リハビリテーションにおいては、リスク管理のためのフィジカルアセスメントは欠かせません。今回、頭痛の訴えがある場合の考え方と対応についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

リスク管理とフィジカルアセスメント!頭痛の訴えがある場合の考え方と対応!

スポンサードサーチ

リスク管理とフィジカルアセスメントにオススメの書籍

スポンサードサーチ

リスク管理とフィジカルアセスメントについてのおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

対象者の事前情報を把握しておくことが大切

どの対象者にリハビリテーションを提供する場合もそうですが、まずは対象者のリスクにつながる基礎的な医学情報を収集できていることが大切になります。
主なものとしては、対象者の現病歴、既往歴です。

現病歴からは、診断名、発症日、発症当時の様子、どのような障害があるか、医学的処置、発症から現在までの経過がわかります。
既往歴からは、現在の障害や訴えを生じさせる原因となる過去の外傷や疾患の経過について把握することができます。

スポンサードサーチ

疼痛の評価項目

疼痛に対する主な評価項目としては以下のようなものがあります。
・痛みの傾向
・痛みの部位
・痛みの感じ方
・痛みの期間
・痛みの強さ
・痛みと時間帯
・痛みと睡眠
・痛みの程度に影響する要因
・活動時の痛みと困難さ
・障害と活動遂行能力

これらの詳細については、以下の記事にも記載されていますのでご確認ください。
疼痛(痛み)評価とリハビリ:ペインリハビリの基礎の基礎!

スポンサードサーチ

頭痛の訴えの特徴から考えられる疾患は何か

頭痛の訴えの特徴から、それが緊急性の高い疾患かどうかを考える材料になります。
問診の結果、緊急性が高い疾患だと思われるのであれば、DrやNsに報告する必要があります。

疼痛の発症期間や時期から考えられる疾患

突然起こる頭痛であれば、脳血管障害(くも膜下出血や脳出血)の可能性があります。

脳腫瘍などであれば、疼痛は徐々に増悪してくることが多くなります。

偏頭痛であれば、前兆(眼前が暗くなることやチカチカした感じがするなど)があることが多くなります。

スポンサードサーチ

痛みの感じ方(質)から考えられる疾患

偏頭痛では、脈に合わせて「ズキン」「ズキン」と拍動するような疼痛が特徴になり、これを拍動性の疼痛と呼びます。

また、側頭動脈炎においてもこめかみ付近に拍動性の疼痛を感じることがあります。

痛みの強さから考えられる疾患

くも膜下出血では、よく「バットでいきなり殴られた」「雷が落ちた」ような痛みと表現することがあり、これは今までに経験したことのないような疼痛の強さになります。

脳出血では、血腫が脳を圧迫することで頭痛を生じさせますが、徐々にひどくなる事や、加えて吐き気や嘔吐を伴うこともあります。
また、麻痺やしびれ感、呂律の周りにくさや物が2重に見えるなどの症状も併発します。

スポンサードサーチ

痛みの部位から考えられる疾患

くも膜下出血や脳出血、髄膜炎などでは、疼痛は頭全体に広がります。

緊張性頭痛では、後頭〜頸部に疼痛を感じます。

緑内障では、目の奥や目の周囲に疼痛を感じます。
緑内障では、眼圧上昇により頭痛が生じますが、失明の危険性があるため要注意です。
緑内障では、以下のような症状の進行も頭の片隅に留めておくと良いと思います。

初期は、目の中心からやや外れたところに暗点(見えない点)ができます。
中期になると、暗点が拡大し、視野の欠損(見えない部分)が広がり始めます。しかし、この段階でも両方の目が欠損をカバーし合ったりして異常を意識しない人が多いようです。
そして末期になると、視野はさらに狭くなり、日常生活に支障をきたすようになります。さらに放置すると失明のリスクが高まります。

https://www.paramount.co.jp/learn/topics/detail/16

緊急性の高い疾患は何か

緊急性の高い疾患は、くも膜下出血、脳出血、髄膜炎です。

くも膜下出血は、前途したように突然の経験したことのないような痛みを特徴とします。

脳出血では、頭全体の徐々に増悪する頭痛や、吐き気や嘔吐を伴ったり、加えて運動麻痺やしびれ感、呂律の周りにくさや(構音障害)、物が二重に見えるなどの症状を伴います。

髄膜炎の主症状は発熱と強い頭痛(頭全体がガンガンするような)、項部硬直(首を顎につける子ができない)などがあります。

スポンサードサーチ

知っておきたい頭蓋内圧亢進症状

頭蓋内圧亢進とは、脳実質の容積が膨らむことで、頭蓋内圧が高い状態です。
頭蓋内圧亢進においてみられる症状は急性期と慢性期では異なることが特徴です。

急性期:
激しい頭痛、悪心・嘔吐、クッシング現象(徐脈、血圧上昇)、意識障害、網膜出血、散瞳、けいれん

慢性期:
頭痛、悪心・嘔吐、視力障害、めまい、うっ血乳頭、外転神経麻痺、記憶障害、人格変化、尿失禁、歩行障害、認知機能低下

リハに役立つ脳画像

頭蓋内圧がさらに亢進すると、脳ヘルニア(脳が正常に収まっている場所から一部が飛び出してしまう状態)となり、命の危険に関わります。

脳血管障害とリスク管理については、以下の記事も参照してください。
脳血管障害とリハビリテーションにおけるリスク管理のポイント!

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】