小脳が損傷を受けると、失調症状が生じます。しかし、失調症状は小脳の問題だけではなく、他の部位の損傷によっても生じることがあります。今回、小脳の機能解剖と脳画像の読み方や失調症状はなぜ起こるのかについてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

小脳の機能解剖と脳画像の読み方!失調症状はなぜ起こるのか!

スポンサードサーチ

小脳系を学ぶのにおすすめの書籍

スポンサードサーチ

小脳や脳画像に関するおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

運動が実行されるまで

運動が実行されるまでの流れをおおまかにみていきましょう。
感覚→知覚→認知→評価→行動計画→運動プログラム→運動発現
だいたい、このような流れにより運動が実行されるとされています。

運動の企画やプログラムの段階では、
大脳皮質連合野→補足運動野ー大脳基底核→視床
→運動前野ー小脳→視床
というような流れが存在します。
補足運動野(6野)では大脳基底核とのつながりがあり、
運動前野(6野)では小脳とのつながりがあります。

運動企画やプログラムに問題があると、運動がスムーズでなくなる(ぎこちなさ)ことにつながります。

スポンサードサーチ

運動企画やプログラムにおける大脳基底核の役割

大脳基底核は、運動企画やプログラムにおいての役割としては、簡単に言うと、
・スタートやストップ
・動作手順
などに関与しています。

尾状核や被殻の前方と前頭前野、中脳腹側被蓋野との機能的連結により、
特に順序づけられた行動(遂行機能)の制御や、行動の発現や変換(実行と非実行の選別)、
自由意志の決定の制御や報酬予測を担っていると言われています。

http://gifunousocchuureha.blog.fc2.com/blog-category-2.html

大脳基底核はダムのような役割があり、基本的な働きは抑制(ブレーキ)です。
脳から送られてくる様々な情報をダムのごとく一度溜めて、必要な情報のみを流すような役割があります。

大脳基底核が損傷を受けると、記憶誘導性の運動(記憶を元にした動作手順)の選択ができなくなり、効率的な運動が妨げられます。
また、不必要な運動にブレーキをかけられなくなることから、動作中に不要な運動が生じたり、急に動き出すといった現象がみられます。

大脳基底核についてはこちらの記事も参照してください。

 

スポンサードサーチ

運動企画やプログラムにおける小脳の役割

小脳は、運動企画やプログラムにおいての役割としては、簡単にいうと、
・随意運動の協調性に関わっています。
随意運動の協調性を構成する要素としては、
・時間的秩序(筋出力のタイミング)
・空間的秩序(運動に用いる筋肉の選択と組み合わせ)
・強さの配列(出力の程度)
になります。
これをもう少し分かりやすく言うと、
・どの筋肉を用いるか(空間的)
・筋肉をどの程度働かせるか(強さの配列)
・いつ働かせるか(時間的)
ということになります。

運動時に筋肉の組み合わせに問題があれば方向にずれが生じますし、筋出力の程度に問題があれば揺れは増強します。また筋肉を働かせるタイミングに問題があれば運動が大きすぎたり小さすぎたりすることもあります。
小脳は、運動前野とのつながりにおいて、上記のような協調的な運動をプログラムする役割があります。

スポンサードサーチ

協調的な運動を実現するための機能解剖的知識

協調的な運動が実現するためには、小脳と運動前野の働きが重要であることがわかりました。
ここで、協調的な運動を実現するために、脳内においてどのような情報の伝達が行われているのかを確認していきます。

大まかな流れを見ていきます。
運動前野→前頭橋路(内包前脚)→橋核
↓(対側へ)
中小脳脚→、苔状繊維、プルキンエ繊維、大脳小脳→歯状核→上小脳脚
↓(対側へ)
赤核→視床→運動野→皮質脊髄路→脊髄前核→筋肉
となります。

この流れをみていると、例えば左の上肢の協調性を実現するためには、
「運動前野→前頭橋路(内包前脚)→橋核」は右の脳で情報が処理され、
「中小脳脚→、苔状繊維、プルキンエ繊維、大脳小脳→歯状核→上小脳脚」は左の脳で処理され、
「赤核→視床→運動野→皮質脊髄路→脊髄前核→筋肉」は右の脳で処理されることがわかります。
このことから、「中小脳脚→、苔状繊維、プルキンエ繊維、大脳小脳→歯状核→上小脳脚」という、小脳部の損傷はは、同側に四肢に協調性の問題を生じさせることがわかります。

スポンサードサーチ

小脳障害を読み解くための脳画像の見方(小脳脚)

小脳障害を見ていくためには、脳画像における橋(上部)、橋(下部)、延髄におけるスライスレベルを確認する必要があります。

橋上部

上小脳脚が確認できます。

スポンサードサーチ

橋下部

中・下小脳脚が確認できます。

延髄部

下小脳脚が確認できます。

スポンサードサーチ

小脳障害を読み解くための脳画像の見方(小脳皮質)

小脳皮質は、
・大脳小脳(新小脳)皮質部
・脊髄小脳(旧小脳)虫部・中間部
・前庭小脳(古小脳)片葉小節葉
に分けらることができます。

スポンサードサーチ

大脳小脳(新小脳)皮質部

大脳小脳は、随意運動の調節や組み立て、またフィードフォワード機能に関与しています。
いわゆる四肢の協調運動障害に関与します。
小脳の歯状核とのつながりがあります。

脊髄小脳

脊髄小脳は、近位筋・遠位筋の運動実行やフィードバック機能に関与しています。
いわゆる体幹失調に関与します。
小脳の室頂核とのつながりがあります。

スポンサードサーチ

前庭小脳

前庭小脳は姿勢維持や眼球運動の調節に関与しています。
いわゆるバランス障害や眼振に関与します。

小脳皮質と小脳核の脳画像

これは橋上部レベルのスライスです。

脊髄小脳は、橋の外側部とおおよそ同じくらいの幅であると覚えておくとよいと思います。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】