FIMにおける「社会的認知(問題解決)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

FIM「社会的認知(問題解決)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

参考文献

「社会的認知(問題解決)」の定義

問題解決能力では、日常生活で生じる様々な問題に対して、合理的・安全・タイミングよく決断をしていけるかどうかを評価します。

 

問題解決する課題(簡単)

・ナースコールを押す理由を知っている
・手伝ってほしいいことがあるときに介助を頼むことができる
・誤嚥しないためにゆっくりと食す理由がわかる
・動作をスムーズに行うために自助具が必要だとわかる
などがあります。

問題解決する課題(複雑)

・退院後にどのような制度を用いて生活をしていくか
・金銭管理を行う
・服薬管理を行う
・対人関係を問題なく処理できる

どのように評価をしていくか

大まかな評価の流れを示していきます。

・複雑な課題を解決できる→7or6点
 7点:問題なし
 6点:時間がかかったり、助言が必要、少し介助が必要

・簡単な課題の問題解決が行えるか→5〜1点

介助量の目安

【スポンサーリンク】
 

5点:〜10%の介助
4点:10〜25%の介助
3点:25〜50%の介助
2点:50〜75%の介助
1点:75〜100%の介助

なお、時間がなくて簡単に評価したいという方は以下の記事を参照してください。
FIM「社会的認知(問題解決)」の超簡単採点法!リハビリ評価時短テクニック!

具体的採点例

7点:身体能力的に動作に介助が必要だが、介助を頼むことで動作が行えている。
5点:ナースコールを押すなどの日常生活上の問題は解決できるが、退院に向けての計画を立てることができない。
5点:レクリエーションなど集団行動では言葉による促しを必要とする。
3点:必要な介助を頼んだり、ナースコールを押すことを半分以上は解決できる。
2点:自分では動作できないのに行おうとしたりするなど、半分以上の機会に介助や指導が必要である。

疑問点の解消

・金銭管理で、治療費の支払いを家族が行っている場合は、治療費を誰がどの程度支払っているかを把握しているかなどの視点で評価します。
・なんらかの理由で介助を申し出ない(例:迷惑がかかるなど)でも、問題解決ができていないと捉えます。
・ある行為で問題解決ができない場合でも、他の行為も含めて問題解決がどの程度の割合でできているかで判断します。

【スポンサーリンク】

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加