リハビリテーション対象者では、ズボンを脱ぎ履きする際に、座位⇄立位や背臥位で行うことが多いと思います。安全かつ手間がかからないのは座位で行う方法かと思うのですが、対象者は座位でのズボン着脱がなかなかうまくいかなかったりします。今回、下衣動作(ズボン着脱)を座位で行うためのリハビリテーションについて、まとめていきたいと思います。

下衣動作(ズボン着脱)を座位で行うためのリハビリテーション

ズボン着脱動作と姿勢

ズボン着脱動作とその姿勢を考えると、大きく3種類に分けることができます。
・座位で行う
・座位でズボン穴に通し、立位で腰まで上げる
・座位(または長座位)でズボン穴に通し、背臥位でお尻を浮かしながら上げる
などが考えられます(脱ぐときは逆の順序)。

リハビリテーション対象者では、立位での動作が不安定な場合は座位(または長座位)と臥床姿勢を利用して行うことが多いです。
しかし、臥床姿勢を利用することは、姿勢の変換に際して努力を要したり、効率が悪かったりすることもあります。
安全面、効率面、努力性を考慮して、対象者に合った動作方法を選択するのが一番なのですが、「座位でズボンの着脱をする」ということが、他の基本動作やADLにつながる可能性があるということを考えると、習得したい、あるいは練習で取り組んでみたい課題にはなります。

座位でズボンを着脱する条件

座位でズボンの着脱を行うには、ズボンが殿部と床面の間を通る必要があります。
そのとき必要になるためのメカニズムは、「体重を一側に荷重しながら殿部を浮かす」ことです。

では、この動作はどのようなメカニズムで成り立っているのでしょうか。

殿部を浮かすために必要なメカニズム

殿部を浮かすためには、多裂筋と腸腰筋の働きが重要です。
多裂筋:椎骨横突起と他の椎骨をつなぎます。体幹の伸展や骨盤の前傾に重要な筋です。
腸腰筋:腸腰筋は、大腰筋と腸骨筋から構成されています。腸腰筋の作用として、股関節の屈曲や外旋、骨盤の前傾があります。

多裂筋と腸腰筋は、坐骨結節の上に股関節が位置するような、「アップライト」と呼ばれるような姿勢を作るのに重要です。

このような姿勢は、多裂筋や腸腰筋の働きにより骨盤が前傾している必要があります。
石井真一郎先生がセミナーでよく話しておられますが、第3腰椎(L3)は腰椎前弯のトップにあり、床面と水平位に保っているのが正常です。
そして、L4、L5は仙骨が傾いた方向と同じ動きをします。例えば、これらが前傾すると、体は前に倒れるので、L3が水平位を保つことで体を正中位に保つことができます。
このことから、L3の安定性と可動性を維持することが非常に重要になります。
また、胸椎を動かす筋はL3についているので、L3が水平位を保てず後ろに傾くと、それより上の筋は正常な働きができずに、胸椎は屈曲してしまいます。
骨盤後傾、胸椎が屈曲しているような姿勢では、体重を一側にかけて殿部を浮かすことは難しくなります。
実際にそのような姿勢を真似して見ると、殿部の浮く高さも違いがはっきり分かると思います。

殿部を浮かすためには、アップライトな姿勢を保ちながら、浮かす側の多裂筋の収縮、荷重がかかる側の腸腰筋の収縮により成し遂げることができます。

座位でズボン着脱を行うためのリハビリテーション

座位でズボン着脱を行うためのメカニズムについては先ほど説明した通りです。
まずはL3を中心として骨盤を前傾させ、坐骨結節の直上に股関節が位置し、第9胸椎の真ん中に重心がくるようなニュートラルなポジションを作るようにします。
もちろん、セラピストが強引に誘導するのではなく、対象者自らの筋収縮を誘導しながら姿勢を作っていきます。
これも石井真一郎先生がよく話されていることですが、骨盤が前傾した位置が、自分にとってニュートラルな姿勢だというようにボディイメージをいかに変えられるかという点もポイントになると思います。

アップライトな姿勢を保った上で、殿部を浮かすための課題を設定していきます。
課題を行っていることが、直接ズボン着脱につながるような練習が望ましいと考えます。
例えば、縄(または紐、弾性包帯)を腰に結び、それを脱いでいく課題などがオススメです。

このとき、前途したように、浮かす側の多裂筋、荷重される側の腸腰筋の収縮を徒手的に誘導することもあるでしょう。

多裂筋や腸腰筋の収縮が必要な課題としては、
・座位での前進・後進(骨盤の動きで歩く)
・座位で骨盤を回す(殿部を持ち上げながらウェイトシフト)
などがあります。
この時のポイントとしては、アップライトな姿勢を保つことが重要です。