「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2017年12月

月別アーカイブ: 2017年12月

視床出血でなぜ運動失調が起きるのか!メカニズムと小脳との関係!

視床出血ではなぜ運動失調が起きるのでしょうか?対象者の方が失調様の症状を呈しているときに、それが運動失調による物なのか、運動麻痺によるものなのかについての考えることができると、アプローチも最適なものが選択できます。 視床 …

脳卒中片麻痺者の箸操作獲得に必要な要素とリハビリ法(自主トレ含む)

脳卒中片麻痺者では、運動麻痺により手の機能が悪くなり、細かな動きが行いにくくなります(巧緻性低下)。箸操作は、指の細かな動きだけでなく、肩関節、肘関節、手関節など全ての関節が協調的に働くことで達成されるものです。今回、脳 …

脳卒中片麻痺者の手指のリハビリ・自主トレ方法(中等度〜軽度運動麻痺の場合)

脳卒中では運動麻痺により指の自由度が損なわれ、自分の思い通りに動かなかったり、筋力が発揮できないということが起こります。中等度〜軽度の運動麻痺では、ある程度の指の動きはできるが、細かい物の操作が不十分であったり、握れるが …

精神科作業療法の評価項目:ICFとの関連から

精神科作業療法においては、どのようなことを評価していけばよいのでしょうか。ICFは、評価項目を考えていく上では有用になり、そこから考えられる小項目に落としていくことで、より具体的な評価が可能になります。 今回は、ICFを …

リハビリで絶対役立つ小円筋の機能解剖と臨床的知識

臨床で役立つ小円筋についての知識を紹介していきます。 リハビリで絶対役立つ小円筋の機能解剖と臨床的知識 知識、触診、評価、リハビリについてもっと学びたい場合   動画でマスター! 機能解剖学的触診技術 上肢 & …

リハビリで絶対役立つ棘下筋の機能解剖と臨床的知識

臨床で役立つ棘下筋についての知識を紹介していきます。 リハビリで絶対役立つ棘下筋の機能解剖と臨床的知識 知識、触診、評価、リハビリについてもっと学びたい場合   動画でマスター! 機能解剖学的触診技術 上肢 & …

脳卒中片麻痺者の手指のリハビリ・自主トレ方法(重度〜中等度運動麻痺の場合)

脳卒中を発症すると、運動麻痺が生じることがあり、指や腕の動きが自由にコントロールできない場合があります。重度〜中等度の運動麻痺では、指の握り・離しがある程度できる状態であり、リハビリをしっかりと行えば麻痺の改善が期待でき …

脳卒中片麻痺者の手指のリハビリ・自主トレ方法(重度運動麻痺の場合)

脳卒中を発症すると、脳が損傷されることで運動麻痺が生じる場合があります。運動麻痺が重度だと、動きがないか、少し動く程度なので、自主トレとしてどのようなことを行ってよいかわからない場合が多くあると思います。今回、脳卒中片麻 …

脳卒中片麻痺の下肢(足首)に対するミラーセラピーの概要と方法(自主トレ)

脳卒中片麻痺者の下肢の訓練法として、ミラーセラピーがあります。ミラーセラピーは、重度の運動麻痺の方においても適応できるというメリットがあり、自主トレーニングとしても行うことができます。今回、脳卒中片麻痺の下肢に対するミラ …

文献レビュー:脳卒中片麻痺者の自主トレと家族の役割を考える

脳卒中片麻痺者の自主トレに、家族が関わることで、目標とする作業を麻痺手を使用して達成できた症例についての文献レビューを行いました。そこから、自主トレにおける家族の役割を考えていきたいと思います。 脳卒中片麻痺者の自主トレ …

1 2 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.