回復期リハビリテーション病棟では、実績指数が入院料の基準の一つとしてあります。その向上には、FIM運動利得向上と原疾患を意識した在院日数のコントロールが大切になります。今回、回復期リハ病棟と実績指数向上に大切な原疾患と在院日数短縮のコントロールについてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

回復期リハ病棟と実績指数向上!原疾患と在院日数短縮のコントロール!!

スポンサードサーチ

リハビリテーション管理運営についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

実績指数とは

「実績指数」とは、リハビリテーション提供により、対象者の状態がどの程度改善したかを示す数値です。

この実績指数は回復期リハビリテーション病棟における施設基準に組み込まれています。

実績指数が27点以上で、「効果に係る相当程度の実績が認められる」と判断されます。

実績指数が27点以下、すなわち効果に係る実績が一定の水準を下回る場合、疾患別リハビリテーション料の6単位を超える費用については、回復期リハビリテーション入院料に包括されることになります。

つまり実績紙指数が良くないと、対象者に9単位のリハビリテーションを提供しても、6単位までしか請求ができないということになります。

*例外があり、脳血管疾患などの対象者の場合、発症から60日以内のものであればリハビリテーション提供料は入院料に包括とはなりません。

詳しくは以下の記事を参照してください。

スポンサードサーチ

FIM運動利得の平均値は?

回復期リハ病棟協会調査報告書(平成28年度)によると、認知項目を除いたFIM運動利得(退棟時FIM-入棟時FIM)の平均値は、

20.2点

となっています(入棟時71.0点、退棟時91.2点)。

実績指数は、

各患者の (FIM得点運動項目 の、退棟時と入棟時の差) の総和/各患者の(入棟から退棟までの在棟日数/状態ごとの回復期リハビリテーション病棟入院料の算定上限日数)の総和

により求められます。

そのため、実績指数を向上させるためには、FIM運動利得の向上がまず第一に必要です。

さらに、原疾患ごとの算定日数上限(回復期リハビリテーション病棟における)に対する入院日数の短縮も重要です。

これは例えば、圧迫骨折では回リハ病棟の算定上限日数が90日ですが、90日よりも入院日数を短縮できればそれだけ実績指数は向上することになります。

FIM運動利得向上の戦略については以下の記事を参照してください。

スポンサードサーチ

回復期リハビリテーション病棟入院料1(実績指数40)とFIM運動利得に応じた最高入院日数の関係

ここでは回復期リハビリテーション病棟入院料1(必要実績指数:40)について考えてみます。

FIM運動利得はリハビリテーションによって向上可能ですが、それでもその向上には頭打ちがあるでしょう。

そこで重要なのが予後予測です。

対象者のFIM運動利得をあらかじめ予想することにより、必要実績指数(40)獲得に必要な入院日数を知ることができます。

そこで以下に、対象者のFIM運動利得から必要実績数(40)に必要な入院日数を表にしてみました。

簡単に説明すると、現在の(もしくは予測の)FIM運動利得が20点の場合、必要実績数(40)に必要な入院に数は回リハ病棟の算定上限日数の半分(90日であれば45日)になります。

それよりも短縮できれば実績指数は40以上になります。

必要実績数(40)に必要な入院日数(回リハ病棟入院料の算定上限日数90日の場合)

スポンサードサーチ

必要実績数(40)に必要な入院日数(回リハ病棟入院料の算定上限日数150日の場合)

必要実績数(40)に必要な入院日数(回リハ病棟入院料の算定上限日数180日の場合)

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

実績指数を向上させるための考え方、戦略

基本的には、FIM運動利得の向上と在院日数短縮が戦略となります。

予後予測(例:認知症高齢者であればリスク認知の面からFIM各項目は監視レベルの5点までしか向上しないなど)に基づき、おおよそのFIM運動利得を算出し、必要実績指数を満たす在院日数を表を元に確認することが大切です。

それに向けて、退院へ向けてのサービス調整や住宅改修指導の時期を逆算するなどのマネジメントは必須となるでしょう。

また、退院先が施設であるならば、施設が求める能力を聴取し、それが達成できたなら退院調整をかけるなども必要でしょう。

家人にも、能力向上が頭打ちになったと考えられるのであれば、家族を含めたカンファレンスにおいてそれを伝えることは必要です。

以上のような考え、戦略を用いて実績指数向上を図ることが必要と考えています。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】