「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2017年11月

月別アーカイブ: 2017年11月

脳卒中片麻痺の上肢(肩・腕)のリハビリ・自主トレ方法(重度運動麻痺の場合)

脳卒中片麻痺になると、重度の運動麻痺の場合では全く肩・腕が動かない、もしくはわずかに動きがあるという程度のことがあります。そのような時に、筋肉の収縮を得るためにはどのようにしていけばよいのでしょうか。ここでは、伝統的な方 …

体幹機能の評価とリハビリテーション!評価尺度から臨床的評価、訓練内容のヒント!

体幹は、体の中心部分にあり、体を支えることで人間の自由な動きを可能にしています。腕や足の動きがスムーズでない場合、腕や足の機能の低さの他に、土台となる体幹の機能がどうなっているかを評価する必要があります。 体幹機能の評価 …

脳卒中片麻痺の上肢のリハビリ、自主トレ方法!肩を挙げた時に肘が伸びにくい場合!

脳卒中片麻痺の腕のリハビリでは、肩関節は高さや方向に関わり、肘関節はその伸び縮みにより距離を調節します。 また前腕、手首は道具の操作において重要な役割を果たします。 肩や肩甲骨のトレーニングにより腕を動かすための土台をし …

脳卒中片麻痺の上肢(肩・腕)のリハビリ、自主トレ方法(中〜軽度運動麻痺の場合)

脳卒中のリハビリテーションでは、病院での作業療法、理学療法のみでは時間が短く、練習量としては足りないのが現状です。1日24時間のうち、訓練以外の時間をどのように過ごすかが重要で、自主訓練に積極的に取り組み、成果が出てくる …

踏み間違い事故はなぜ起こる?高齢者・認知症者との関連性、予防について

直近ではニュースにはあまり出てきませんが、最近まで自動者の踏み間違い事故が話題になっていました。ここ最近は煽り運転の陰に隠れている印象でしたね。踏み間違いは、高齢者・認知症者のみに起こるのでしょうか、また、そのメカニズム …

意欲の評価:CASの概要と評価、結果の解釈について

意欲障害の評価の一つに、CAS(Clinical Assessment for Spontaneity)があります。この評価法を用いると、ある程度客観的に意欲の状態を評価できるという特徴があり、対象者の状態や、リハビリテ …

脳卒中片麻痺の上肢(肩・腕)のリハビリ・自主トレ方法(重度〜中等度運動麻痺の場合)

脳卒中のリハビリテーションでは、病院での作業療法、理学療法のみでは時間が短く、練習量としては足りないのが現状です。1日24時間のうち、訓練以外の時間をどのように過ごすかが重要で、自主訓練に積極的に取り組み、成果が出てくる …

認知症のQOL評価:ARS、改変ARSの概要と評価方法、結果の解釈

認知症のQOL評価のひとつに、ARS、改変ARSがあります。今回、その概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。 ARS、改変ARSの概要と評価方法、結果の解釈 文献 土屋景子ら「痴呆高 …

頸髄損傷者の車椅子から床、床から車椅子への移乗動作のリハビリとポイント

頸髄損傷者においても、条件(筋力、関節可動域、年齢、体力、痙性など)が床から車椅子、車椅子から床への移乗動作は可能になります。かなりの練習量が必要になりますが、この練習を通して筋力強化を図れることも期待できるため、動作練 …

胸腰髄損傷者の床から車椅子、車椅子から床への移乗動作のリハビリと動きのポイント

脊髄損傷の移乗動作は主になるものは直角移乗や側方移乗ですが、何かのトラブルで床に降りてしまったときに、地力で床から車椅子に移乗できることは意味があります。腕の筋力や体幹でバランスをとることを要求され、かなりレベルの高い動 …

1 2 3 5 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.