認知症者の主観的QOL評価尺度のひとつに、日本語版DQoL (DQoL-Japanese version)があります。今回、その概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 日本語版DQoL (DQoL-Japanese version)の概要と評価方法、結果の解釈

文献

鈴木 みずえら「日本語版Dementia Quality of Life Instrumentの作成と信頼性・妥当性の検討」日本老年医学会雑誌 42巻4号 (2005:7)

日本語版DQoLの概要

DQoLは1999年、 Brodらによりより開発されたものです。
認知症高齢者本人に直接面接により、本人のQOL評価を定量的に評価することが可能です。
日本語版DQoLは9項目からなり、「自尊感情」「肯定的情動」「否定的情動 (逆転項目) 「所属感」「美的感覚 」の5つの下位尺度から構成されます。
5段階の視覚スケールにより回答してもらいます。

 

日本語版DQoLの評価方法

番号は質問の順番です。
「自尊感情」「肯定的情動」「否定的情動 (逆転項目) 「所属感」に関しては、「あなたは次のことをどれくらい感じましたか」と最初に尋ね、次に「あなたは(下位尺度の項目)をどのくらい感じましたか」と尋ねます。
「美的感覚 」については、「あなたは次のことをどのくらい楽しみましたか」と尋ね、次に「あなたは(下位尺度の項目)をどのくらい楽しみましたか」と尋ねます。
視覚スケールの例です。

f:id:happyhealth:20171117081539p:plain

【スポンサーリンク】

 

自尊感情
9自信がある
10満足する
12何か重要なことをやり遂げた
29あなたはどのぐらい自分で決められますか

肯定的情動
13最近あなたはどのくらい笑うことがありましたか
15楽しい
18元気が良い
21満足する
23期待する
28他の人と冗談を言ったり、笑ったりする

否定的情動
7恥ずかしい思いをする
14怖い
16さみしい
17がっかりする
19腹立たしい
20心配する
22気が重い
24びくびくする
25悲しい
26いらいらする
27はらはらする

所属感
6人の役に立つ
8人から愛される
11人から好かれる

美的感覚
音楽を聴く
自然の音(鳥の声、風の音、雨の音)を聴く
動物や鳥を見る
綺麗な色を見る
雲、空、雨を見る

【スポンサーリンク】

 

日本語版DQoLの結果の解釈

この評価尺度では、質問の意味を理解し、答えることが必要です。
MMSEで13点以上の方が対象となります。
「否定的情動」の11項目 (7, 14, 16, 17, 19, 20, 22, 24, 25, 26, 27) は逆転項目となり、他の回答の得点を逆転し「まったく感じなかった: 5点 」から「非常にたびたび感じた: 1点」として換算します。
得点は、下位概念別の回答の得点を合計し、項目数で割った点数を得点とします。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加