「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 精神疾患に対する作業療法
・・・ ・・・

精神疾患に対する作業療法

脳卒中後のうつ状態、アパシー(意欲障害)と血管性認知症との関係

脳卒中後にアパシー(意欲障害)を高い頻度で合併するものとして、血管性認知症が挙げられます。アパシーは脳血管障害の結果として起こりますが、これが廃用性認知症の原因となる可能性も指摘されています。今回、脳卒中後のうつ状態、ア …

精神症状の主観的評価〜”気分と疲労のチェックリストを用いて”〜

身体障害、精神障害、認知症など、リハビリテーション対象者には様々な方がおられますが、精神症状の主観的な評価を実施することで、より対象者の全体像を捉えやすくなることがあります。今回、精神症状の主観的評価として”気分と疲労の …

精神障害(統合失調症、うつ病)に対するリハビリ、作業療法評価とアプローチ

精神科疾患において、統合失調症、うつ病などは接する機会が多い疾患です。今回、統合失調症やうつ病などに対するリハビリ、作業療法評価とアプローチについてまとめていきたいと思います。

「同時に2つの事ができない」のなぜと日常生活での工夫

「同時に2つの事ができない」ことは、仕事や生活における効率を悪くし、作業遂行や結果にも影響します。同時に2つのことができないメカニズムを脳機能の観点から考え、日常生活での工夫についてまとめていきます。

意欲障害の捉え方!うつとアパシー違いや評価方法を解説!

意欲、発動性の障害は脳損傷患者において見られる病態のうちのひとつです。自発性の障害には様々な名称や捉え方があります。今回、意欲・発動性低下の基礎知識(分類、病態)と捉え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.