摂食機能評価では、口腔器官の形態やその機能状態を把握することが重要です。また、それらが姿勢筋緊張、感覚に対する反応性などとの関連から理解される必要があります。今回、発達障害と摂食機能評価の視点について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

発達障害と摂食機能評価の視点

スポンサードサーチ

文献

スポンサードサーチ

摂食機能の評価:姿勢筋緊張

摂食では、頭部、体幹、肩甲帯の異常姿勢運動のパターンに強く影響されます。
ATNR(非対称性緊張性頸反射)の出現は、頸部前面筋の左右のバランスが崩れ、それが舌骨の上方への移動を妨げ、嚥下を難しくします。
姿勢筋緊張の亢進は、口腔の動きを制限します。
頸部伸筋の過緊張は頭部後屈を生じさせ、下顎が開いたままになります。
そのため舌の突出か後退が起こります。
屈筋群の過緊張では、下顎を固く咬み、口を開けるために頭部後屈を利用します。
これでは内舌筋の運動が低下し、口腔内での食べ物の移動がスムーズでなくなります。
屈筋・伸筋どちらの場合も、口輪筋の短縮、吸啜、咀嚼、嚥下時に口唇を閉じておくことが困難になります。

姿勢筋緊張低下は体幹や抗重力伸展位の保持が困難となります。
これは運動性をさらに低下させます。
下顎、口唇、頬筋の収縮を維持できず、食器を下唇で受けて保持することが困難になります。
また、食べ物の取り入れや咀嚼、嚥下も低下します。

姿勢筋緊張の動揺は、動作の関節可動域の中間でコントロールを困難にします。
口を開けようとすると下顎を大きく開けてしまいます。
舌で水を保持することが難しく、嚥下を呼吸パターンに合わせられず嚥下するとむせてしまうことがあります。
各器官のタイミングが合わせられず、唇や舌を噛んでしまうことが多くなります。
頭部のコントロール低下は、流涎や舌や口唇の独立した運動の低下、呼吸困難などとも関係します。

スポンサードサーチ

摂食機能の評価:触覚への反応性

口腔周辺の過敏性は、歯磨きや涎を拭かれることでも嫌うことがあります。
触覚への過敏性は、異常筋緊張と関連しやすく、全身の伸展パターンを誘発することがあります。
このような場合抗重力姿勢を崩しやすく、口唇や下顎、舌の選択的な動きの制限につながります。
触られることに敏感な場合、味覚や温度に敏感な傾向にあり、偏食につながることがあります。

スポンサードサーチ

摂食機能の評価:反射活動

口腔反射は哺乳に有利であっても、摂食にとっては邪魔になります。
口腔機能評価では、どのような原始反射が優勢で、それがどのような機能を邪魔しているかを把握する必要があります。

探索反射

探索反射は生後すでに出現し、約3ヶ月で消失するとされています。
探索反射は触れられた方向へ首を向け、口唇で刺激源を探すものです。
これにより母親の乳房の探索が行いやすくなりますが、触覚優位のままだと、視覚や聴覚が機能しにくくなり、食べ物を認識し、口に取り込むまでの準備が出現しにくくなります。
反射は頭を後屈させての開口を習慣化させるため、口唇、下顎、舌の非対称の原因となります。

スポンサードサーチ

吸啜、嚥下反射

この反射は生後すでに出現しており、2〜5ヶ月くらいに消失するとされています。
この反射は探索反射とともに働き、指や乳首が口唇に触れると、反射的に吸啜運動が起こります。
数啜と嚥下は初期では分離しておらず、吸ったものをすぐ飲み込みますが、舌と顎の独立した動きが見られるようになると、吸ったものを口の中にとどめることができるようになります。
反射の残存は、舌の突出が頻繁になり、選択的な舌の動きや閉口を困難にし、むせやすくなります。

咬反射

この反射は3〜5ヶ月くらいの間に消失するとされています。
歯茎部分を触ると誘発される下顎の反射です。
この反射の残存は、下顎や舌の動きが制限され、ものの随意的な咀嚼が困難になります。
緊張性咬反射は健常児ではみられませんが、脳障害児にはよくみられます。

スポンサードサーチ

嘔吐反射

嘔吐反射は舌や硬口蓋の奥を触ると誘発される反射です。
初期では食べ物の流入を防ぐ役割があります。
嘔吐反射は生涯残存しますが、咀嚼の始まる時期(7ヶ月頃)には刺激部位が口腔奥の一部に限られてきます。
口腔内触覚の過敏性とも関連し、反射の誘発は誤嚥の危険性が高くなります。

スポンサードサーチ

発達に関するおすすめ記事

子供の運動機能の発達!歩行獲得までの発達段階と順序について!

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】