「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

上肢機能障害

運動失調(協調運動障害)における測定障害と運動分解における治療の考え方

運動失調は協調性運動の障害ですが、今回は測定障害と運動分解における治療の考え方についてまとめていきたいと思います。

運動失調(協調運動障害)における運動開始・停止遅延と反復拮坑運動障害における治療の考え方

運動失調は協調性運動の障害ですが、今回は運動開始・停止遅延と反復拮坑運動障害における治療の考え方についてまとめていきたいと思います。

脳卒中片麻痺者に対する上肢機能訓練における物品選択と難易度設定!

先日、竹林先生のCI療法の講習会に行き、その中で物品選択と難易度調整についての話がありましたので、覚え書きとして、記録しておくことにします。

臨床でブルンストロームリカバリーステージを利用する意義を考える

日本の臨床現場では、脳卒中者に対してブルンストロームリカバリーステージを用いることがほとんどだと思います。しかしながら、ブルンストロームリカバリーステージは、筋緊張、分離運動、筋力・スピードの問題が重なっていることもあり …

脳卒中片麻痺者の学習性不使用が生じる理由と、麻痺が悪くなる理由!

脳卒中片麻痺者では、麻痺側上下肢をいかに使用させるか、またはその使用量を確保させるかが、回復のポイントになります。しかしながら、脳卒中片麻痺者では学習性不使用と呼ばれる、麻痺肢を使用しないことが常態化することもしばしばみ …

脳卒中片麻痺者で手指対立位を促すCMバンド(装具療法)の使い勝手の良さ!!

脳梗塞片麻痺などの方において、手指対立位が作れたら物品操作練習ができるのに。というようなことを思ったことはないでしょうか。今回、手指対立位を実現するCMバンドの紹介と、その使い勝手についてまとめていきたいと思います。

動画でわかる!Fugl Meyer test(上肢)の概要と実施における注意点!

Fugl-Meyer test(フーゲルメイヤーテスト)は、脳卒中後の片麻痺者における身体活動能力を評価する方法です。このテストは標準化されており、リハビリテーションアプローチの戦略やその効果判定に用いることが可能です。 …

脳卒中片麻痺の上肢訓練(自主トレ含む)!お手玉の効果的な用い方!

脳卒中片麻痺者の上肢機能訓練として、作業療法ではお手玉を用いることが頻繁にあります(個人的に)。お手玉は肩や肘、手指の訓練としても利用できるため、その利用価値はかなり高いと考えています。今回、脳卒中片麻痺の上肢機能訓練と …

脳卒中片麻痺と上肢機能訓練・促通:プレーシングについて

片麻痺者の治療において、「プレーシング」という言葉を聞いたことがあると思います。プレーシングとは日本語で「滞空保持」と訳されると思いますが、上肢や下肢を空間内で保持することをさします。これが治療に利用されるのですが、今回 …

手のニューロリハ実践の知識と方法!脳の可塑性を高めるために!

脳卒中のリハビリテーションにおいて、ニューロリハビリテーションの原理原則を理解しておくことは、脳の可塑性を高めることにつながります。脳の可塑性を高めるための、ニューロリハ実践の知識と方法についてまとめていきたいと思います …

1 2 »

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.