痛みの原因が筋肉であることはよくあり、痛みがある部位の筋肉が原因であることもあるし、そこから離れている部位が原因で痛みが行っていることがあります。今回、頭頸部の痛みの原因となる筋肉の見つけ方について、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。

頭頸部の痛みの原因筋の見つけ方(関連痛)とストレッチ方法

参考文献

頭頂部の痛みの原因筋の見つけ方

胸鎖乳突筋、板状筋があります。

 

前頭部の痛みの原因筋の見つけ方

胸鎖乳突筋、頭半棘筋、頬骨筋、上唇挙筋、前頭筋があります。

こめかみ部の痛みの原因筋の見つけ方

僧帽筋、胸鎖乳突筋、側頭筋、頭板状筋、後頭下筋群、頭半棘筋があります。

 

【スポンサーリンク】

 

目の痛みの原因筋の見つけ方

胸鎖乳突筋、側頭筋、頸板状筋、後頭下筋群、後頭筋、眼輪筋、僧帽筋があります。

 

副鼻空の痛みの原因筋の見つけ方

胸鎖乳突筋、咬筋、外側翼突筋、眼輪筋、頬骨筋、上唇挙筋があります。

 

耳と顎部の痛みの原因筋の見つけ方

外側翼突筋、内側翼突筋、咬筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋があります。

舌の痛みの原因筋の見つけ方

胸鎖乳突筋、内側翼突筋、顎舌骨筋があります。

歯の痛みの原因筋の見つけ方

側頭筋、咬筋、顎二腹筋、頬筋があります。

 

喉の痛みの原因筋の見つけ方

胸鎖乳突筋、内側翼突筋、顎二腹筋、頸長筋、頬筋、広頸筋があります。

 

側頸部の痛みの原因筋の見つけ方

内側翼突筋、肩甲挙筋、顎二腹筋があります。

後頭部の痛みの原因筋の見つけ方

僧帽筋、胸鎖乳突筋、頭半棘筋、頸板状筋、後頭下筋群、顎二腹筋、側頭筋があります。

後頸部の痛みの原因筋の見つけ方

僧帽筋、多裂筋、回旋筋、肩甲挙筋、頸板状筋、棘下筋があります。

 

ストレッチの目安

ストレッチはゆっくりと60秒以上は行うようにします。これは静的ストレッチの科学的根拠を利用するためです。

 

【スポンサーリンク】