「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

月別アーカイブ: 2018年1月

下衣動作(ズボン着脱)を座位で行うためのリハビリテーション

リハビリテーション対象者では、ズボンを脱ぎ履きする際に、座位⇄立位や背臥位で行うことが多いと思います。安全かつ手間がかからないのは座位で行う方法かと思うのですが、対象者は座位でのズボン着脱がなかなかうまくいかなかったりし …

肩屈曲、外転時痛(肩峰下インピンジメント)の原因の評価方法

肩関節挙上時の痛みとして、肩峰下インピンジメントが考えられます。今回、なぜ肩峰下インピンジメントが起こるかについて、評価方法を交えながらまとめていきたいと思います。

肩の収縮時痛と上腕二頭筋長頭の評価、リハビリテーション

肩関節の痛みがある肩で、上腕二頭筋長頭の収縮時痛が疑われる方のリハビリテーションを担当する機会がありました。その際の評価から治療のポイントになったことをまとめていきたいと思います。

肩の夜間痛の原因究明と対応を徹底解説!

肩関節痛(夜間痛、収縮時痛)に対しては、腱板筋のリラクゼーションを行うことはよく知られています。今回は、夜間時痛や収縮時痛の際に、なぜ腱板筋にリラクゼーションを行うのか、またその方法についてまとめていきます。

首が回らないなど肩こりの原因とセルフストレッチ、トレーニング

肩がこっている、首が回りにくいなどの症状は、現代人にとってはもはや持病ともいえるかもしれません。肩に関する筋肉と首がまわりにくいのには関係があります。今回、首がまわらない時のセルフストレッチの方法と肩こりとの関係について …

肩の動作時痛(挙げ始め:0-60°)における腱板機能テストと結果の解釈

肩関節の痛みには、安静時痛、夜間痛、動作時痛などがあります。動作時痛の中で、肩の上げ始めに痛みが出ているときは、回旋筋腱板が関与している可能性があります。今回、肩の動作時痛(0-60°)における腱板機能テストと結 …

立ち上がり、着座動作とリハビリのコツ!神経基盤から筋活動、誘導方法まで!

高齢者や何らかの疾患を持っている方では、立ち上がり動作に困難さを示すことがあります。立ち上がり動作では主に体幹や下肢筋力を用いて動作が遂行されます。立ち上がり、着座動作とリハビリのコツや、神経基盤から筋活動、誘導方法など …

JMIQ-Rの概要と評価方法、結果の解釈

運動イメージの評価方法のひとつに、JMIQ-R(Movement Imagery Questionnaire-Revised Japanese Version) があります。今回、JMIQ-Rの概要と評価方法、結果の解釈 …

前頭前野(前頭連合野)の機能・役割とADLにおける観察ポイント

前頭前野は人間らしい行動に関与している部位であり、前頭前野での「判断、思考、計画、企画、注意、抑制、コミュニケーション」などの機能により、複雑なことが行えています。今回、前頭前野(前頭連合野)の機能・役割と高次脳機能障害 …

作業療法・理学療法士が持っておきたい資格①アンチエイジング関連

作業療法・理学療法士が持っておきたい資格として、「日本抗加齢医学会 学会認定指導士」があります。近年は健康寿命を延ばすことが大切だとされており、アンチエイジングという言葉をよく耳にすると思います。

1 2 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.