「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

遂行機能障害

立方体透視図模写課題は遂行機能(行為プランニング)評価が可能!評価方法と結果の解釈についての考え方!

立方体透視図と言えば、評価できるものとして視空間認知や構成能力が有名だと思いますが、遂行機能(行為プランニング)も評価できると言われています。今回、立方体透視図模写課題における遂行機能(行為プランニング)評価方法と結果の …

脳卒中ガイドライン(2015)とエビデンスから見た遂行機能障害へのアプローチ!

今回、脳卒中ガイドライン(2015)から、エビデンスのある遂行機能障害へのアプローチについてまとめていきたいと思います。

遂行機能障害と介入方法、具体的なアプローチ

遂行機能障害があると、日常生活や仕事など、様々な活動に制限をきたしてしまうことが考えられます。今回、遂行機能障害と介入方法、その方略における具体的なアプローチについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

迷路課題は何に効く?迷路課題の特性と遂行機能の関係性!

迷路課題は、リハビリテーション馬場面においても認知課題として用いられることがあります。今回、迷路課題の特性と前頭葉機能の関係性についてまとめていきたいと思います。

強制把握のメカニズムと振動刺激によるリハビリテーション

強制把握では、振動刺激がリハビリテーションとして有効とされるような報告が多くあります。今回、強制把握のメカニズムと振動刺激によるリハビリテーションについてまとめていきたいと思います。

前頭葉損傷(遂行機能障害)に対する評価と作業療法、リハビリテーションアプローチ

前頭葉損傷で問題となるのは、注意障害、遂行機能障害、脱抑制による反社会的行為などが挙げられます。今回、前頭葉損傷(遂行機能障害)に対する評価と作業療法、リハビリテーションアプローチについてまとめていきたいと思います。

TBI-31の概要と評価方法、結果の解釈

TBI-31(脳外傷者の認知-行動障害尺度)は脳外傷者の認知-行動障害を生活場面の観察に基づいて明らかにするための評価ツールです。今回、TBI-31の概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

サイト内検索

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

学生指導や新人教育向けの資料販売!

リハビリテーション職種のための資産形成術

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.