物の名前が言えないときに、安易に失語症と決めつけるのはいけません。そもそも、物品呼称のメカニズムや、物品が呼称できない原因は様々なことが考えられます。今回、物品呼称障害の原因と脳機能のつながりについてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

物の名前が言えない!物品呼称障害の原因と脳機能のつながり!

スポンサードサーチ

MMSEにおける物品呼称の評価

MMSE(Mini Mental State Examination)では、その評価項目の中に物品呼称の問題があります。

①時計を見せて「これは何ですか」
②鉛筆を見せて「これは何ですか」

と、視覚的に確認させてから対象物が何であるのかを答えさせる課題です。

この問題を答えられないときには、どのような障害が考えられるでしょうか、また、物品呼称をするというのは、どのような脳機能とのつながりがあり、どのようなエラーが生じると呼称できなくなるのでしょうか。

MMSEについては以下の記事を参照してください。
MMSEの評価項目と脳機能との関連を解説!詳細評価に繋げるための視点!

スポンサードサーチ

物品呼称されるまでの脳内処理

まずは、物品を視覚的に確認してから、それが何であるかを発声するまでの脳内処理過程を考えていきます。

例えば、時計を見て「時計」と答えるまでの脳内での処理過程を見ていきます。

①時計を視覚的に確認
②視覚連合野で形態、色彩などの情報が分析、統合される
③統合した情報を意味記憶の情報と照合する(下側頭回)
④それが時計である(何であるかか)ことを認知する
⑤前頭葉や帯状回から運動開始の指令
⑥対応する語彙記憶をから音韻像に変換される「ト」「ケ」「イ」という音が左上側頭回に把持される
⑦音を構音するための運動記憶が左下頭頂小葉から呼び出される
⑧運動記憶に照らし合わせて運動連合野、運動野が各筋に指令を出す
⑨構音器官によって発声する

このような脳内処理から発声に至ると考えられています。

このような流れを見ていると、これらのうちどれかが障害されても、物品呼称の障害につながることがわかると思います。

脳内処理の大まかな流れと脳部位とのつながりは下図のようになります。

スポンサードサーチ

視覚性失認による物品呼称の障害

視覚性の失認があると、物品呼称ができなくなります。
その特徴としては、
・見たときだけそれが何であるかわからない
・触ったり、聴覚的な情報があればわかる
・動きの情報からは何であるかを認識できる
などが挙げられます。

視覚性失認に関連する脳内処理として、Whatの経路が挙げられます。

脳内の腹側の流れの障害がWhatの経路の障害になります。

Whatの経路では、視覚情報の統覚と統合から、側頭葉に貯蔵される名前や意味の情報と統合することで、見ている対象物の名称と意味を理解することが可能になっています。
Whatの経路(特に左半球)の損傷があると、視覚性の失認が生じます。

前途した物品呼称までの流れの中では、
②視覚連合野で形態、色彩などの情報が分析、統合される
③統合した情報を意味記憶の情報と照合する
④それが時計である(何であるかか)ことを認知する
に当てはまります。

スポンサードサーチ

意味記憶の障害による物品呼称の障害

意味記憶の障害による物品呼称の障害の特徴としては、
・視覚、聴覚、体性感覚を通しても、それが何かを呼称できない
・発症前に獲得した知識を取り出せなく、また発症後に知識を獲得することも困難
・前頭側頭型認知症に多い
などが挙げられます。

意味記憶障害による物品呼称障害と脳機能のつながりについてです。
物品の意味記憶障害は、両側病変が条件だと言われています。
これは、物品の認識には、
・視覚、体性感覚情報(左半球)
・特徴的な音の情報(右半球)
・特徴把握には言葉にしにくい情報(右半球)
などが必要であり、両側の機能が重要だとされているためです。

具体的な脳部位としては、両側側頭葉先端部になります。

記憶障害については以下の記事も参照してください。
健忘、短期記憶、長期記憶?記憶障害に関係する用語の定義を整理する!
脳卒中治療ガイドライン(2015)とエビデンスから見た記憶障害へのアプローチ!
記憶障害の詳しすぎる評価法やリハビリテーションアプローチを紹介

スポンサードサーチ

失語による呼称障害と感覚限局性の失語による呼称障害

失語による呼称障害では、すべての感覚系からの刺激入力があっても、同じ程度に呼称障害が見られます。

感覚限局性の失語による呼称障害ですが、前途した失認による呼称障害との違いとしては、
・呼称障害を生じる感覚系に刺激を入力しても、意味的連合検査やカテゴリー分類検査は可能
な点が挙げられます。

感覚限局性の失語が生じるメカニズムとしては、
・左半球で、特定の感覚系から意味記憶系への入力障害
・右半球の認知領域が左半球から離断
の2つの条件が重なるときに起こります(下図の1or2と4など)。

失語については以下の記事も参照してください。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】