ゲルストマン症候群のリハビリテーションでは、近年はイメージ操作の概念を中心にアプローチが行われています。今回、ゲルストマン症候群に対してはどのようなリハビリ(作業療法)を行うのかについてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

ゲルストマン症候群に対してはどのようなリハビリ(作業療法)を行うのか

ゲルストマン症候群の四兆候と日常生活上の困難さ

ゲルストマン症候群の四兆候といえば、

・左右失認
・手指失認
・失算
・失書

があります。

ゲルストマン症候群では、これらの他にも失行などの高次脳機能障害を合併していることもあります。

また、これらの四兆候から推測される日常生活上の困難さの例としては、

・衣服の左右と自分の身体部位が適応できない(左右失認、イメージの内的回転の障害)
・手指失認による巧緻動作の低下
・地図を頼りに目的地にたどり着けない(進行方向が変わったときに地図を回転させるまたは心的に回転させることが困難)
・買い物で値札を見ても値段がわからない、自動販売機で買い物ができない(失算)
・電話をかけられない(失算(数の概念))
・サインすることができない(失書)

などが考えられます。

詳しくは、以下の記事を参照してください。
ゲルストマン症候群で観察される症状と日常生活上の問題点

 

【スポンサーリンク】

ゲルストマン症候群とイメージ操作の障害

ゲルストマン症候群をイメージ操作の障害だととらえる見方があります。

手指や左右の認知においては、視覚的なイメージの低下やその比較・照合に問題があると考えることができるでしょう。

計算においては、繰り上がりの操作は頭の中でイメージを操作して行っています。

字を書くことについては、自発書字であれば視覚イメージが保たれている必要があります。

このように、ゲルストマン症候群をイメージ操作の障害ととらえることで、障害像が理解しやすくなるのではないでしょうか。

 

ゲルストマン症候群への作業療法アプローチ

ゲルストマン症候群をイメージ操作の障害ととらえると、作業療法アプローチはどのようなものがあるのでしょうか。

文献などを参考にすると、

・ペグを用いた鏡写しの課題
・逆さ文字課題
・立体図形模写
・計算課題
・地図の回転課題

などがあります。

ペグを用いた鏡写しの課題

ペグを用いた鏡写しの課題では、まず正方形のペグ台を用意し、対角線を引きます。

図のように、一つのエリアに挿してあペグに対して、鏡写しになるように逆のエリアにペグを挿していきます。

段階付けとしては、ペグの数、ペグの配置(ペグ同士が近い、遠いなど)に配慮します。

 

【スポンサーリンク】

逆さ文字課題

逆さ文字課題では、図のように、文字を180度回転させて書いていきます。

段階付けとしては、文字の数、文字の様式(ひらがな、カタカナ、数字、漢字)などを組み合わせて行っていきます。

計算課題

計算課題で重要なのは、例えば8+3を頭の中で行う時に、「3を2と1に分けて」、「8+2+1」にすると「11」というように頭の中でイメージしながら行えることです。

文章問題から計算式を導き出すような課題を用いることも、イメージ操作の訓練になります。

あまりリハビリテーションには関係がないですが、このような取り組みは文章の数量化といい、小学校低学年のお子様の計算力を身につけさせるのにはとても良いことだそうです。

地図の回転課題

地図の回転課題では、例えば図のような簡単なものを用意し、矢印の方向に進んでいる時に、三角印の場所にいるとしたら、どのように地図を回せば今実際に向いている方向と同じにできるかということを行ってもらいます。

以下のものを参考にしています。
田中 楓ら「右頭頂葉皮質下出血により,道順障害,構成障害, 失算,失書を呈した一例」認知リハビリテーションVol.16, No.1, 2011
http://jotc50.mas-sys.com/pdf/endai101068.pdf
http://totc23.umin.jp/theme/adoption/pdf/1D-2-3.pdf

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】