大腿骨転子部骨折においてはCHS(SHS)、γ-nail(SFN)などが選択されますが、その違いは理解できているでしょうか。今回、リハが知るべき大腿骨転子部骨折の手術(CHS(SHS)、γ-nail(SFN))の特徴と違いについてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

リハが知るべき大腿骨転子部骨折の手術(CHS(SHS)、γ-nail(SFN))の特徴と違い!

スポンサードサーチ

大腿骨近位部骨折や股関節についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

大腿骨転子部骨折の分類

上図を見ると、大腿骨近位部における骨折は、上から大腿骨頭骨折、大腿骨頚部骨折、大腿骨転子部骨折、大腿骨転子下骨折に分けることができます(大・小転子骨折は記載せず)。

今回は大腿骨転子部骨折の話が中心ですが、転子部骨折の分類にはEvans分類が用いられます。

出典:大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドライン (改訂第2版)

エックス線単純写真正面像で内側骨皮質の損傷の程度,整復操作を行った場合の整復位保持の難易度により分類する.
Type 1は主骨折線が小転子近傍から大転子の方向へ向かう骨折であり,Type 2は主骨折線が小転子近傍から外側遠位に向かう骨折である.
Type 1で転位がなく内側皮質の粉砕がない骨折(group 1)と,転位はあるが内側皮質の粉砕が軽度で整復の容易な骨折(group 2)とは安定型骨折とされる.
転位があり内側骨皮質の粉砕で整復位保持が困難な骨折(group 3)と粉砕が高度な骨折(group 4)は内反変形を生じやすい.Type 1のgroup 3・4とType 2を合わせて不安定型骨折とされる.

大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドライン (改訂第2版)

術後のレントゲン写真において、内側皮質骨の連続性が保たれているのであれば早期荷重が可能になります。
一方、内側皮質骨の連続性が保たれていない(不安定型)場合、疼痛が大きく、術後のリハビリに難渋する人が多い傾向にあります。

スポンサードサーチ

CHS(SHS)の特徴

CHS(compression hip screw)又は、SHS(sliding hip screw)は、大腿骨転子部骨折における骨接合術で使用されるものです。

CHSは安定型骨折において良好な固定が得られやすいという利点があります。

構造としては、骨頭部を固定するラグスクリューと遠位部を固定するチューブプレートから構成されています。

ラグスクリューのスライディング機構は、荷重時にスライドすることで骨折部を圧着させるため、癒合しやすくなるというメリットがあります。

出典:http://www.mizuho.co.jp/pnet/orthopedic_surgery/upload/e738612fade12b263b38b726702a19f2.pdf

スポンサードサーチ

γ-nail(SFN)の特徴

γ-nail(short femoral nail(SFN))は、髄内釘とラグスクリューが組み合わさったものです。

ネイルをラグスクリューが貫通して大腿骨頭に入り、固定する仕組みになっています。

ネイルの遠位部はねじ止めできるようになっています。

骨折線が遠位に広がる場合、長いネイルが用いられることがあります。

ラグスクリューにはスライディング機構がありますが、CHSと比較するとスライドしにくいとされています。

 

スポンサードサーチ

ラグスクリューの至適位置

ラグスクリューの至適位置は、
・正面のレントゲン像で骨頭頚部内下方
・側面像で骨頭頚部中央
・骨頭軟骨下骨近傍の深さ
だとされています。

至適位置にはTAD(Tip Apex Distance)が用いられます。

エックス線単純写真正面像および側面像で骨頭の頂点からラグスクリュー先端までの距離を測定する.
ラグスクリュー径を基準にエックス線写真の拡大率を補正して,真の距離を算出する.
正面像と側面像から求めた距離の合計をTADとする.
TAD値が20以下になるとラグスクリューのcut outの危険性が低くなる.
ラグスクリューの真の直径をDtrueとすると,TAD値は以下の計算式で求められる.

大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドライン (改訂第2版)

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!