「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 発達障害

発達障害

発達障害と摂食機能評価の視点(姿勢筋緊張、反射)

摂食機能評価では、口腔器官の形態やその機能状態を把握することが重要です。また、それらが姿勢筋緊張、感覚に対する反応性などとの関連から理解される必要があります。今回、発達障害と摂食機能評価の視点について、文献を参考にまとめ …

正常発達と口腔機能!口腔機能と手や口との協調性の視点から!

発達障害の支援において、正常の口腔機能を理解しておくことが重要になります。今回、正常発達と口腔機能について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

子供の発達と摂食機能!哺乳、コップでの飲み方、スプーンでの摂取!

今回、子供の摂食機能の発達について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

赤ちゃんの発達の目安と子どもの発育の遅さ!1歳以降の発達遅滞のチェックポイント

今回、赤ちゃんの発達の目安とこどもの発育の遅さとして、1歳以降の発達遅滞のチェックポイントを表にまとめていきます。

赤ちゃんの発達の目安と子どもの発育の遅さ!0〜1歳の発達遅滞のチェックポイント

今回、赤ちゃんの発達の目安とこどもの発育の遅さとして、0〜1歳の発達遅滞のチェックポイントを表にまとめていきます。

ものの握り方の発達過程や利き手が決定するまでの発達過程

今回、ものの握り方の発達過程や利き手が決定するまでの発達過程について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

赤ちゃんの発達の目安!上肢機能の発達!

新生児の上肢機能の発達について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

赤ちゃんの発達の目安!視覚機能の発達!

新生児の視覚機能の発達について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

赤ちゃんの発達の目安!姿勢・ 移動運動の正常発達(12ヶ月)!歩行の獲得!

発達障害において 、 姿勢や運動上のつまづきに対処するには、正常発達を知っておくことが大切です。今回、歩行獲得に向けた、姿勢・ 移動運動の正常発達(12ヶ月)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

赤ちゃんの発達の目安!姿勢・ 移動運動の正常発達(9〜12ヶ月)!伝い歩きに向けて!

発達障害において 、 姿勢や運動上のつまづきに対処するには、正常発達を知っておくことが大切です。今回、伝い歩きの獲得に向けた、姿勢・ 移動運動の正常発達(9〜12ヶ月)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

1 2 3 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.