股関節伸展の制限因子にはどのようなものがあるでしょうか。今回、股関節伸展の制限因子を推察する方法を、筋肉や軟部組織を中心にまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

股関節伸展の制限因子を推察する方法!筋肉や軟部組織を中心に!

スポンサードサーチ

股関節を勉強するのにオススメの書籍

スポンサードサーチ

股関節についてのオススメ記事

スポンサードサーチ

股関節伸展運動の特徴

標準的な可動域:15°
主動作筋:大臀筋、大内転筋、内側ハムストリングス
制動する組織:腸骨大腿靭帯

股関節が伸展する際には、大腿骨は前方に滑りながら運動をしていきます。
このことは、股関節の前方に位置している組織の柔軟性が低下すると、股関節伸展可動域制限に繋がることが考えられます。

スポンサードサーチ

股関節伸展の関節可動域計測における注意点

股関節伸展の関節可動域計測では、腹臥位や側臥位で計測する方法があります。
その際の代償動作としては、骨盤前傾や同側への回旋があります。

股関節伸展運動の関節可動域測定では、上記のような骨盤を中心とした代償運動が出現します。
そのため測定時には骨盤を触知しながら、股関節伸展運動に伴い骨盤の動きが生じた時点で計測を行うようにすることが大切です。

腹臥位では対側の下肢をベッドから下ろし、側臥位では対側の下肢を屈曲位に固定(セラピストの脚を用いて)することがポイントになります。

スポンサードサーチ

股関節の関節可動域制限の原因をエンドフィールから確認する

関節可動域制限の原因を推察するには、関節運動におけるエンドフィールを確認することが大切になります。

各エンドフィールの特徴には以下のようなものがあります。

最終域感生理的最終域感病的最終域感
構造特徴
軟部組織性軟部組織の近接肘関節屈曲通常より早くまたは遅く起こる、または軟部組織性最終域感以外の関節にも起こる

腫脹・浮腫:軟部組織が圧迫されることで運動が止まる
少し弾力がある硬いバネ様の抵抗感

軟部組織の浮腫
骨膜炎
結合組織性筋の伸張
関節包の伸張
靭帯の伸張
膝関節を伸展しての股関節屈曲
手指のMP関節伸展
前腕回外
通常より早くまたは遅く起こる、または結合組織性最終域感以外の関節にも起こる

筋緊張増加:他動運動中に急に動きが遮られるような硬い抵抗感(痛みを伴うことが多い)

関節包・靭帯の癒着や短縮:最終域で急に硬い抵抗感

筋・腱の癒着や短縮:最終域に向かって徐々に抵抗感が増加

筋緊張増加
関節包、筋、靭帯の短縮
骨性骨と骨の接触肘関節伸展通常より早くまたは遅く起こる、または骨性最終域感以外の関節にも起こる

骨性:硬く弾力のない抵抗感(痛みはなし)

骨関節炎
関節内遊離体
化骨性筋炎
虚性疼痛により最終ROMに至ることができない。
防御性収縮または筋スパズムを除いては抵抗感はない
急性関節炎
滑液包炎
膿瘍骨折
心理的防御反応

スポンサードサーチ

股関節伸展の制限因子となる筋肉

股関節伸展制限の筋肉の鑑別①股関節外転角度による影響

股関節伸展の可動域制限を考える際には、二関節筋の影響を考慮することがポイントです。
股関節を内外転中間位と外転位で股関節伸展角度を比較し、
股関節外転位での股関節伸展角度が大きい(股関節内外転中間位での伸展角度が小さい)→大腿筋膜張筋が制限因子
となることが考えられます。

スポンサードサーチ

股関節伸展制限の筋肉の鑑別②膝関節屈伸角度による影響

膝関節屈伸の影響を考慮することで、二関節筋である大腿直筋が制限因子になるかを考えることができます。
膝関節伸展位と屈曲位で股関節伸展角度を比較し、
膝関節伸展位での股関節伸展角度が大きい(膝関節屈曲位での伸展角度が小さい)→大腿直筋が制限因子
となることが考えられます。

股関節伸展制限の筋肉の鑑別③股関節内転内旋、股関節内転外旋位による影響

股関節内転内旋位、股関節内転外旋位での股関節伸展角度の違いをみることで、伸展制限の理由が大腿筋膜張筋によるものか、縫工筋によるものかを考える資料になります。
股関節内転内旋位での股関節伸展制限が大きい→縫工筋が制限因子
股関節内転外旋位での股関節伸展制限が大きい→大腿筋膜張筋が制限因子
となることが考えられます。

スポンサードサーチ

腸腰筋の短縮

腸腰筋の短縮を評価するテストには、Thomasテストがあります。
Thomasテストは、検査側と反対側の股関節を最大屈曲させることで骨盤の代償運動を抑制させ、検査側の下肢が浮き上がるかどうかを確認する検査方法です。
検査側の下肢が浮き上がることは、股関節屈曲拘縮の存在を表しています。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】