リハビリテーション提供においては、算定日数を越えた場合基本的には診療報酬が減額されますが、除外基準があり、条件を満たす場合には算定日数を越えても従来通りのリハビリテーション提供料で実施が可能になります。今回、算定日数を超えたリハビリの実施として、除外の基準を確認していきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

算定日数を超えたリハビリの実施-除外の基準を確認-

スポンサードサーチ

算定日数越えとリハビリテーション提供について

医療機関でのリハビリテーション提供においては、各疾患ごとに算定日数が定められています(各疾患別リハビリテーションの標準的算定日数)。

この標準的算定日数を越えた場合、リハビリテーション提供は13単位/月と大幅に減少します。

患者様にとってはリハビリテーション実施時間が大幅に減少するので、不安を覚える方も少なくはありません。

我々セラピストは、入院中から患者様が自ら率先して自主トレを行えるような環境づくりを提供する事がが求められています。

スポンサードサーチ

算定日数を越えても算定日数の期間と同様に算定できる場合

各疾患別リハビリテーションの標準算定日数を越えても、その期間と同様に算定できる場合があります。

  • 別表第九の八に掲げる患者であって治療を継続することにより状態の改善が期待できると医学的に判断される場合
  • 治療上有効であると医学的に判断される場合(別表第九の九)

これらに該当する場合です。

スポンサードサーチ

別表第九の八

別表第九の八について詳しく見ていきます。

  • 失語症、失認及び失行症の患者
  • 高次脳機能障害の患者
  • 重度の頚髄損傷の患者
  • 頭部外傷及び多部位外傷の患者
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者
  • 心筋梗塞の患者
  • 狭心症の患者
  • 軸索断裂の状態にある末梢神経損傷(発症後一年以内のものに限る。)の患者
  • 外傷性の肩関節腱板損傷(受傷後百八十日以内のものに限る。)の患者
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料を算定する患者
  • 回復期リハビリテーション病棟において在棟中に回復期リハビリテーション病棟入院料を算定した患者であって、当該病棟を退棟した日から起算して三月以内の患者(保険医療機関に入院中の患者、介護老人保健施設又は介護医療院に入所する患者を除く。)
  • 難病患者リハビリテーション料に規定する患者(先天性又は進行性の神経・筋疾患の者を除く。)
  • 障害児(者)リハビリテーション料に規定する患者(加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病の者に限る。)
  • その他別表第九の四から別表第九の七までに規定する患者又は廃用症候群リハビリテーション料に規定する患者であって、リハビリテーションを継続して行うことが必要であると医学的に認められるもの

https://www.pt-ot-st.net/contents4/medical-treatment-30/520

上記に該当する対象者(別表第九の八第一号)で、治療を継続することにより状態の改善が期待できると医学的に判断される場合には、算定日数を越えても算定日数の期間と同様に算定できることになります。

また、

  • 先天性又は進行性の神経・筋疾患の患者
  • 障害児(者)リハビリテーション料に規定する患者(加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病の者を除く。)

について(別表第九の八第二号)は、治療上有効であると医学的に判断される場合、算定日数を越えても算定日数の期間と同様に算定できることになります。

なお、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病とは、

介護保険法第7条第3項第2号に規定する特定疾病であり、以下のものがあります。

  • がん【がん末期】
  • 関節リウマチ
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靱帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 初老期における認知症
  • 進行性核上性麻痺、
  • 大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病 【パーキンソン病関連疾患】
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症 早老症
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

https://www.pt-ot-st.net/contents4/medical-treatment-30/520

スポンサードサーチ

除外基準でリハビリテーションを継続して行うために必要なこと

別表第九の九第一号

別表第九の八第一号に規定する患者で、治療を継続することにより状態の改善が期待できると医学的に判断される場合は、継続することとなった日を診療録に記載することと併せ、継続することとなった日およびその後 3 か月に1回以上リハビリテーション実施計画書を作成し、患者又は家族に説明の上交付するとともにその写しを診療録に添付することが必要です。

その際、リハビリテーション実施計画書には以下の事が含まれている必要があります。

これまでのリハビリテーションの実施状況(期間及び内容)
前3か月の状態との比較をした当月の患者の状態
将来的な状態の到達目標を示した今後のリハビリテーション計画と改善に要する見込み期間
下に記す指標を用いた具体的な改善の状態
○機能的自立度評価法(Functional Independence Measure 以下「FIM」
○基本的日常生活活動度(Barthel Index 以下「BI」
○関節の可動域
○歩行速度及び運動耐用能力

などの指標を用いた具体的な改善の状態等を示した継続の理由などを記載したものであること。
ただし、リハビリテーション実施計画書を作成した月にあっては、改善に要する見込み期間とリハビリテーション継続の理由を摘要欄に記載したうえで、当該計画書の写しを添付することでも差し支えない。
なお、継続の理由については、具体的には次の例を参考にして記載するこ
と。

本患者は、2008 年 9 月 21 日に脳出血を発症し、同日開頭血腫除去術を施行した。右片麻痺を認めたが、術後に敗血症を合併したため、積極的なリハビリテーションが実施できるようになったのは術後 40 日目からであった。2009 年 2 月中旬まで 1 日 5 単位週 4日程度のリハビリテーションを実施し、BI は 45 点から 65 点に改善を認めた。3 月末に標準的算定日数を超えるが、BI の改善を引き続き認めており、リハビリテーションの開始が合併症のために遅れたことを考えると、1 か月程度のリハビリテーション継続により、更なる改善が見込めると判断される。

https://www.khosp.or.jp/files/pdf/document/rehabilitation_manual.pdf

スポンサードサーチ

別表第九の九第二号

別表第九の八第二号に規定する患者で、患者の疾患、状態等を総合的に勘案し、治療上有効であると医学的に判断される場合は、継続することとなった日を診療録に記載することと併せ、継続することとなった日及びその後 3 ヶ月に1回以上、リハビリテーション実施計画書を作成し、患者又は家族に説明の上交付するとともにその写しを診療録に添付することが必要です。

その際、リハビリテーション実施計画書には以下の事が含まれている必要があります。

これまでのリハビリテーションの実施状況(期間及び内容)
前3か月の状態とを比較した当月の患者の状態
今後のリハビリテーション計画等について記載したものであること。

https://www.khosp.or.jp/files/pdf/document/rehabilitation_manual.pdf

 

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

各病院や施設は、全ての求人情報サイトに登録する訳ではないので、複数登録する事で より多くの求人情報に触れる事ができます。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】