「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

注意障害の観察評価!BAADの概要と評価方法、結果の解釈!

注意障害の行動評価尺度として、BAAD(Behavioral Assessment of Attentional Disturbance)があります。今回、BAADの概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

注意障害の観察評価!BAADの概要と評価方法、結果の解釈!

スポンサードサーチ

注意障害を勉強したい方にオススメの書籍

スポンサードサーチ

高次脳機能において注意機能はどの段階にあるのか

高次脳機能を考えた場合に、注意機能はどのような立ち位置にあるかをまずは考えていきます。
神経ピラミッドによると、前頭葉機能を基本とした高次脳機能を、土台(底辺)から順に
①神経疲労
②抑制と発動性
③注意力と集中力
④情報処理
⑤記憶
⑥論理的思考力と遂行機能
⑦自己の気づき
という階層的に分けており、より上の階層が働くためには、その下の階層がしっかり働いている必要があるということを示しています。

これに対応する高次脳機能障害としては、
②無気力・脱抑制
③注意・集中力の低下
④情報の処理が遅い、正確に把握できない、脈絡なし、断片的
⑤記憶低下
⑥遂行機能低下
⑦病識欠如
などが挙げられます。

注意機能は主に4つに分類することができます。
①sustained attention
持続してあるいは繰り返して行われる活動の間、 一定の反応行動を持続させる能力。
注意の維持機能を指します。
②selectiveattention
妨害的、拮抗的刺激を抑制し、標的目標に注意を集中して、行動や認知プロセスを維持させる能力。
選択的注意機能を指します。
③alternating attention
異なった認知課題を交互に行う際、刺激あるいは情報処理プロセスへの注意をシフトさせる能力。
注意の転換機能を指します。
④dividedattention
同時に2つ以上の課題に注意を向ける能力。
注意の配分機能を指します。

スポンサードサーチ

BAAD(Behavioral Assessment of Attentional Disturbance)の概要と評価方法

BAADは6項目からなる注意障害の行動評価尺度です。
それぞれの問題行動の出現頻度をもとに、0~3の点数を合計点を算出(0~18点)します。
高点数となるほど注意障害が重症ということになります。

評価項目
1.活気がなく, ボーっとしている。
2.訓練中じっとしていられない, 多動で落ち着きがない。
3.訓練(動作)に集中できず, 容易に他のものに注意が逸れる。
4.動作のスピードが遅い。
5.同じことを2回以上指摘, 同じ誤りを2回以上犯す。
6.動作の安全性への配慮が不足, 安全確保ができていないのに動作を開始する。

評価点
0:全くみられない
1:時にみられる(観察される頻度としては1/2未満、観察されない方が多い)
2:しばしばみられる(観察される頻度としては1/2以上、観察される方が多い)
3:いつもみられる(毎日、毎回みられる)

*原則として、作業療法中の様子を作業療法士が観察評価を行います。
1回の観察場面だけではなく、1週間程度の観察を通して評価点をつけます。

妥当性と信頼性

◆Cronbach’s alfa coefficient:0.81
◆検者内信頼性(作業療法士が2回判定):級内相関係数 0.94(p=0.0001)
◆検者間信頼性(作業療法士と理学療法士の判定):級内相関係数 0.84(p=0.0001)
◆他の机上検査成績との相関係数 PASAT:─0.403(p=0.0001),TMT─A:0.465(p=0.0001) ◆Ponsfordらの行動評価尺度(RSAB)との相関係数 0.918(p=0.0001)

豊倉 穣「注意障害の臨床」高次脳機能研究 第28巻第3号

スポンサードサーチ

BAADの結果の解釈

合計点を算出(0~18点)し、高点数となるほど注意障害が重症ということになります。

BAADは、家族による評価者間の信頼性についても検討されています。

OT場面と家庭場面による評価合計点はほぼ一致し,級内相関係数も高値を示した.
つまりBAADは良好な検者間信頼性を有し,OT場面に限定せず家庭での行動観察からも注意障害に関して有用な情報が得られることを示唆している.

豊倉 穣他「家族が家庭で行った注意障害の行動観察評価-BAAD (Behavioral Assessment of Attentioal Disturbance)の有用性に関する検討-」Jpn J Rehabil MedVOL. 46 NO. 52009

BAADにより評価するものとして、

BAADは高次の複雑な情報処理に関連した機能ではなく,低次の注意機能を反映するものと考えられている.
高次の情報処理ほどその背景にある認知機能も複雑となり,行為や行動の観察から注意機能の関与を見極めるのに専門知識が必要となる.

豊倉 穣他「家族が家庭で行った注意障害の行動観察評価-BAAD (Behavioral Assessment of Attentioal Disturbance)の有用性に関する検討-」Jpn J Rehabil MedVOL. 46 NO. 52009

としています。

スポンサードサーチ

注意障害に関するオススメ記事

 

 

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.