最近は写真加工技術もすごくなっていて、自分たちが撮った写真が塗り絵として活用出来るようになっています。今回、思い出の写真を塗り絵にしてリハビリに活用する方法と期待できる効果についてまとめていきたいと思います。

思い出の写真を塗り絵にしてリハビリに活用する方法と期待できる効果

塗り絵の特徴

塗り絵は、子供から高齢者まで、老若男女問わず誰でも経験したことがあるであろう作業活動です。

誰にでも当てはまることですが、塗り絵を行なっている時にはかなり集中して取り組みます。

また、目で見た情報を脳内で処理し、それを色鉛筆などで塗る指の運動が協調しながら作業が進められます。

塗り絵はあらかじめ塗るための枠が設けられていることから、何もない所から書き始める絵画よりは、導入が行いやすい利点があります。

最近は大人のための塗り絵として、かなり線の細い美しい作品も市販されており、作品が出来上がったときの達成感を感じやすいことも特徴です。

出来上がった作品を他者がみることにより、賞賛を得られたりすることもあることから、対象者の自己効力感を高めることにも一役買うことが期待できます。

 

【スポンサーリンク】

塗り絵に期待できる効果

塗り絵と脳のリフレッシュとの関係について、

リラクセーションとレクリエーションは、脳の働きを円滑にし、活性化する。脳が活性化されればストレスのもとをコントロールする力が強まり、その結果ストレスを解消することができる。ストレス解消には脳全体の働きを円滑にする必要があり、毎日たまるストレスに対応するために、毎日の刺激が不可欠である。塗り絵はその条件を満たすものの1つである。

作業療法のとらえかた〈PART2〉 P118

とあります。

ぬり絵の最中の脳の活動に関して、

後頭葉で下絵を見定め、前頭連合野で「ぬる」ことのプランを立て、運動野に指令を出し、身体は「ぬる」という活動を行う。われわれは塗り絵の作業中に、過去にみた名画や色を混ぜたときの記憶も使いながら作業をすすめる。記憶をたどることには側頭葉が働く。また、ぬったところを再確認し、必要なら修正を加え、作品を仕上げていく。このモニターや修正、加筆などには脳のさまざまな部分が使われる。つまり、プランを立てるのに脳の前部・後部が働き、運動をコントロールするのに運動野が、記憶を思い出すのに左右の側頭葉が働き、脳全体が働くことになるのである。

作業療法のとらえかた〈PART2〉 P118

とあります。

また塗り絵を行うとP300(脳波)が増大され、脳機能が活性化される可能性が示唆されたとの報告があります。

 

認知症者と回想法

認知症者に行われるアプローチとして、回想法があります。

回想法について、

回想法とは、昔の懐かしい写真や音楽、昔使っていた馴染み深い家庭用品などを見たり、触れたりしながら、昔の経験や思い出を語り合う一種の心理療法です。1960年代にアメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱し、認知症の方へのアプロ―チとして注目されています。

https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/ninchishou/kaisou.html

とあります。

回想法では過去を振り返りますが、過去を振り返ることは、我々にとってごく日常的なことです。
普段から以前にあった楽しいことを振り返ることで安心したりできると思います。
このような事を通じて、認知症高齢者の心理的安定を図ることが目的となります。

塗り絵と回想法を組み合わせる

この記事を書く際のきっかけになった論文です。

田中 宏明ら「思い出塗り絵」が軽度認知症患者の認知機能、心理機能、及び日常生活面に与える効果 Journal of rehabilitation and health sciences. 2009, 7, p.39-42

この論文に、認知症者に対する思い出塗り絵(写真を画像処理して塗り絵にしたもの)のことが載っていました。

回想法ではテーマに沿って長期記憶を元に対象者に話してもらいますが、それを通じて、

・情動の安定、情動機能の回復
・意欲の向上
・発話回数の増加
・表情などの非言語的要素の表現の増加
・問題行動の軽減
・社会的交流の促進
・他者への関心の増大

などの効果を期待します。

対象者があらかじめもっている写真を画像処理し、それを塗り絵にすることで、塗り絵そのものが回想法のためのテーマになります。

対象者は塗り絵の絵を見ながら、塗り絵を塗りながら、自分の人生を振り返るきっかけになるかもしれません。

「思い出塗り絵」は,対象者が塗り絵に取り組みながら,過去の出来事を思い出し,整理するという要素が含まれているため,ただ単に塗り絵 を塗るよりも前頭葉機能を活性化する活動と考えられる.

田中 宏明ら「思い出塗り絵」が軽度認知症患者の認知機能、心理機能、及び日常生活面に与える効果 Journal of rehabilitation and health sciences. 2009, 7, p.39-42

 

【スポンサーリンク】

 

思い出塗り絵の作成の方法

ウェブサイト上で、自分が持っている写真を簡単なステップを踏むことで塗り絵にすることが可能です。

株式会社パイロットコーポレーションのウェブサイト上で行います。
http://pilot-nurie.jp/

①利用規約に同意
②写真をアップロード
③4つのコントラストから塗り絵を選ぶ
④好きな大きさに印刷する

簡単な4ステップです。

私は、試しに自分の愛車を塗り絵にしてみることにしました。

これが、こんなに立派な塗り絵になります。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加