「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2018年1月

月別アーカイブ: 2018年1月

肩関節と夜間痛!肩関節内転制限の原因と評価、アプローチ!

肩関節疾患の肩の痛みに関して、夜間痛を引き起こす原因のひとつに肩関節の内転制限の存在が報告されています。今回は、肩関節内転制限の原因と評価、アプローチについてまとめていきたいと思います。 肩関節と夜間痛!肩関節内転制限の …

運動持続のメカニズムと筋紡錘、α-γ連関の役割!リハビリへの応用!

脳卒中片麻痺者において、関節運動が持続しにくいということを経験することが多いと思います。運動が持続するには、α-γ連関という機構の働きが重要になります。今回、運動持続のメカニズムと筋紡錘、&alp …

膝伸展時の痛みと膝蓋骨の外側偏位の関係

膝を伸ばすような運動をしたときに、膝前面に痛みを感じるときは、どのような原因が考えられるでしょうか。私が担当している対象者の方で、膝伸展時の膝蓋骨外側偏位が大きかった方がいたので、痛みとの関係についてまとめていきたいと思 …

筋緊張亢進(痙縮筋)に対する遠心性収縮によるアプローチの考え方

筋緊張亢進に対するアプローチの考え方としては、Ib抑制、シナプス前抑制、遠心性収縮によるアプローチがあります。今回、筋緊張亢進(痙縮筋)に対する遠心性収縮によるアプローチの考え方について、まとめていきたいと思います。 筋 …

筋緊張のコントロールに関わる遠心性収縮とγ系!筋緊張を高めるアプローチ

筋緊張のコントロールが困難な方、特に筋緊張が低下している方においては、遠心性収縮を用いることがひとつのポイントになっていきます。今回、筋緊張のコントロールに関わる遠心性収縮とγ系について、まとめていきたいと思 …

立ち上がり動作に必要な筋活動と立ち座りテスト

高齢者や何らかの疾患を持っている方では、立ち上がり動作に困難さを示すことがあります。立ち上がり動作では主に体幹や下肢筋力を用いて動作が遂行されます。今回、立ち上がり動作に必要な筋活動と立ち座りテストについて、まとめていき …

大腿骨頸部骨折の歩行の特徴!立脚初期の痛みや膝折れはなぜ起こるか!

大腿骨頸部骨折の方の歩行の特徴として、立脚初期の痛みや膝折れが起こることがあります。今回、大腿骨頸部骨折の歩行の特徴とその原因について、まとめていきたいと思います。 大腿骨頸部骨折の歩行の特徴!立脚初期の痛みや膝折れはな …

着座動作のバイオメカニクスと必要な筋活動、介助のポイント

立ち上がり動作や着座動作は、日常生活上で行う頻度も高くあります。着座動作の介助の仕方によっては、動作に必要な筋活動を阻害するような介助方法になっていることもあり、注意が必要になります。今回、着座動作のバイオメカニクスと必 …

変形性膝関節症でラテラルスラストが起こる原因、内反制動に関与する筋肉

変形性膝関節症の方において、歩行での特徴にはラテラルスラストがあります。今回は、ラテラルスラストが起こる原因や、内反制動に関与する筋肉について、まとめていきたいと思います。 膝O・Aでラテラルスラストが起こる原因、内反制 …

パーキンソン病の疲労の評価:PFS-16 ( Parkinson Fatigue Scale )の概要と評価方法、結果の解釈

パーキンソン病の方の疲労の特異的な評価尺度として、PFS-16(Parkinson  Fatigue Scale)があります。今回、PFS-16の概要と評価方法、結果の解釈について、まとめていきたいと思います。 …

1 2 3 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.