軽度認知障害(MCI)や軽度認知症の方においては、IADLの能力低下が問題になりやすくなります。今回、認知症(認知機能低下)とIADLにおいて、調理の支援に必要な観察評価と評価項目についてまとめていきたいと思います。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

認知症とIADL!調理の支援に必要な観察評価と評価項目!

スポンサードサーチ

認知症を学びたい方にオススメの書籍

スポンサードサーチ

認知症やIADLについてのおすすめ記事

 

スポンサードサーチ

参考

平成27年度厚生労働省科学研究費補助金 (長寿科学総合研究事業)「生活行為障害の分析に基づく認知症リハビリテーションの標準化に関する研究」分担研究報告書「疾患別認知機能とADL・IADL 自立度との関係及び生活行為チェックリストの作成」分担研究者 田平 隆行

スポンサードサーチ

作業分析と観察評価

作業遂行分析の前に!工程と技能の分析

作業遂行分析を行う前には、その動作の工程と技能の分析を行います。
動作の方法、手順は十人十色なのですが、ある程度大まかな工程と技能の分析ができていると、対象者の方に作業遂行の滞りが見られた場合に、遂行を先に進めるための援助が可能になります。歯磨きをする場合の工程と技能の分析について考えていきます。

工程①歯ブラシと歯磨き粉と棚から取る
技能①道具を見つける、手を伸ばす、物をつかむ

工程②歯ブラシに歯磨き粉をつける
技能②適量を判断する、両手でもつ、つかむ

工程③歯全体を順序良く磨く
技能③小刻みに腕を動かす、順序を考える

工程④コップを戸棚から取る
技能④道具を見つける、手を伸ばす、物をつかむ

工程⑤コップに水を入れる
技能⑤蛇口をひねる、水量を判断する

工程⑥うがいをする
技能⑥コップを口まで運ぶ、適量を判断する

工程⑦歯ブラシやコップを洗う
技能⑦両手を使う、水量を判断する

工程⑧道具をしまう
技能⑧道具の場所を見つける、手を伸ばす、つかむ

工程⑨汚れたシンクを拭く
技能⑨汚れに気づく、スムーズに腕を動かす

スポンサードサーチ

作業遂行観察のポイント①:工程を順序良く進めているか

作業遂行を完了させるために工程を飛ばしたり、余計な工程が入ったりせずに、順序良く進めているかを観察していきます。
観察のポイントとしては、

・なかなか始まらない ・すぐに手がとまる ・次の工程に移れない

・いつまでも止めない ・別のことをし始める ・隣の人の物に手を出す

・本来の箇所とは違う箇所に作業を施す ・次第にやり方が変わる

・目的に適わない方法で行う ・不適切な順序で行う

認知症をもつ人への作業療法アプローチー視点・プロセス・理論ー P57

が挙げられます。
この要素が見られた場合、作業遂行に時間がかかったり、仕上がりの結果が不十分なものになります。

作業遂行観察のポイント②安全に動作が行えるか

安全に作業遂行するためには、注意力や判断力、また身体機能的な能力が求められます。
事故につながる例として、

・足のつま先が椅子の脚に引っかかる ・歩く際にバランスを崩す

・座る際に臀部が椅子から滑り落ちる ・熱い物を触る ・熱い物をこぼす

・火を消し忘れる ・火の調節をしない ・刃物を使うときに力の調節ができない

・刃物を使うときに、物を固定するほうの手を置く位置が悪い

・嚥下機能が悪いのに一気に食べる ・食べ物でない物を食べる

認知症をもつ人への作業療法アプローチー視点・プロセス・理論ー P57

が挙げられます。

スポンサードサーチ

作業遂行観察のポイント③動きの滑らかさ

作業遂行の際の、手足、体の滑らかさを観察していきます。滑らかでない場合、遂行完了に時間がかかったり、努力的になってしまいます。また仕上がりの質も不十分となりやすいです。
観察のポイントとしては

・指の動きが拙劣 ・力加減が不適切 ・力を加える方向が誤っている

・動きが緩慢 ・動きが速すぎる ・物の固定が不十分

・物を持つと手が震える ・立ち座りが困難 ・歩行が不安定

認知症をもつ人への作業療法アプローチー視点・プロセス・理論ー P58

スポンサードサーチ

調理の支援に必要な観察評価(作業遂行分析)と評価項目

 

 認知・心理面運動面
調理準備1献立
□献立を決めることができる
□献立に合った食材を決めることができる
□冷蔵庫の食品を確認し、必要な材料を決めることができる
□人数に応じた食材の量を決めることができる

1. 食材、食器や鍋類の収納場所
□冷蔵庫の食材の賞味期限、消費期限を理解でき、使用できる

□食器や鍋類の収納場所を覚えておくことができる

1.移動、バランス
□台所まで移動できる
□鍋類を持っての移動ができる
□冷蔵庫から食材を取り出すことができる(動作)
□食器や鍋類を取り出すことができる(動作)
調理中1. 調理の手順
□献立に応じた調理の手順が理解できる(洗う、切る、炒める、煮る)
□手順通りに実施できる

2. 食材を洗う
□米研ぎの操作は適切である

□ 食材の形状や特性に応じて洗うことができる

3. 食材を切る
□皮むきができる(どこを剥けばよいかわかる、剥いていない場所の認識ができる)
□献立に応じた大きさや長さに切ることができる
□安全に注意した包丁等の使用ができる

4. 炊飯、加熱調理
□炊飯器の操作ができる(タイマーセットも含む)
□コンロ(ガス・IH)の適切な使用ができる(オン、オフ、加熱調理)
□電子レンジの操作ができる
□コンロや電子レンジの加熱時間を覚えておくことができる
□加熱された鍋や料理などのやけどに注意できる

5. 適切な道具の使用
□皮むき器□包丁□菜箸□おたま□フライ返し□しゃもじ

6. 味付け
□適切な調味料の選定と量を決めることができる

7. 盛り付け
□人数に応じた分量で盛り付けができる
□食器や見栄えを考慮した盛り付けができる

1. 立位耐久性、移動、姿勢変換
□調理時間中、立位姿勢を保持できる
□調理台と食器棚、コンロ(IH)の移動や方向転換ができる

2. 上肢動作、巧緻性
□米研ぎや食材を洗う動作ができる
□包丁や皮むき器の動作ができる
□炒める、煮るなどの動作ができる
□盛り付ける動作ができる

3. 配膳、下膳
□配膳、下膳(トレー等を持っての)の移動ができる

調理後1. 食器洗い
□食器や鍋類を洗うことができる(洗剤やスポンジの使用、洗い残しの位置の認識)
□割れ物や感想に考慮して食器を置くことができる
□食洗機の使用ができる

2. 皿拭き、後始末
□皿拭きができる
□食器や鍋類を定位置にしまうことができる

1. 立位耐久性、移動、姿勢変換
□立位姿勢を保持できる

□ 食器や鍋類をしまうことができる

2.上肢動作、巧緻性
□食器や鍋類を洗う動作ができる

平成27年度厚生労働省科学研究費補助金 (長寿科学総合研究事業)「生活行為障害の分析に基づく認知症リハビリテーションの標準化に関する研究」分担研究報告書「疾患別認知機能とADL・IADL 自立度との関係及び生活行為チェックリストの作成」分担研究者 田平 隆行

 

 

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!