脊椎破裂骨折のリハビリテーションの進め方についてまとめています。

脊椎破裂骨折のリハビリテーションの進め方-圧迫骨折よりも慎重に行う理由と日常生活への繋げ方-

スポンサードサーチ

圧迫骨折についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

脊椎圧迫・破裂骨折で注意する事

  • 圧迫骨折 ・骨折が椎体の前壁(お腹側)にある状態で止まる ・神経症状(運動麻痺や痺れ等)は伴わない
  • 破裂骨折 ・骨折が椎体の後壁(背中側)にある状態 ・骨片が脊柱管(脊髄神経の通り道)に突出すると神経症状が出現する場合がある
※破裂骨折の場合、より慎重に日常生活指導やリハビリテーションを進めて行く必要がある(遅発性の神経障害)

スポンサードサーチ

破裂骨折の安静時期におけるリハビリテーション(ベッド上安静の目安

  • ベッド上安静の目安は? ・医師の指示による(骨折部の状態により異なる) ・一定期間のベッド上安静(臥床)がある場合 2-4週間が多い 寝返りやギャッジベッド 20°程度の挙上は可能 場合により、コルセット着用の元、食事時座位やトイレ(Pトイレ)を使用許可が出ることもある

スポンサードサーチ

破裂骨折の安静時期におけるリハビリテーション(ベッドサイドでのリハビリ)

  • ベッドサイドでのリハビリテーション ・寝返り動作の指導 ⇨膝を立て、丸太のように下肢と体幹が一体になるように寝返りを行う(体幹回旋動作が禁忌のため)
・下肢関節可動域の維持 ⇨不動による拘縮を防ぐ 自主的な運動を指導する(特に足関節底背屈) ⇨深部静脈血栓症(DVT)の予防 ・腰背部に負担のかからない範囲での下肢筋力増強運動の実施

スポンサードサーチ

破裂骨折の離床時期におけるリハビリテーション(日常生活動作指導)

  • 日常生活動作指導 ・ベッドや布団から起き上がる時に、腹筋の力を使ってまっすぐ起きない ・体幹前傾、体幹回旋動作を行わせない ・靴や靴下を履く、立ち上がる、トイレでお尻を拭く、顔を洗うなど、何気ない動作で体幹運動が生じやすい ⇨椎体の圧潰進行を防ぐ(破裂骨折は進行しやすい) 遅発性の神経障害の出現を防ぐ 神経障害発生の有無を日頃から確認する

スポンサードサーチ

禁忌姿勢とC7PL

  • 高齢者では円背姿勢多いが、第7頸椎から、床に垂直に線を引いたときに、線が大転子よりも前に出ているときは、圧潰が進行しやすい
  • 線のことを「C7PL」と呼ぶ
  • 座位や立位、その他の動作において姿勢には注意する

スポンサードサーチ

破裂骨折の離床時期におけるリハビリテーション(歩行練習)

  • 歩行練習 ・有酸素運動による運動耐容能の改善 ・有酸素運動は、骨に対する適度な刺激や全身の機能を高め、骨量の維持・増加や転倒の抑止に有効 ・歩行器等を用いながら、高齢者では最大酸素摂取量の50%または40%に設定する ⇨「ややきつい」程度の運動に設定する ・シルバーカーでは、円背がある場合、前方横バー握りのタイプで高さは本人が持ちやすい高さ(通常臍の高さ)に合わせる

スポンサードサーチ

破裂骨折の歩行練習に適切な姿勢

  • 歩行姿勢にも注意を向ける
  • C7PL(第7頸椎椎体中心からの鉛直線)を用いる →C7PLが大転子よりも後方にある姿勢をとるように!! →頭部の重心位置が圧迫骨折部より前方にあると、椎体の圧潰は進行する可能性が高い
  • 歩行練習中に筋疲労によりC7PLが前方になり、姿勢の自己矯正が難しい状態になるのであれば適宜休憩をとりながら行う
  • 歩行距離の最終目標は連続歩行30分、1日7000歩程度(内科疾患などによりゴールは異なる)
  • 初めは30m程度から開始し、歩行時間や距離を増やす

スポンサードサーチ

破裂骨折の離床時期におけるリハビリテーション(下肢筋力増強運動)

  • 下肢筋力増強運動 ・股関節屈曲筋(腸腰筋)の求心・等尺・遠心性収縮 ・膝伸展筋(大腿四頭筋)の求心・等尺・遠心性収縮 ・スクワット ・踵上げ
*トレーニング中は脊椎と骨盤を直立位に保つ

スポンサードサーチ

破裂骨折の離床時期におけるリハビリテーション(体幹の筋力増強運動)

  • 体幹筋の筋力増強運動 ・破裂骨折や後壁損傷がある場合、体幹伸展筋の筋力増強運動は慎重に行う必要がある
・体幹伸展刺激が離開刺激になる可能性がある
  • 骨損傷の状態により、よく行うチューブトレーニングが禁忌になる可能性もあるので、医師に確認が必要

スポンサードサーチ

破裂骨折の離床時期におけるリハビリテーション(その他、退院に向けて)

  • 階段昇降 ・骨折部の負担を考慮し、骨癒合状態の確認を行い実施する
  • バランス練習 ・後方への外乱応答の低下に注目 ・転倒予防のためにバランス課題も並行して実施
  • ADL練習 ・圧潰予防を考慮した動作練習を実施 ・自宅環境に合わせた動作練習を実施し退院に繋げる
  • サービス調整 ・回復状態と今後の予後予測に応じて、介護保険・介護保険外サービスの調整を提案する

呼吸療法認定士の資格を取りたい方は必見

呼吸療法認定士の資格勉強は隙間時間にするのがコツです。

呼吸療法認定士 eラーニング講座

スキマ時間勉強ならリハノメ

PTOTSTのためのセミナー動画が見られます。

各分野のスペシャリストが登壇しているので、最新の知見を学びながら臨床に即活かす事が可能です。

セミナーあるあるですが、、、メモ取りに夢中になり聞き逃してしまった。

なんてことはなくなります。何度でも見返す事が可能だからです。

高額なセミナー料+交通費、昼食代を支払うよりも、スキマ時間を見つけて勉強できる「リハノメ」を試してみるのも良いのではないかと思います。

臨床で差をつける人は皆隠れて努力していますよ。

長い期間で契約したほうが、月額が安くなります。

PT.OT.STのための総合オンラインセミナー『リハノメ』

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

各病院や施設は、全ての求人情報サイトに登録する訳ではないので、複数登録する事で より多くの求人情報に触れる事ができます。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】