高次脳機能障害において、計算(足し算、引き算、掛け算、割り算)に困難を示す例が時折みられます。計算障害は根気よくリハビリを行うことで改善することもあります。今回、高次脳機能障害による計算障害のリハビリテーションについて、にまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

高次脳機能障害による計算障害のリハビリテーション

高次脳機能障害の作業療法についてもっと勉強したい場合

計算障害の概要

 

計算障害には、以下の要因によるものがあります。

①数字の失読、失書による失算
数字の読み書きが困難になることで起こる失算です。
失言語は伴うことも伴わないこともあり、左半球で特に頭頂葉損傷によるものとされています。

②空間性失算
無視、数字の配置の乱れ、数字の倒置(通常とは逆に配置する)など、数字の空間的な失敗により起きる失算です。 
よくみられるものとして、半側空間無視による2桁以上の数字の左(右)端の見落としがあります。
筆算で数字を書く位置がうまくいかないこともあり、計算が完了しません。
半側空間無視は日常生活場面の様々な場面で影響が現れるため、行動観察が重要です。

③失演算
①②に当てはまらないですが、計算ができないものが該当します。

選択的機能障害
・数の表出障害
数の理解は保たれますが、数の表出が行えません。
数字を言う、数字を書くの両方に現れ、他の数や数字に変わってしまい、間違えの原因になります。「にひゃくにじゆういち」を書くように言われて「215」などとなります。
暗算、筆記計算において間違えても、答えの選択肢を与えると正答できることもあり、計算が本当に行えないわけではありません。

・桁処理の困難さ
「にひゃくよんじゅうに」を書くように言われると「2042」などとなってしまいます。
数の理解は保たれている場合があり、その際には、2つの数字を聞かせて、どちらが大きいかを選択させることで評価が可能です。

・符号理解の障害
+、−などの符号の理解が行えません。

・演算能力の選択的障害
単純計算が行えません。ある患者では、数の知識(水の沸点温度)や代数処理(方程式など)は行える場合があります。

・演算の一部が行えない
足し算、引き算、掛け算、割り算の一部が行えません。加算だけ行えて、他はできないなどです。

・数の概念の喪失
数をみても意味がわからない状態です。数は物の個数に対応する言葉などといったことがわかりません。

・算術的事実の想起ができない
「2+3=5」、「2×2=4」などは自動的に答えを思い出すことができますが、これを算術的事実の想起といい、これが行えない状態です。

・数値知識の想起ができない
誕生日、年齢、日付、1週間の日数、1年の月数、水の沸点温度などの知識が想起できません。

計算障害の評価

計算能力の評価の視点を以下に挙げます。
①+、−、×、÷の読み取りと書き取り
②+、−、×、÷の理解
③異なる桁の数字を縦に位取りに従って並べる
④1けたの加算
⑤減数(引くほうの数)と答えが1けたの減算
⑥1けたの乗算
⑦除数と答えが1けたの除算
⑧繰り上がり、繰り下がりがある計算(暗算、筆算)

【スポンサーリンク】

 

計算障害のリハビリテーションの例

繰り上がりの足し算
「5+7=12」の場合
説明①:
「7から5をとって5にくっつけると10になります。7から5をとった後には2が残っていますから、10と2をくっつけて答えは12になります。」
*説明のみでわからない場合、おはじきや数字のカードなどを使用し、数の分割や集合を視覚的に確認してもらいながら行います。
*計算式に数字を書き添えていきながら行う場合もあります。

説明②:
「5+7の「7」は 2と5からなるため、5+7=5×2+2と書き換えて、12となります。」

繰り下がりの引き算
13−7の場合
説明①:
「引かれる数13の一の位3に合わせ、引く数7を3と4に分けます。13から3を引くと10になり、残りの4も引くと6になります。」
*このように2回引く方法を、「減減法」と呼びます。

【スポンサーリンク】

 

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】