心室期外収縮(PVC、VPC)は、心室内で早期興奮が生じている状態ですが、中でも危険な心室期外収縮として「R on T」があります。今回、危険な心室期外収縮(R on T)のモニター心電図の見方をまとめて行きたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

リハに役立つ、危険な心室期外収縮(R on T)のモニター心電図の見方!

スポンサードサーチ

心電図や心疾患についてのおすすめ書籍

スポンサードサーチ

心電図や心疾患についてのおすすめ記事

 

スポンサードサーチ

心室期外収縮(PVC、VPC)とは

刺激伝導系における心室

刺激伝導系による電気刺激が伝わっていく経路としては、
①洞結節
②房室結節
③ヒス束
④右脚、左脚
⑤プルキンエ繊維
となります。
このような刺激伝導により、心臓は心房から心室へと収縮していきます。

洞結節、心房、房室結節、ヒス束を合わせて上室と呼びます。
房室結節、ヒス束を合わせて房室接合部と呼びます。
右脚、左脚、プルキンエ繊維、心室を合わせて、広い意味での心室と呼びます。

スポンサードサーチ

心室期外収縮(PVC、VPC)の病態

心室期外収縮(PVC、VPC)は、刺激伝導系において、心室内で早期に興奮が生じている状態です。
心室内とは、前途した右脚、左脚、プルキンエ繊維、心室のどこかという広い意味での心室と捉えてください。

電気興奮の伝導は通常の刺激伝導系の経路を通らないために、それが心室に伝わりきるまでには時間を要します。
そのために、それまでのリズムより早く収縮が出現します。

心室期外収縮(PVC、VPC)の症状

心室期外収縮(PVC、VPC)は、頻繁に発生しない限りは、心拍出量などにはほとんど影響を及ぼすことはありません。
症状としては、心拍を強く感じたり、脈の飛びを感じることがあります。
心疾患がある場合、心室期外収縮(PVC、VPC)が頻回に生じることで危険な不整脈に繋がることがあるため注意が必要になります。

スポンサードサーチ

危険な心室期外収縮(R on T)

スポンサードサーチ

ラウン分類における心室期外収縮の重症度分類

ラウン分類では、心室期外収縮の特徴から、その重症度を分類しています。

グレード0心室期外収縮なし
グレード1心室期外収縮が散発
グレード2心室期外収縮が頻発(1時間に30個以上または1分間に1個以上)
グレード3多源性心室期外収縮
グレード4a連発性心室期外収縮2連発
グレード4b連発性心室期外収縮3連発以上
グレード5R on T型心室期外収縮

今回のR on T型心室期外収縮は、グレード5に指定されており、それが確認されたのであればすぐにドクターコールする必要があります。

R on T型心室期外収縮の特徴

R on T型心室期外収縮は、心室からの異常な刺激が、不応期に発生する(前の収縮が終わっていないうちに出現)ため、興奮する部分としない部分が現れている状態です。
この様な場合、無秩序な興奮が生じてしまいます。
T波に乗ったQRS波のことをR on T型と呼びます。

T波の頂点は不応期の後半に当たりますが、この時期は心室筋の再分極の過程であり、電気的に不安定な時期になります。
T波は通常では不整脈が重なることはありませんが、T波に乗ったQRS波が確認される場合、かなり強い刺激が生じるか、心筋の不安定さを示していることになります。

スポンサードサーチ

R on T型心室期外収縮の症状

R on T型心室期外収縮における心拍数は様々な数値をとります。
患者によっては状態が安定している場合もありますが、致死性不整脈につながることもあるため注意を要します。

スポンサードサーチ

危険な心室期外収縮(R on T)のモニター心電図の特徴

危険な心室期外収縮(R on T)で見られるモニター心電図の特徴

R on T型心室期外収縮の病態は前途しました。
それらを整理すると、モニター心電図上では以下のような特徴が現れます。

前のT波に重なる、早いタイミングでの心室期外収縮

スポンサードサーチ

危険な心室期外収縮(R on T)で見られるモニター心電図の実際

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!