今回、超皮質性感覚失語症の特徴とコミュニケーション促進のための関わり方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

超皮質性感覚失語症の特徴とコミュニケーション促進のための関わり方

スポンサードサーチ

文献

スポンサードサーチ

失語症に関するおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

超皮質性感覚失語症の特徴と症状

以前、超皮質性運動失語症に関する記事を書きました。
超皮質性運動失語症の特徴としては、復唱は良いが自発話が著しく少ないことが挙げられていました。
詳しくは以下の記事を参照してください。
超皮質性運動失語症の特徴とコミュニケーション促進のための関わり方

超皮質性感覚失語症の場合、自発話はあり、それは流暢であることが特徴です。
換語障害や単語・文の意味理解の障害が生じます。
また、書字も障害され、音読は可能なこともありますが、その意味を理解力は低下しています。

(例:「とけい」を「めがね」と言うように、他の単語に言い間違えてしまう)はみられますが、音韻性錯語(例:「とけい」を「とてん」「とけん」などと発音を間違える)はみられません。
復唱においては語性錯語は、みられないのですが、これは復唱では換語や意味の理解を必要としないためです。
反響言語(おうむ返し)がみられることが多くあります。

病識はなかったり、あったとしてもあまり気にする様子はないことが多いことが特徴です。

スポンサードサーチ

超皮質性感覚失語症の病巣

超皮質性運動失語症の病巣は、左半球のブローカ領域上方の小さな皮質下病変や、言語中枢よりも外側かつ前方の部分になります。

ここで、失語症状がどのような部位の損傷を受けることで生じるのかを確認していきます。

上図において、緑色で囲まれている部分は換語困難が生じる可能性がある脳部位になります。
また、緑色で囲まれている部分において、さらに水色で囲まれている部分は単語の意味理解の低下が生じる可能性のある部分になります。
さらに、赤色で囲まれている部分は失構音、ピンク色で囲まれている部分は音韻性錯語が生じる可能性がある部位になります。
濃い青色で囲まれている部分は読み書きの中でも書く事に障害が生じ、紫色で囲まれている部分は読み書きの中でも読む事に障害が生じます。

そして、超皮質性感覚失語症が生じる部位は下図のようになります。

図の中では白色の線で囲まれている部位です。
換語困難は中・下前頭回の損傷により生じます。
単語の意味理解の障害は中前頭回上部の損傷により生じます。
これらは、前方病変での症状になります。

後方病変としては、
換語困難・単語の意味理解の障害として角回、側頭葉後部、後頭葉外側部の損傷により生じます。

脳画像上における病変部位を確認していきます。


超皮質性運動失語症の症状とコミュニケーション促進のための手がかり(まとめ)

症状コミュニケーションを図るためのガイドライン
自発話はあり流暢
換語障害や単語・文の意味理解の障害
書字の障害
音読は可能もその意味理解は低下
語性錯語がある
反響言語がみられる
書かれた名詞を提示する(情報伝達のためのキーワードや絵)
書き言葉、話し言葉を簡素にする
意味ある文脈(個人に関連したものを利用)
ゆっくり、はっきり、通常の音量で話す
向き合って話す
理解のための時間を与える
話題変更には聴理解を助けるためのキーワードを書面提示する
一般的な語と簡潔で直接的な文法を用いる
同じ内容を異なる語で話す
書字は難しいかもしれない

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!