注意障害に対しては、認知リハビリテーションなどの手法が取られることがありますが、伝統的作業療法で使用されるペグボードを段階づけることにより、注意障害改善を目指すことも可能です。今回、作業療法とペグボードにおいて、注意障害に対するペグボードの難易度設定に注目していきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

作業療法とペグボード!注意障害に対するペグボードの難易度設定に注目して!

スポンサードサーチ

注意障害についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

注意障害への認知リハビリテーション課題集


スポンサードサーチ

注意障害と作業療法

注意障害と日常生活の困難さ

高次脳機能障害の一症状である注意障害があると、日常生活上に溢れる様々な情報を効率よく処理しながら遂行することが難しくなります。

情報が多すぎることにより何に焦点を当てて良いかわからなかったり、周囲の刺激により注意がそれて課題遂行が難しくなることもあります。

そのような注意機能が関与する情報処理の問題があると、日常生活場面(しているADL)の中で課題を設定しても、複雑な情報処理がなされなくなり介入効果が少なくったり、介入の難易度が高くなりすぎることが考えられます(情報処理能力を高めることも考えられるが。。。)。

スポンサードサーチ

注意障害と作業療法における課題設定の難しさ

注意障害に対する作業療法では、机上でのプリント課題を用いることがありますが、細かすぎる情報を眼前にした対象者が課題遂行を嫌がることを経験することがあります。

そのような場合、APTの考え方を用いたトランプ分類課題を実施することがあります。
詳しくは以下の記事を参照してください。
注意障害に対するトランプを用いたアプローチ(APTを参考に)

伝統的作業療法ではペグボードが用いられることが多くあります。

一般的にペグボードは、手指の巧緻性向上を目的に実施されることが多いですが、注意障害に対する課題としてペグボードを用いることがあります。

ペグボードは段階づけも行いやすいことから、対象者の状態に合わせた難易度設定が行いやすいと言う利点があります。

巧緻性についてのペグボードの段階付については以下の記事を参照してください。
指のつまみ、握り・把握、巧緻動作と解剖運動学的分析!評価とリハビリテーション!

スポンサードサーチ

注意機能と脳機能との関係性

注意機能、特に分配性の注意は日常生活遂行に欠かせない機能です。

分配性注意については、課題遂行において視覚を用いる場合には頭頂後頭葉が賦活されます。

また、課題遂行において聴覚を用いる場合には側頭葉が賦活されます。

さらに、課題遂行において視覚と聴覚の両方を用いる場合には頭頂後頭葉、側頭葉、前頭葉が賦活されます。

空間における分配性注意を用いる課題遂行時(視覚)には、背側前頭-頭頂ネットワークが賦活されます。

視覚と聴覚を含めた二重課題(デュアルタスク)では、前頭前野の情報処理速度が向上することも知られています。

スポンサードサーチ

ペグボードと脳・注意機能賦活の考え方

ペグボードは空間内に置かれているボードにペグを挿入していく課題です。

この課題遂行は、視空間情報処理(頭頂葉-前頭葉ネットワーク)を行なった結果としてペグを挿入していることになります。

ペグボードにおいて決められた色を探して挿入する場合、選択性注意が賦活されます。

ペグボードにおいて決められた順番を記憶して、その通りに色を選択し挿入する場合、さらに注意の制御能力(転換や配分)も賦活されます。

このような課題設定のもと、聴覚的刺激を伴わせる(側頭葉-前頭葉ネットワーク。例:◯秒間隔で挿入)場合、二重課題となり前頭前野の情報処理速度が向上期待できます。

スポンサードサーチ

注意機能障害におけるペグボードを利用した作業療法の段階づけ

脳血管疾患による注意機能障害に対する作業療法構築のための臨床研究が参考になります。

課題A:単純な注意の連続的移動課題
A-1ペグを箱へ順番に移す(20個).

課題B:空間的注意の移動と選択・転換・配分を必要とする課題
B-1:決められた色を選択する
B-1-1:ペグにランダムに色シール(赤)を付けておき(10個),色シールの付いたものだけを箱に移す.
B-1-2:ペグを配置する領域を広くし,数を増やす.B-1-1と同様に行う(赤30個).
B-1-3:色シールを2種類(赤・青各15個)とし,青のみ箱に移す.

B-2:決められた順番を記憶し,その通りに色を選択する
B-2-1:色シールを3種類(赤・黄・青各15個)とし,決められた順番(赤→青)で箱に移す.
B-2-2:B-2-1と同様の設定で,決められた順番(赤→青→黄)で箱に移す.

B-3:決められた色と隣り合わせのものだけを選択する
B-3:B-2-1と同様の設定で,赤と隣り合わせの青(各15個のうち10個)のみ箱に移す.

課題C:注意の準備から行為に至るプロセスに,聴覚刺激による賦活を含む課題
C-1:単純な聴覚的リズムに合わせて注意の移動と選択を行う
C-1-1:単純な聴覚的リズム(4秒間隔)に合わせて,課題A-1を行う.
C-1-2:単純な聴覚的リズム(4秒間隔)に合わせて,課題B-1-3を行う.

C-2:複雑な聴覚的リズムに合わせて注意の移動と選択を行う
C-2-1:複雑な聴覚的リズム(3秒間隔)に合わせて,課題A-1を行う.
C-2-2:複雑な聴覚的リズム(3秒間隔)に合わせて,課題B-1-3行う.

C-3:複雑な聴覚的リズムに合わせて注意の移動と選択・転換・配分を行う
C-3-1:複雑な聴覚的リズム(3秒間隔)に合わせて,課題B-2-2を行う.
C-3-2:複雑な聴覚的リズム(3秒間隔)に合わせて,課題B-3を行う.

脳血管疾患による注意機能障害に対する作業療法構築のための臨床研究

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】