心房頻拍は、心房での異常興奮が生じ、心房が頻回に興奮している状態です。今回、リハに役立つ、心房頻拍(AT)のモニター心電図の見方についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

リハに役立つ、心房頻拍(AT)のモニター心電図の見方!

スポンサードサーチ

心電図や心疾患についてのおすすめ書籍

スポンサードサーチ

心疾患についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

心房頻拍とは

刺激伝導系における心房

刺激伝導系による電気刺激が伝わっていく経路としては、
①洞結節
②房室結節
③ヒス束
④右脚、左脚
⑤プルキンエ繊維
となります。
このような刺激伝導により、心臓は心房から心室へと収縮していきます。

洞結節、心房、房室結節、ヒス束を合わせて上室と呼びます。
房室結節、ヒス束を合わせて房室接合部と呼びます。
右脚、左脚、プルキンエ繊維、心室を合わせて、広い意味での心室と呼びます。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

心房頻拍とは

心房頻拍は、心房のある部分(人によって異なる)から、規則正しい異常興奮が生じることで心房が頻回に興奮している状態です。
その興奮が心室に伝導されるため、頻拍になります。
心拍数は100回以上/分となります。

スポンサードサーチ

心房頻拍の原因

心房頻拍の原因は、 心房のリエントリー回路によるものです。
「リエントリー回路」とは、電気興奮が旋回(グルグルと回っている)している状態です。
リエントリー回路があると、電気興奮が旋回することで規則的で高頻度なものとなります。
それが頻拍につながります。
リエントリー回路では、突然発作が始まり、突然発作がなくなることも特徴です。

発作性心房頻拍と非発作性心房頻拍

心房頻拍には、発作性のものと非発作性のものに分かれます。
前途したように、突然発作が始まり突然発作がなくなることや、徐々に発作が始まり徐々に発作がなくなるものなど様々です。
また、心房頻拍の症状としては動機があります。

スポンサードサーチ

心房頻拍のモニター心電図の特徴

スポンサードサーチ

心房頻拍で見られるモニター心電図の特徴

上室期外収縮(SVPC)と非伝導性心房期外収縮の病態は前途しました。
それらを整理すると、モニター心電図上では以下のような特徴が現れます。

・心房が頻回に興奮
P波が多い(100回以上/分)

規則正しい異常興奮が生じる
→PP間隔は一定

心房頻拍で見られるモニター心電図の実際

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!