膝関節に焦点を当てた評価ツールの概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

膝関節疾患の評価バッテリーの概要と評価方法、結果の解釈

スポンサードサーチ

文献

上杉裕子 ,  藤田君支 ,  中村宣雄 ,  柿本明博 ,  黒田良祐 ,  菅野伸彦 . (2013) 縦断調査による Oxford Knee Score  日本語版の信頼性・妥当性の検証 ,  日本運動器看護学会 誌 . Vol8, 33 – 39.

スポンサードサーチ

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)の概要と評価方法、結果の解釈

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)の概要

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)は、膝関節疾患に焦点を当てた評価ツールです。

このようなある疾患のみに焦点を当てているものを「疾患特異的」と呼びます。

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)は、12の質問から構成され、対象者は自己記入により回答を行っていきます。

各項目は5件法によって評価され、痛みがない、もしくは機能的に良好な状態を「4」とし、痛みが強い、もしくは機能的に状態がよくないものを「0」としています。

スポンサードサーチ

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)の評価方法

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)は質問紙を対象者に配り、対象者はそれに自分で回答(選択肢を選ぶ)していく自己記入式となっています。

質問項目

①通常感じた膝の痛みの程度
②体を洗ったり体を拭いたりする動作の行いやすさ
③車やバス、電車の乗降の行いやすさ
④歩くときの膝の痛みの程度
⑤ご飯を食べた後に椅子から立ち上がる動作での痛みの程度
⑥歩くときにどのくらい足を引きずることがあったか
⑦しゃがみこみ動作の後の立つ動作の行いやすさ
⑧寝ている時に膝の痛みでどのくらい睡眠を妨げらるか
⑨仕事や家事がどの程度妨げられたか
⑩膝折れや、膝の頼りなさをどの程度感じることがあったか
⑪一人で買い物をするときの行いやすさ
⑫階段を降りる動作がどの程度難しかったか

評価表は、以下を参照してください。
http://www.lab.kobe-u.ac.jp/ghs-ihny27/images/Oxford_Knee_Score.pdf

スポンサードサーチ

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)の結果の解釈

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)は、各項目の点数を合計し、総得点を算出します。

スコアは、最低点0(最も状態が良くない)もの〜48点(最も状態が良いもの)となっています。

この評価表を通じて、セラピストは対象者がどのような動作に困難を感じ、また痛みを感じやすいのかを把握することが可能です。

それにより、対象者に合った動作方法の検討やリハビリテーションプログラムを立案することにつながります。

また、アウトカム評価としても利用することが可能です。

スポンサードサーチ

WOMACに準ずる日本語版膝機能評価表の概要と評価方法、結果の解釈

WOMACと準WOMACについて

WOMACとは、Western Ontario and McMaster Universities osteoarthritis indexの略称です。

WOMACは変形性膝関節症・股関節症に対する疾患特異的な評価尺度。構成は疼痛:5項目,こわばり:2項目,機能:17項目の3グループ,計24項目に自記式で回答する。 VASスケールと5段階のLikertスケールがある。

http://www.japanpt.or.jp/upload/jspt/obj/files/guideline/11_gonarthrosis.pdf

とあります。

一方準WOMACは、WOMACに準ずる日本語版膝機能評価表の略称になっています。

準WOMACは、自己記入式の質問紙であり、各設問への回答は5段階の選択肢から成り、最高を5点、最低を1点の評価点とします。

臨床研究などでは、準WOMACの各カテゴリーを組み合わせるような形で評価として使用されていることが多いと思います。

スポンサードサーチ

準WOMACの評価方法

評価項目

痛みについて
①平地を歩くときに、どの程度の痛みを覚えましたか?
②階段を昇り降りするときにどの程度の痛みを覚えましたか?
③夜、床についているとき(就寝中)にどの程度の痛みを覚えましたか?
④椅子に座ったり、床に横になっているときにどの程度の痛みを覚えましたか?
⑤まっすぐに立っているときにどの程度の痛みを覚えましたか?

動作(機能)について(下記の動作が膝の症状のためにどの程度難しく感じるかを答える)
①階段を降りる
②階段を昇る
③椅子から立ち上がる
④立っている
⑤床に向かって体をかがめる
⑥平地を歩く
⑦乗用車に乗り降りする
⑧買い物に出かける
⑨靴下をはく
⑩寝床から起き上がる
⑪靴下を脱ぐ
⑫寝床に横になる
⑬浴槽に出入りする
⑭椅子に座っている
⑮洋式のトイレで用をたす
⑯重いものを片付ける
⑰炊事洗濯など家事をする

評価項目などについては、以下のものを参考にしています。
http://waseda-sport.jp/paper/1405/1405.pdf
https://mchiro.exblog.jp/24021023/

準WOMACの結果の解釈

各カテゴリーにおける各項目の合計点を100点満点に換算したり、総合スコアとして算出することがあるようです。

点数が高いほど、膝の痛みが強かったり、動作に困難さを感じていることがわかります。

スポンサードサーチ

膝痛に関するオススメ記事

 

 

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】