬剤はいわゆる血液をサラサラな状態にするものであり、転倒に伴う外傷は出血が止まりにくくなります。
また、出血は外傷が生じた部位だけではなく、頭蓋内などにも起こる可能性があり、硬膜下血腫などに繋がるリスクもあります。

スポンサードサーチ

環境設定から考える転倒を起こさせないための工夫

薬剤は転倒のリスクを高めてしまいますが、薬剤の変更や調整による転倒リスクの軽減を図ると同時に、転倒を防止できる環境設定や、もし転倒が起こっても被害を最小限に止めるための環境設定を行なっておく必要があり、その例を以下に示します。

ベッドサイド

・ベッドの高さ調整
・ベッド柵の利用
・ナースコールの位置設定
・照明の調整
・ポータブルトイレの位置設定
・床頭台やオーバーテーブルの整理
・センサーマットの検討
・床マットの設置
・観察しやすい部屋への移動
・同意を得ている上での安全ベルトの使用

スポンサードサーチ

歩行

・履き慣れた靴を使用(できるだけサンダルを利用しない)
・ズボンの裾の長さをチェック
・床の状態(水濡れ等がないか)
・床の配線の状態チェック
・点滴スタンド等の位置と可動性チェック

トイレ

・側につくべきか否かの判断をしておく(認知面の確認)
・ナースコールの使用ができるか評価
・排泄パターンの確認と排泄誘導

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】