認知症者における非薬物療法では、様々な作業課題を用いると思います。作業課題が1回で完成されないものの場合、認知症対象者は次の日に、前日の課題内容を覚えていないこともあります。今回、認知症者と作業活動提供において、前日の取り組みを思い出してらうための工夫についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

認知症者と作業活動!前日の取り組みを思い出してらうための工夫!

スポンサードサーチ

認知症についてのおすすめ書籍

スポンサードサーチ

認知症についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

認知症者と作業活動取り組みの効果を考える

認知症者と作業適応障害

認知症の方は、記憶障害や思考・判断力低下、失語などの中核症状により、意味ある作業に基づく生活ができていなかったり、他者に作業ニーズを伝えることができないことがあります。
作業ニーズが満たされないことで、不安や焦燥が生じ、BPSDが生じてしまうことにつながります。
これは、マズローの欲求段階からも、捉えることが可能と思われます。

認知症高齢者のBPSDはクライアントの作業適応障害の状態であるととらえることができる。
そのため、OTRが認知症高齢者のBPSDを理解して作業適応を促進するためには、クライアントの作業と作業的生活を理解することが必要である。

事例でわかる人間作業モデル P206

認知症者における作業提供では、対象者の興味・関心、活動に取り組むこと自体の好き嫌い、自己評価の捉え方などの視点から作業適応を考える必要がります。
これらについては、詳しくは以下の記事を参照してください。

スポンサードサーチ

認知症者ではどのような作業を用いることが良いか

認知症者に提供する作業活動の選び方や用い方の基準には、以下のようなものがあります。

①リスク管理できる材料
②やり直しができる
③使えるもの(完成後使用できるもの)
④できる限り見栄えのよいものにする
⑤家族が作品を見れるようにする

詳しくは、以下の記事を参照してください。
認知症の評価スケールとアプローチ!対象者に合ったバッテリーを用いた効果測定に向けて!

スポンサードサーチ

認知症者が作業活動をするときによくあること

作業活動には様々なものがあります。
その中で、折り紙は1回で終了することが多いでしょう。
しかし、手芸などの作業活動ではどうでしょうか。
作品が大作になればなるほど時間がかかるため、翌日も取り組むことになるでしょう。
このとき認知機能が低下している方では、前日に取り組んでいた内容を忘れてしまうことがあります。

作業活動をすることのメリットとして、興味のある作業活動への取り組み、それが達成すること自体が報酬となります。
また、達成したものはスタッフなどの他者からも賞賛されることで、それも報酬となりえます。
これらの内的・外的報酬は快刺激となり、ポジティブな感情に繋がり、手続き記憶などの強化を促せる可能性が高まります。
これらのことを期待したいのに、前日に取り組んでいることを忘れてしまっている場合、果たして翌日も主体的に取り組めると言えるでしょうか。
もしかすると、誰か他の人が作った作品の続きをしているだけかもしれないというように、受動的な作業活動への取り組みになってしまっている可能性もあるかもしれません。

スポンサードサーチ

認知症者に前日の取り組みを思い出してらうための工夫

認知症の方に、前日の取り組みを思い出してもらう、もしくは、思い出せないとしても、不安なく作業遂行をしてもらうための工夫点を紹介していきます。

・名前を書いてもらう

の1点です。

とても簡単ですが、案外できていないこともあるのではないかと思います。だって、スタッフはおおよそ誰がどの作品を作っているか把握しているものなので。
「名前を書いてもらう」という工夫点ですが、これには以下のような効果が期待できます。
・名前を見ることで、その作業活動が初めて取り組むものではないことがわかる
・名前を見ることで、安心感を得られる(不安がなくなる)

認知症で認知機能の低下があっても、自分の名前は忘れにくいものです。
認知症の方は、中核症状のために自分のおかれている環境や周囲との関係性が把握できていないことがあり、これは大きな不安を生み出します。
砂漠に一人取り残された感覚かもしれません。
そのときに、自分が覚えている、もしくは自分の存在を認識できる名前があれば、そこには安心感が生まれるのではないでしょうか。
簡単な工夫ですが、案外これが作業遂行をスムーズにさせるための方法でもあったりするのです。
自筆が重要ですので、書字能力に問題がない場合は、自分で書くようにしてもらってください。

また、これまでの取り組みの経過がわかるように、日付を一緒に確認しながら書いてもらう試みも良いかもしれません。
日付に加えて取組んだ時間も書いていると良いでしょう。
作品のある部分にたどり着くまでに、どの程度時間がかかったかを知るということは、普段私たちの生活では当たり前のように行なっていることで、計画性などの遂行機能にも繋がります。
日付や取り組み時間を確認する際に、リアリティオリエンテーションの視点を用いることができれば、見当識の賦活にもつながるでしょう。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】