今回、全失語の特徴と症状、コミュニケーション改善のための関わり方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

 全失語の特徴と症状、コミュニケーション改善のための関わり方

スポンサードサーチ

文献

スポンサードサーチ

失語に関するおすすめ記事

スポンサードサーチ

全失語の特徴と症状

全失語は、広い範囲での左中大脳動脈領域損傷の急性期ではよくみられる症状です。
また、左半球において2つ以上の小さな損傷がある場合にも全失語を呈することがあります。

全失語では、すべての言語手段(理解と表出)がはっきりと損なわれています。
対象者は、話すことは難しいですが、話そうとする意欲は保たれています。

発話は自動装置様(「はい」、社会的挨拶、罵倒語)や、反復会話に限定されるかもしれません。
数かぞえや曜日の呼称、馴染みのある歌詞などの反復発話に限られます。
また、とある状況でのみ出現し、繰り返されることはないような偶発的な発話もみられることがあります。

初期段階では、他者を理解するために顔の表情や声のイントネーション、前後関係の手がかりなどに依存しているように思えます。
単純な動作命令に対して従命できる場合もあることもあります。
状況理解がよく、ジェスチャーや言葉の抑揚、表情からこちらの意図を読み取ってくれる場合も少なくはありません。
意識清明な対象者は、実際よりも良好な理解があるともされています。
欲求不満の耐性は対象者の自己認識によって異なります。

読みは馴染みの名詞と動詞に限られ、書字は一文字や一頁上に書かれたでたらめで複雑な線のようになります。
自分の名前や数字については次第に改善される可能性もあります。

スポンサードサーチ

全失語の責任病巣と脳画像

まずは、どの部分が損傷を受けると、どのような症状が生じるのかを理解していきます。

上図において、緑色で囲まれている部分は換語困難が生じる可能性がある脳部位になります。
また、緑色で囲まれている部分において、さらに水色で囲まれている部分は単語の意味理解の低下が生じる可能性のある部分になります。
さらに、赤色で囲まれている部分は失構音、ピンク色で囲まれている部分は音韻性錯誤が生じる可能性がある部位になります。

全失語は、ブローカ領域やウェルニッケ領域といった、前方と後方の領域にまたがる病巣においてみられることが多くあります。
他のパターンとしても、
・中心前回下部(失構音)、中・下前頭回後部(換語障害)、中心後回下部、縁上回(音韻性錯誤)、中前頭回(単語の意味理解障害)
・中心前回下部(失構音)、上側頭回後部、中・下側頭回(換語困難)、中心後回下部、縁上回(音韻性錯誤)、上側頭回後部、中側頭回(単語の意味理解障害)
といった病巣が考えられます。

次に、これらの部位を脳画像を通して確認していきます。

スポンサードサーチ

全失語のリハビリテーション促進のための手がかり

基本的には、簡単で明確な言語構造と徒手的な手がかりを用いるようにします。
指示は直接的で短いものにします(「左手ではなく右手を使って」→「まずは右手」)。
多くの言語を用いると混乱を招いてしまうため注意が必要です。
支援者は、コミュニケーションにおいて表情やジェスチャーが対象者の理解を促すことを意識しておく必要があります。
コミュニケーション促進のために視覚的な促しやキーワードの使用は会話参加のためには不可欠なものとなります。
作業遂行では目標と手順を1つか2つに限定し、休憩を適宜とること、延長時間を許すこと、日課の設定は行われる必要があります。

スポンサードサーチ

特徴と症状、コミュニケーション改善のための関わり方(まとめ)

症状コミュニケーション改善のためのガイドライン
発話のすべての面が重度に障害される
自動的なものに限定された発話(「はい」「OK」)
復唱不可
自発的に音声を出せない
ジャーゴンがある可能性あり
聴理解は本人に強く関連したものに限定何もしていない時理解してるように見える
黙読は自身の名前の認知に限定
音読不可
書字不可
社会的手がかりに気づきや依存することが保たれる場合あり
視覚的手がかりを用いる
絵画
ジェスチャー
表情、しぐさ
標識と信号
文の中で重要な単語を強調
刺激を個人に関連したものにする
様々なコミュニケーションの方法を考える
社会的な会話や歌の活動に参加する
発話活動を行う(数かぞえなど)
何かについて話すよりは、一緒に活動することに重点を置く

スポンサードサーチ

さらに詳しい解説を動画で確認

チャンネル登録よろしくお願いします⇨https://bit.ly/37QHaWc

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

各病院や施設は、全ての求人情報サイトに登録する訳ではないので、複数登録する事で より多くの求人情報に触れる事ができます。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】