ADLを観察する上で、動作遂行上のエラーからどのような神経行動学的機能障害が関連しているかを考えることが大切です。この際、機能障害のパターンを知っておくことで、仮説がより信頼できるものに近づきます。今回、後大脳動脈支配領域における神経行動学的異常(機能障害のパターン)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ADL観察に役立つ!脳血管支配(後大脳動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

引用・参考文献

脳卒中と機能障害のパターンを知ることの重要性

脳卒中を引き起こす様々な動脈の障害は、種々の機能障害のパターンを引き起こします。
神経学的機能障害は、動脈のどの枝、どの大脳半球が影響を受けるかによって異なります。
ADLの観察から考えられる神経行動学的異常が、障害を受けた部位から引き起こされる機能障害のパターンと合っているかを考えることで、自分の仮説の裏付けをすることにつながります。
また、機能障害のパターンと異なる神経行動学的機能障害が考えられた場合は、過去の既往歴なども考慮することで、なぜそのようなことが起こっているかを考える一助とすることができます。

 

後大脳動脈(PCA)

脳は総頸動脈から分枝する左右の内頸動脈2本と、鎖骨下動脈から分枝する左右の椎骨動脈2本の、合計4本で栄養されている。

内頸動脈は主に前大脳動脈、中大脳動脈につながる。椎骨動脈は脳底動脈を経て後大脳動脈につながる。

前大脳動脈は大脳の内側を、中大脳動脈は外側表面を中心とした大脳半球の広範囲を、後大脳動脈は大脳の後部〜下内側面を灌流している。

 病気が見えるVol.7 脳・神経

後大脳動脈(PCA)は側頭葉と後頭葉の内側下部、後部脳梁を栄養しています。
また、穿通枝動脈は脳幹(中脳)と視床へのを栄養しています。

 

視床の栄養血管

前部:視床灰白隆起動脈:後交通動脈の枝
外側部:視床膝状態動脈:後大脳動脈の枝
後部:後脈絡叢動脈:後大脳動脈の枝
内側部:視床穿通動脈(傍正中視床動脈):後大脳動脈の枝

脳画像と血管支配

f:id:happyhealth:20170912071238p:plain

f:id:happyhealth:20170912071320p:plain

f:id:happyhealth:20170912071345p:plain

【スポンサーリンク】

 

f:id:happyhealth:20170912071417p:plain

f:id:happyhealth:20170912071440p:plain

出典:中上 博之先生の脳画像資料より

後大脳動脈における機能障害のパターン

どちらか一側の機能障害
 同名半盲
 視覚失認(視覚性物体失認、相貌失認、色彩失認)
 記憶障害
 偶発性の対側のしびれ

右側機能障害
 皮質盲(伝導路の障害により視覚器は正常だが視覚を喪失している状態)
 視空間障害
 左右識別障害

左側機能障害
 手指失認
 失名詞
 失書
 失算
 失読

穿通枝よりも近位での閉塞では失調や感覚障害(視床や中脳由来)を呈することがあります。
図を参照すると、視床灰白隆起動脈の梗塞では視床前部(前核、前腹側核、背内側核前部)の損傷により記憶障害、意欲障害、パーキンソニズムが生じます。
視床穿通動脈領域梗塞では視床内側部(背内側核、髓板内核)損傷により注意障害、記憶障害、情動障害、意識障害が生じます。
また、視床穿通動脈は中脳も栄養しており、眼球運動障害(動眼神経麻痺による)も生じます。
視床膝状態動脈では視床外側部(外側腹側核、後外側腹側核)損傷により小脳性運動失調、感覚障害が生じます。
後脈絡叢動脈領域では視床後部(視床沈、外側膝状態、内側膝状態)損傷により半側空間無視、視床失語(超皮質性感覚失語、超皮質性運動失語が単独あるいは混在するもの)、視野障害、聴覚障害(両側損傷で)が生じます。

血管支配と神経行動学的異常に関する他の記事
ADL観察に役立つ!脳血管支配(前大脳動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

ADL観察に役立つ!脳血管支配(中大脳動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

ADL観察に役立つ!脳血管支配(内頸動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

ADL観察に役立つ!脳血管支配(脳底・椎骨動脈系)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

【スポンサーリンク】

 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加