「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 認知症

認知症

踏み間違い事故はなぜ起こる?高齢者・認知症者との関連性、予防について

直近ではニュースにはあまり出てきませんが、最近まで自動者の踏み間違い事故が話題になっていました。ここ最近は煽り運転の陰に隠れている印象でしたね。踏み間違いは、高齢者・認知症者のみに起こるのでしょうか、また、そのメカニズム …

認知症のQOL評価:おだやかスケールの概要と評価方法、結果の解釈

認知症のQOL評価のひとつに、おだやかスケールがあります。今回、おだやかスケールの概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

認知症のQOL評価:DHCの概要と評価方法、結果の解釈

認知症者のQOL評価のひとつに、DHC(Dementia Happy Check Home Care Version)があります。今回、その概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

BPSDの評価:阿部式BPSDスコアの概要と評価方法、結果の解釈

BPSDの評価尺度のひとつに、阿部式BPSDスコアがあります。今回、その概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

BPSDの評価:CMAIの概要と評価方法、結果の解釈

認知症の周辺症状(BPSD)の評価にCohen-Mansfield Agitation Inventry(CMAI)があります。今回、CMAIの概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

認知症のQOL評価:生活健康スケールの概要と評価方法、結果の解釈

認知症者のQOL評価のひとつに、生活健康スケールがあります。今回、生活健康スケールの概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

認知症のQOL評価:日本語版DQoL (DQoL-Japanese version)の概要と評価方法、結果の解釈

認知症者の主観的QOL評価尺度のひとつに、日本語版DQoL (DQoL-Japanese version)があります。今回、その概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

認知症予防に有酸素運動は効果大!エビデンスと実施方法!

認知症予防の方法の一つとして、運動の重要性が説かれていますが、なかでも有酸素運動の有効性が挙げられます。今回、認知症予防としての有酸素運動のエビデンスと実施方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

根拠に基づいた筋力トレーニングは認知症を予防できる可能性があります

近年、レジスタンストレーニング(骨格筋の出力・持久力の維持向上や筋肥大を目的とした運動の総称:筋力トレーニング)を行うことで、認知機能の低下予防に効果がある可能性が示されています。今回、筋力トレーニング(リハビリ、レジス …

認知症に対する各認知機(神経心理学的)検査のカットオフ値

認知症のスクリーニング検査にはMMSEHDS-Rなどがあります。また、認知機能障害の程度や進行度の把握に使用される検査にはリバーミード行動記憶検査、Rey聴覚性言語学習検査、Rey複雑図形検査、ベントン視覚記銘検査などが …

1 2 3 6 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.