炎症期後の運動時痛の原因や、評価としての自・他動運動での違い、リハビリでの対応方法等についてまとめています。

炎症期後の運動時痛、なぜ生じる?自・他動運動での違いは?リハビリでの対応方法は?

スポンサードサーチ

疼痛についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

疼痛の分類

  • 急性疼痛と慢性疼痛
  • 急性疼痛は生体への警告信号として働く生理的な痛み
  • 慢性疼痛は治療に要すると期待される期間の枠を超えて持続する痛み
  • 慢性疼痛は急性疼痛を繰り返す慢性疼痛と難治性慢性疼痛に分類される
  • 痛みの発生源により侵害受容性、神経障害性、痛覚変調性に分類される

スポンサードサーチ

運動時痛とは

  • 術後の炎症期には、侵害受容性疼痛が生じる
    ⇨組織損傷を引き起こす機械刺激や熱刺激、炎症反応で産生された化学物質により末梢神経の侵害受容器が刺激され生じる痛み
  • 炎症所見(発赤、腫脹、熱感、疼痛、機能障害)の確認
  • 局所の圧痛の確認
  • 炎症期を脱した後にも、運動時痛のみ生じる場合がある

スポンサードサーチ

運動時痛はなぜ生じるか

  • 運動時痛の種類
    ⇨他動運動時痛
    自動運動時痛
  • 他動運動による疼痛
    ⇨最終域でのみ疼痛が生じる場合、関節拘縮による疼痛

*最終域までに疼痛が生じる場合、不活動による疼痛や骨粗鬆症による影響も考慮する

  • 不活動による疼痛
    ・関節の不動状態が続くと、疼痛閾値の低下につながる可能性がある
  • 骨粗鬆症による影響
    ・骨粗鬆症性変化は疼痛を増強させる可能性が考えられている

  • 自動運動による疼痛
    ⇨筋収縮時の疼痛によるもの

・筋スパズムによるもの

・筋や腱鞘等の病変(上腕骨外側上顆炎等)によるもの

スポンサードサーチ

他動運動による疼痛がある場合のアプローチ

  • 皮膚癒着や伸長性低下
    ⇨術部周辺の皮膚の操作
  • 関節包の癒着や短縮(急に硬いend feel)
    ⇨低負荷で長時間のストレッチ(徐々に増加するend feel)
  • 筋や腱の短縮、筋膜の癒着
    ⇨静的ストレッチ
  • 関節包内運動の障害(さまざまなend feel)
    ⇨関節包のストレッチやモビライゼーション

スポンサードサーチ

筋スパズムの特徴

  • 筋攣縮(スパズム)では圧痛がみられることが多い
  • 筋攣縮(スパズム)は脊髄反射によって持続的な痙攣状態となり、筋肉を短縮位にしても伸張位にしても筋緊張が高い
  • 筋攣縮(スパズム)では筋力低下が認められる
    ⇨筋肉生理的機能障害によるもの
  • 血管スパズムも伴うため静脈還流が滞り、筋内圧の上昇が認められる
  • 疼痛が生じやすく、筋が収縮するとさらに痛みが増強される

スポンサードサーチ

筋攣縮(筋スパズム)に対するアプローチの考え方

  • 関節固定(等尺性収縮)
    ・関節を固定するような収縮様式(等尺性)では、筋肉の両端についている腱が筋肉をお互いに引き(綱引きのような感じ)、筋収縮した分の足りない長さ
    は、筋腱移行部が担い、伸張刺激が入る
  • b抑制
    ・等尺性収縮を行うと、筋腱移行部に伸張刺激が入る
    ・筋腱移行部への伸張刺激は、ゴルジ腱器官に加わり、Ⅰb繊維に興奮が伝わる
    ・脊髄において抑制性介在ニューロンを経由し、その筋のα運動繊維を抑制し、同時に拮抗筋のα運動繊維を興奮させる
  • 筋ポンプ作用
    ・筋収縮を行うことで、筋ポンプ作用が働く
    ・筋ポンプ作用は、筋肉の血液循環やリンパ還流を良くし、筋緊張、浮腫の改善や発痛物質の軽減に有効となる



呼吸療法認定士の資格を取りたい方は必見

呼吸療法認定士の資格勉強は隙間時間にするのがコツです。

呼吸療法認定士 eラーニング講座

スキマ時間勉強ならリハノメ

PTOTSTのためのセミナー動画が見られます。

各分野のスペシャリストが登壇しているので、最新の知見を学びながら臨床に即活かす事が可能です。

セミナーあるあるですが、、、メモ取りに夢中になり聞き逃してしまった。

なんてことはなくなります。何度でも見返す事が可能だからです。

高額なセミナー料+交通費、昼食代を支払うよりも、スキマ時間を見つけて勉強できる「リハノメ」を試してみるのも良いのではないかと思います。

臨床で差をつける人は皆隠れて努力していますよ。

長い期間で契約したほうが、月額が安くなります。

PT.OT.STのための総合オンラインセミナー『リハノメ』

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

各病院や施設は、全ての求人情報サイトに登録する訳ではないので、複数登録する事で より多くの求人情報に触れる事ができます。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】