「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

大腿骨近位部骨折(頚部、転子部)

リハが知るべき大腿骨頚部骨折の骨接合術(CCS (CCHS)、ハンソンピン)の特徴と違い!

大腿骨頚部骨折においてはCCS (CCHS)、ハンソンピンが選択されますが、その違いは理解できているでしょうか。今回、リハが知るべき大腿骨頚部骨折の骨接合術(CCS (CCHS)、ハンソンピン)の特徴と違いについてまとめ …

リハが知るべき大腿骨転子部骨折の手術(CHS(SHS)、γ-nail(SFN))の特徴と違い!

大腿骨転子部骨折においてはCHS(SHS)、γ-nail(SFN)などが選択されますが、その違いは理解できているでしょうか。今回、リハが知るべき大腿骨転子部骨折の手術(CHS(SHS)、γ-nail(SFN))の特徴と違 …

リハのための股関節のレントゲン画像における骨や筋の各部位と作用について

股関節疾患では、術前や術後のレントゲン画像を確認することで、リスク管理や予後予測に役立てることができます。今回、リハのための股関節のレントゲン画像における骨や筋の各部位と作用についてまとめていきたいと思います。

大腿骨近位部骨折に対する術後画像所見(レントゲン、CT)読影のチェックポイント

大腿骨近位部骨折術後では、術後レントゲンから様々な情報を読み解くことが可能です。今回、大腿骨近位部骨折に対する術後画像所見(レントゲン、CT)読影のチェックポイントについてまとめていきたいと思います。

大腿骨近位部骨折と廃用症候群!術後廃用症候群を防ぐことの重要性とリハビリテーションのヒント!

大腿骨近位部骨折術後では、急性期から早期リハビリテーションの介入により廃用症候群を防ぎながら訓練を進めていくことが重要です。今回、大腿骨近位部骨折と廃用症候群について、術後廃用症候群を防ぐことの重要性とリハビリテーション …

大腿骨転子部骨折術後における疼痛を考える!疼痛管理の考えやリハビリについて!

大腿骨転子部骨折の方を担当している際に、どうも痛みが長引いていて、リハビリテーションを進める上での阻害因子になったということがありました。そこで今回は、大腿骨転子部骨折術後の疼痛について、疼痛管理とリハビリテーションの視 …

サイト内検索

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

学生指導や新人教育向けの資料販売!

実習生や新人教育に自信がない人必見! 基礎教育資料があれば効率よく指導することができます! 知識と臨床を繋げるためのヒントをnoteで販売中!

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.