ハンドセラピーでの治療効果を評価する際の評価バッテリーの概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきます。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

スポンサードサーチ

上肢障害評価票(日本語版DASH)の概要と評価方法、結果の解釈

治療効果を見る指標

治療効果を見る指標にはどういったものがあるでしょうか。

関節可動域、筋力などはまず最初に思いつくものです。

人間は様々な作業を遂行していく中で生活していることから、日常生活における活動レベルでの評価や、生活における満足度(QOL)、自己効力感が重要視されるべきです。

病院の外来などでは訓練時間が20分程度と時間が短く、治療効果を見るための指標をとっていないことがあるかもしれませんが、成果を見る指標が存在することで、セラピストの治療内容の振り返りになったり、患者さんにとっても、自分の動きや気持ちの変化を改めて知る機会にもなります。

初期・再評価→治療というサイクルを通して、次の目標設定にも活かすことができます。

スポンサードサーチ

上肢障害評価票(日本語版DASH)の概要

日本語版DASHは、日常生活における困難さに焦点を当てている評価票です。

能力障害や症状に関する質問が30項目あり、5件法で選択していきます。

スポーツ、芸術活動や仕事に関する質問が4項目あり、5件法で選択します。

[1]が障害なし、[5]が遂行不可能となります。

評価する日の1週間前の状況に対して回答を選んでいきます。

DASHには、質問が11項目(スポーツ、芸術活動や仕事に関する質問は4項目と変わらない)の「Quick DASH」があります。

評価項目

日本語版DASHは、日本手外科学会のホームページよりダンウンロード可能です。
評価票

Quick DASH
評価票

スポンサードサーチ

採点、結果の解釈

採点を行うには、30項目のうち27項目以上回答してもらう必要があります。

スポーツ、芸術活動や仕事のカテゴリーでは、4項目すべてに回答してもらう必要があります。

Quick DASHでは、11項目のうち10項目以上回答してもらう必要があります。

スポーツ、芸術活動や仕事のカテゴリーでは、4項目すべてに回答してもらう必要があります。

各カテゴリーにいてDASHのスコアが100点満点に換算できるようになっています。

なお、標準値やカットオフ値はなく、点数の経過を追うことで治療効果を把握することにつながります。

スポンサードサーチ

上肢機能評価:Hand10&20の概要と評価方法、結果の解釈

上肢機能評価の種類

上肢機能評価の種類というよりは、評価には下記に挙げるようなことに分類ができると思います。

・機能面に焦点を当てた評価
・活動、参加面に焦点を当てた評価
・環境面(介護負担など)に焦点を当てた評価
・個人因子などの主観的な側面に焦点を当てた評価

これまで、リハビリテーションを実施するに当たっては機能面に焦点を当てた評価が重要視されてきましたが、

近年重要視されているのは、リハビリテーションを受けた結果、対象者の満足度がいかに向上したかということです。

リハビリ提供側としては、対象者の満足度が向上するということは、その施設の評価の向上に直結します。

スポンサードサーチ

Hand10&20の概要

Hand10、またはHand20は、日常生活動作の中で上肢を使用する動作の遂行における満足度を評価するものです。

Hand10・20では、評価する上肢は健側、患側のどちらでも構いません。

すなわち、健・患側どちらの使用でも、ある活動をいかに満足して遂行できているかを評価していきます。

先週1週間の状態を思い出しながら評価をしてもらい、実際には行っていない動作があれば、先週の状態でどの程度できるかと考えて評価をしていきます。

Hand10は10項目、Hand20は20項目あり、各質問に対してVAS(Visual analog scale)を用いて主観的な満足度を書き込んで行きます。

「0」を全く問題ない(または全く痛くない)〜「10」を全くできない(または全く耐えられない、全く自信がない)となっています。

質問項目の中には、日常生活動作だけでなく、「痛み」「全体の遂行度」「心理面」などについての項目も含まれています。

この評価ツールは検査時間も短く、評価しやすいことがメリットになります。

Hand10&20の評価方法

評価項目

 

 

 

 

Hand10

 

 

 

 

Hand20

 

 

 

 

 

両手で洗顔する

 

両手でのシャツのボタンのかけはずし

 

わるいほうの手で蛇口をひねる

 

両手を使って牛乳パックを開ける

 

わるいほうの手で円形のドアノブを回し、重いドアを開ける

 

両手を髪で洗う

 

力仕事を精一杯できる

 

日常生活が普通にできる

 

わるいほうの手はどの程度痛いか

 

わるいほうの手のために自信を失っている

 

 

 

 

 

両手で洗顔する

 

両手の爪を切る(爪切りを使って)

 

両手でのシャツのボタンのかけはずし

 

わるいほうの手でコインを拾う

 

わるいほうの手で蛇口をひねる

 

両手を使って牛乳パックを開ける

 

ペットボトルのフタを開ける

 

タオルをかたく絞る

 

包丁でりんごの皮をむく

 

わるいほうの手で円形のドアノブを回し、重いドアを開ける

 

頭上の棚に両手で重いカバンを乗せる(5kgのカバン)

 

洗濯物の洗濯バサミをを使って干す

 

両手で髪を洗う

 

わるいほうの手で新聞のページをめくる

 

力仕事を精一杯できる

 

わるいほうの手を人前に出しても美容的に気にならない

 

趣味ができる(絵、裁縫、スポーツなど)

 

日常生活が普通にできる

 

わるいほうの手はどの程度痛いか

 

わるいほうの手のために自信を失っている

評価票はこちらのページからダウンロードできます。

スポンサードサーチ

Hand10&20の結果の解釈

各評価とも、スコアを算出します。

算出方法は、

「加算点数÷回答数×10」で、0〜100点でスコアを算出します。

Hand10・20はリハビリ実施前後に評価することで、日常生活遂行における満足度の変化を把握することができます。

また、この評価を使用することにより、満足できていない項目では、どのようなことが原因で満足できていないのかを把握し、さらなるリハビリテーションの方針を立てることにもつながります。

対象者が、評価項目にない事に関して満足度が低い場合には、Hand10と20の考え方を用いて評価していくことも考えられると思います。

スポンサードサーチ

ハンドセラピーに関するオススメ記事

上腕骨(頚部)骨折に対するリハビリテーション!注意点やリハビリ方法!

橈骨遠位端骨折術後の作業療法、リハビリテーションの進め方!どの程度の範囲、強度で動かせば良い?!

前腕回内、回外の関節可動域(ROM)制限の原因と改善方法!

関節リウマチのリハビリ!ADL評価から関節保護、指導まで

手のアーチの解剖・運動学的特徴と浮腫のリハビリテーション

手指の関節可動域訓練!痛み、拘縮軽減に向けた効果的な方法!

肩の外側の痛みと腋窩神経の圧迫!QLSの評価とリハビリテーション

手関節伸展の筋力トレーニングで注意したいこと!代償運動を見逃さない!

指のつまみ、握り・把握、巧緻動作と解剖運動学的分析!評価とリハビリテーション!

肩関節屈曲と外転の違い!筋活動の違いを知ることで、訓練課題の設定にも幅が出る!

肩屈曲、外転時痛(肩峰下インピンジメント)の原因の評価方法

肩の夜間痛の原因究明と対応を徹底解説!

肩の動作時痛(挙げ始め:0-60°)における腱板機能テストと結果の解釈

翼状肩甲(前鋸筋筋力低下)の評価と筋力トレーニング

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】