人は、人間関係を柔軟に変化させ、状況に応じた態度や役割をもつことができます。人と人との関係性において、強迫的にそうしていないといられない状態を人間関係嗜癖と呼び、対人関係上トラブルとなることがあります。今回、人間関係嗜癖の特徴とパターンについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

人間関係嗜癖の特徴とパターン

スポンサードサーチ

引用・参考文献

スポンサードサーチ

依存症、アディクションについてのオススメ書籍

スポンサードサーチ

共依存

 共依存とは、アルコール依存症の家族研究から理解された関係性で、アルコール依存症の人の配偶者や親たちが、本人のアルコール問題に巻き込まれていき、本人との関係における境界線を意識できなくなってその関係にのめりこみ、アルコール問題をめぐって”間”のとれない関係が自動化している状態を指して使われ始めた言葉です。

対人援助職のためのアディクションアプローチ P82

アルコール依存症者の家族全てが共依存状態というわけではありません。アルコール摂取の後の後始末などに関わり、結果として家族が本人の回復を妨げる要因になることがあります。
そのような家族に心理教育から病気についての知識を高め、本人への対応などを工夫しながら関係性を改善させていきます。
しかし、この関係性に気づいても変えられないこともあり、もしくは元々その関係性を求める人がおり、そのようなアディクション(嗜癖)を総称して人間関係嗜癖と呼びます。

スポンサードサーチ

関係嗜癖

間がとれないには、「常に相手の存在がないと安心できない」(物理的距離)、「すぐに反応がほしい」(時間的距離)、「相手の全てを知っておきたい」「相手が自分と同じ考えを持っているのが当たり前」(心理的距離)などの距離がとれない場合があります。
赤ちゃんと母親の関係性では距離は近く、成長に従い距離をとるようになります。成人においても困りごとがある場合には一時的に相手に寄り添う事もあります。このようなことから、間をとらないこと全てが問題というわけではありません。

 この関係が修正されず、相手が思いどおりになることを自然と考え、極端な干渉や束縛、お膳立て、後始末を行う結果、子どもの成熟を阻害していたり、暴力が発生したりなど、さまざまな支障が出てきてもそれをやめられない状態を「関係嗜癖」といいます。

対人援助職のためのアディクションアプローチ P83

このような状態が長期間に及んでくると、相手の性格、個性まで別のものだと認められにくくなります。
他者のコントロールをめぐり、両者に暴力が使われることもあり、逆に相手の中に自分を投入して、問題のある相手の状況が自分の状況であるかのように感じられ、その問題に巻き込まれたりすることがあります。
また相手の価値基準で物事を考えて行動し、他者のために生きるといった場合もあります。

スポンサードサーチ

世話焼き嗜癖

関係嗜癖の結果生じ、相手を世話することが一方通行になり、それがパターン化する状態です。
他者への世話は、役に立っている感や評価される感覚、必要とされている感覚などの快の気持ちを得られる行為です。その気持ちが求めすぎると、ケアが必要ない人にまでケアをしてトラブルになることや、ケアをしていないと落ち着かない、ケアの必要な人を次々に求めるといった問題が生じやすくなります。
世話焼きは、場合によって子どもの成長は阻んだり、依存傾向のある人にはその問題を進行させるようなことも考えられます。

スポンサードサーチ

役割嗜癖

対人関係において、ある役割(常にリーダー役など)をとることが修正できない状態を役割嗜癖といいます。
これが進行すると、自分のパターンとなる役割がとれないと集団にいずらくなったり、その役割を得るために争ったりと、対人関係トラブルのもとになります。
自分に深刻な問題がある場合にも、いつもやってきた役割(楽しませるなど)を降りられなかったり、興味がないにもかかわらず真面目で熱心な姿を崩せないなど、普段の役割と自分本来の状態との差に苦しみ、誤解を招くなどの人間関係のトラブルとなる場合もあります。
とる役割が個性を超えて自動化しているのが役割嗜癖となります。

スポンサードサーチ

愛情嗜癖

愛情嗜癖では、常に誰かのそばにいる、誰かと愛情関係を取り続けようとする状態をさします。
必要とされている感覚が根底にあり、自分が誰かを愛している、愛されていると思える感覚や状態により存在価値を得ることに夢中になっていきます。
このようなことが同じパートナーで続くと、相手に求める愛情確認が度を過ぎていくことになります。恋愛の終わりが近づくと、寂しさから連絡を取り続けたりすることがあります。
こうしたことが原因で争いごとが起こったり、トラブルが何度も続いたりするとアディクションとなります。

スポンサードサーチ

異性嗜癖

異性嗜癖は、男女として常に異性に認められていないといられない状態をいいます。
異性嗜癖は愛情嗜癖の変形版でもあり、異性のパートナーがいないと自分の存在価値がないと思い、異性を求めて複数人と関係を持ったり、アプローチしようとすることがあります。これらによって対人関係上のトラブルが起こったり、パートナーを傷つけることがあります。
異性嗜癖では不倫が選択されることがあり、関係の終わりに関して、自分の優位性を持つ関係性が必要なため、自分から別れを切り出し不倫を繰り返していく場合があります。

スポンサードサーチ

人間関係嗜癖の改善に向けて

前途したパターンには並列して見られることもあり、厳密に区分することは意味がないことになります。
改善に向けては、本人がどの部分が心地良いのか、なぜそれが必要なのか、その背景をなっている嗜癖はどのような要素かといった事を検討していく事が大切になります。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】