「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

注意障害

脳卒中ガイドライン(2015)とエビデンスから見た注意障害へのアプローチ!

今回、脳卒中ガイドライン(2015)から、エビデンスのある注意障害へのアプローチについてまとめていきたいと思います。

注意障害に対するリハビリや介助の際の支援の視点

注意障害があると、日常生活の遂行に支障をきたします。今回、注意障害に対するリハビリや介助の際の視点について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ADL場面における高次脳機能障害の問題に対するアプローチ!大まかな戦略の枠組みを知る!

高次脳機能障害は、ADLやiADLに影響を及ぼしますが、そのアプローチは多岐に渡り、どのような戦略を取ればよいか迷うことがあります。今回、ADL場面における高次脳機能障害の問題に対するアプローチに対する、大まかな戦略の枠 …

注意障害の観察評価!BAADの概要と評価方法、結果の解釈!

注意障害の行動評価尺度として、BAAD(Behavioral Assessment of Attentional Disturbance)があります。今回、BAADの概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思 …

注意機能障害は歩行に影響する?注意機能と移動能力、転倒の関係を解説!

高齢者、脳卒中片麻痺者などにおいて、注意機能の低下があると歩行能力に影響があると言われています。今回、注意機能と移動能力、転倒の関係性をまとめていきたいと思います。

歩行の評価指標「Dynamic gait index」の概要と評価方法、結果の解釈

歩行の評価指標の一つに、Dynamic gait indexがあります。今回、Dynamic gait indexの概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

注意機能と言語機能!注意障害はコミュニケーションにどう影響するか?

高次脳機能を有する方において、注意機能がコミュニケーションに影響を与えているのではないかと感じる方をしばしば経験することがあります。今回、注意機能と言語機能において、注意障害がコミュニケーションにどのように影響するかを考 …

注意障害に対するプリント課題素材集(ATP:Attention Process Trainingを参考に)

注意障害に対するリハビリテーションアプローチとして、ATP(Attention Process Training)があります。今回、ATPを参考にしたプリント課題を紹介していきます。

注意障害に対するトランプを用いたアプローチ(APTを参考に)

注意障害のリハビリテーションアプローチとして、APT(Attention Process Training)があります。今回は、この中のトランプを用いたアプローチについてまとめていきたいと思います。

注意障害の評価と解釈、リハビリテーションの進め方

注意機能には様々な役割があり、それぞれが複雑な制御によって機能し合い、日常生活動作の遂行を可能にしています。今回、注意障害の評価と解釈、リハビリテーションの進め方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.