成人の精神健康状態を測る指標として、日本語版GHQ(The General Health Questionnaire)があります。今回、日本版GHQ(精神健康調査票)の概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

日本版GHQ(精神健康調査票)の概要と評価方法、結果の解釈

参考文献

http://repository.hyogo-u.ac.jp/dspace/bitstream/10132/4049/1/iwai1998_3.pdf

日本版GHQ(精神健康調査票)の概要

GHQ(精神健康調査票)は  Goldberg(1978)により作成されたもので、一般人口中の成人(12歳〜成人)を対象とした60項目の精神的健康度のスクリーニングテストであり、その短縮版GHQ-30・GHQ-28(それぞれ30項目・28項目)(Goldberg&Hillier,1979)とともに,日本語版の妥当性・信頼性が確認されています(大坊・中野 ,1987)。
2~3週間前から現在までの健康状態で精神的・身体的問題があるかどうかについて把握していきます。質問内容は日常的、身近なもとなっており、人種、宗教、文化、社会が異なっても違和感ありません。
所要時間は5〜10分程度です。
リハビリにおいては、介護者(家族)の精神健康状態をスクリーニングする際にも使用できるかと思われます。

 

日本版GHQ(精神健康調査票)の評価方法(GHQ-30について)

回答者は各質問項目を読み、4種類の選択肢のいずれかで自分の状態に対応するものを◯で囲みます。 採点は回答選択肢得点を合算してGHQ得点を記入し判定します。

GHQ60の回答結果を因子分析し、 そのうち因子性の明確な6因子(一般的疾患傾向、身体的症状、睡眠障害、社会的活動障害、不安と気分変調、希死念慮とうつ傾向)を採用し、 各因子の代表項目(各5項目)で構成されています。

http://www.nichibun.co.jp/kobetsu/download/pamphlet/2017GHQ.pdf

参考文献を見ると、評価項目が掲載されています。

【スポンサーリンク】

 

結果の解釈

各項目の合計により、得点を算出します。

【スポンサーリンク】