脱水症状はリハビリテーションを行う上で妨げとなります。今回、脱水症状をどのように捉え、リハビリテーションに活かしていくかの視点を考えていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

脱水症状とリハビリテーション-フィジカルアセスメントや血液データの活用-

スポンサードサーチ

フィジカルアセスメントやリスク管理についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

脱水とは

脱水は、
・水分摂取量の減少
・水分喪失量の増加
・上記2つが同時に発生
している状態です。

スポンサードサーチ

脱水症状について

脱水状態と主な症状について見ていきます。

これらは観察におけるポイントになります。

軽症

口渇、頭痛、倦怠感、脱力感、無関心、食欲不振、立ちくらみ

スポンサードサーチ

中等症

強い口渇口腔内乾燥、悪心・嘔吐、脱力感、めまい、濃縮尿、乏尿、不安、皮膚粘膜乾燥皮膚弾力性低下眼球陥没脈拍微弱(起立性)低血圧

重症

精神神経症状(不安感、幻覚、小脳症状など)、血圧低下頻脈、体温上昇・低下、循環不全、ショック、昏迷、昏睡、死亡

スポンサードサーチ

水欠乏性脱水とナトリウム欠乏性脱水

脱水と一口に言っても、水欠乏性脱水とナトリウム欠乏性脱水に分けられます。

スポンサードサーチ

水欠乏性脱水

血漿浸透圧の上昇による口の渇きや尿量の減少などを呈します

水の摂取不足や大量発汗で生じます

利尿薬服用で、腎臓での水の再吸収障害により水分を多く含んだ尿が多量に出てしまうことでも生じます。

ナトリウム欠乏性脱水

細胞外液のナトリウムなどの電解質が失われ、細胞外の浸透圧が低下し、細胞外液の水分が浸透圧の高い細胞内へ流れることによるものです。

大量発汗した際に、電解質を摂取せずに水分のみ摂取した場合に生じることがあります。

ケガや手術による出血や嘔吐・下痢などで電解質が失われることにより生じます。

スポンサードサーチ

脱水で気をつけること-血圧低下と頻脈はなぜ起こるか-

脱水状態では、血圧低下(起立性)と頻脈(起立性)に気をつける必要があります。

脱水状態では体液量低下することで血液量減少し、血圧低下が生じます。

特にナトリウム欠乏性脱水において血圧低下は顕著になります。

このような状態になると、心臓は末梢器官にへの酸素供給を確保するために収縮速度を速めるために頻脈になります。

スポンサードサーチ

脱水と血液濃縮

よく、脱水状態では血液が濃縮している状態だと言われることがあります。

これは、血液中の血球に対して、血漿(液体成分)が少なくなっているということです。

すなわち、血液の粘稠度が高い状態(ドロドロ)だと言えます。

この時気をつけたいのは、血栓の形成です。

血栓は心筋梗塞や脳梗塞の原因となるので、できる限り水分摂取を促しながら脱水状態を改善する必要があります。

スポンサードサーチ

脱水症状と血液データ

スポンサードサーチ

上昇するもの

・赤血球数(RBC)↑
・ヘモグロビン値(Hb)↑
・アルブミン(Alb)↑
・総蛋白(TP)↑
・ヘマトクリット(Ht)↑
・尿素窒素(UN)↑
・尿酸(UA)↑
・クレアチニン(Cr)↑
・ナトリウム(Na)↑:水欠乏性脱水の場合

低下するもの

・ナトリウム(Na)↓:ナトリウム欠乏性脱水の場合
・カリウム(K)、クロール(Cl)↓:下痢や嘔吐などによる場合

スポンサードサーチ

リハビリテーション職種が脱水状態を防ぐためにできること

リハビリテーションを継続的に実施にするためには、脱水状態になる事を防ぐことが必要です。

高齢者においては、口渇中枢の感受性低下や頻尿を考慮した心理的要因、筋肉量減少による水分貯蔵量減少、基礎代謝量減少、腎機能低下、食欲不振等により脱水状態になりやすいという特徴があります。

我々は普段から、意識的に水分摂取を促すことが求められます。

また、リハビリテーション提供時間を考慮することも必要かもしれません。

例えば、昼食前にリハビリテーションを行うことで、対象者の疲労感により食事摂取量や水分摂取量が減少してしまうことは脱水状態を作り出してしまう要因となります。

水やお茶が好まなければ、対象者の嗜好に合わせた飲み物を用意するなどして、水分摂取を促すことが求められるかもしれません。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

各病院や施設は、全ての求人情報サイトに登録する訳ではないので、複数登録する事で より多くの求人情報に触れる事ができます。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】